桃の節句は菱形三色チラシ寿司

お寿司に、花を咲かせましょう♪

a0048852_14342029.jpg


って、帆立の花びらにイクラって、去年と変わりませんなぁ・・。

あははは。

私 「なんだか、最近忙しいんだよね。行事が目白押しで。これでようやくひと段落」
旦那「11月から3月まで、ずっと続くもんな」

はい。
11月は私の誕生日。
12月はクリスマスに年の瀬。
1月は新年とチビ姫の誕生日。
2月はバレンタインデー。
そして3月は旦那の誕生日とお雛様。

・・・・・しかも、3月の行事は2日連ちゃんであります。
立て続けにご馳走を、しかも違う種類のを仕込まなくてはいけない~~っ!

11月の私のバースデーはおいといて。
他の行事は全部お祝い料理担当は私ですから(笑)

なのに、今回の雛は前日の夜になるまで、
グラニュー糖を切らしてるのを忘れてた・・・。

我が家。
めったと砂糖は料理に使用せず。
使って、甜菜糖。黒豆とたまにスイーツ用にグラニュー糖なんですが。

今回の酢飯だけは、白がいるのよー!!!

とあわてて当日買い物に走りました。
もっとも刺身系は当日仕入れるつもりだったので
買い物は想定内だったんですけど。

酢飯用の合わせ酢は本当は前日から仕込んでおきたかったなぁ。。。
(市販品の寿司酢買うつもりまったくなし。だって邪魔だし)

寿司酢も本当ならば赤梅酢だけでも私的にはOKなんですけど
やっぱりこういう視覚的に遊ぶ時には透明な寿司酢がいるわけです。

なので普段は胚芽米に精米している米も、今回は白米。
a0048852_13585195.jpg


牛乳パックで型をこさえて。
1段目・・・寿司酢&生青海苔&紫蘇 
      (青海苔大さじ1+青紫蘇3枚をすり鉢ですりつぶし、寿司飯に混ぜる)
2段目・・・寿司酢
3段目・・・摩り下ろし人参&赤梅酢
       (400ccくらいの米に人参摩り下ろし大さじ山盛1&赤梅酢大さじ1)

寿司酢の配合は米3合に対し、
米酢・・・100cc
塩・・・・・20g
砂糖・・・60g

でやったんですが、一番糖を使ったせいか「甘みが足りない」と旦那。
a0048852_1485928.jpg


赤飯の上に金糸卵、ちりめんじゃこ、青紫蘇・蓮根・海老。

海老・・・・自分で茹でたら曲がりました・・・。
隠し包丁をたっぷり入れたんですけどねぇ。
やっぱり最初に寿司ネタ用のゆで方を検索せねばいかんかった。
でも甘ーくてぷりっぷりの茹で上がりでとても美味しかった♪
そして海老嫌いの旦那も1個は食べた・・・。

a0048852_1436411.jpg


そして食べる直前に帆立イクラ花をトッピングして、菜の花を飾って完成ー♪

a0048852_14204750.jpg


後ろから見た図はこんな感じです。
なかなかちゃんと菱餅系の3色になってるでしょ?

a0048852_14172361.jpg


イクララヴァのチビ姫はイクラだけをとって食べておりました・・。

a0048852_14261970.jpg


あまった寿司飯で花稲荷。
(揚げは出し300cc・醤油大さじ4・味醂大さじ3・酒大さじ1で炊く)
これとハマグリのお吸い物で、この日のお祝い膳でありました♪


・・・・・・・・・・チビ姫。
来年こそ、花チラシ寿司を喜んでくれんものか・・。


チビはどうでも花チラシおいしそう♪と思っていただけたら
応援クリックよろしくです♪



↓↓応援クリックよろしくです♪↓↓a0048852_23544539.gif
 にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ  人気blogランキングへ

こちらでぼちぼちレシピup中です♪


オレンジページnet

[PR]
by Laurus-nobilis | 2010-03-04 14:27 | 料理

 シンプルに 丁寧に 沁み滋味と豊かに そして何より真っ当に。


by カイエ
プロフィールを見る
画像一覧