手作り明太子 第2弾 食中毒注意喚起あり。

懲りずに、新作(?)
a0048852_16321339.jpg


スケソウダラの卵を見つけたので
でかいのはカラスミ仕込へ。
小さめのは明太子にすることにしました。

テキトーに血抜きしてから消毒のため、焼酎振って1晩。
それから塩(6%)とナンプラー、唐辛子粉末とあわせて1時間経ってひっくり返し
3日冷蔵庫熟成。

a0048852_16363280.jpg


結構いい感じにプリプリになりましたが。
・・・・・・・やっぱり塩&ナンプラーだけじゃ、物足りないなぁ。

またスケソウダラの卵仕込んで試さなくちゃ。
(シーズン品ですね。これも)

そうそう。
皆様、ご存知かと思いますが、鱈には寄生虫がいる可能性があります。
生で食べるのは自己管理をお忘れなく。

まぁ。アニキサス(身内でアニー君と呼ばれてますが)ってのは
長ーく細ーい虫でして。
視覚出来ると思います。

鯖なんかにもおりまして。
〆鯖食べて当たっちゃったー。
なんてソンな当たりクジを引いてしまった方もおられるのを聞きますが。
〆鯖なんかはバクっ!といきたいですもんねぇ。

でも自家製明太子は小口に切って、ほぐして目視してから食べるのが
我が家のルールです。

a0048852_1638406.jpg


ま。こんなんで。

あ、焼けば大丈夫ですよ。
彼らは熱に弱いですからね。

でも低温だと死滅いたしません。

****ここから先、グロ表現ありますので苦手な方はスルーしてください****

何しろ・・・スモークサーモンを魚屋さんで売っていた鮭の半身フィレで作った私。
塩振り数日、低温燻製(30-40度たまに60度)くらいで燻し
その後半日冷やして、夕飯にさぁスライスしよう!とナイフを取り出したら。

表面になにやら白い糸のようなものが。
ナンだろう?と引っ張ってみると
うにょにょと蠢くものが鮭の中から出てきました。
よくよくみると、4-5匹出ています。

「おぉ!これがウワサのアニー君!」と
にわかに感動すら覚え、でもナメ○ジ触ったよりは冷静に
見えるものはすべて取り払い、しっかりグリルで焼いてその日の夕飯にしました。

塩を振って薫香もかぐわしく。

美味しい鮭でした(笑)

ウワサによると、アニー君は塩と酢で死滅することはないそうです。
(だから〆鯖は危ない時がある)
マイナス20度かしっかり香ばしく焼くか。

しないと。

そんなことをご記憶の上、アニー君の好きなお魚を召し上がる時は
自己責任でお召し上がりくださいませ♪


↓↓応援クリックよろしくです♪↓↓a0048852_23544539.gif
 にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ  人気blogランキングへ

こちらでぼちぼちレシピup中です♪


オレンジページnet

[PR]
by Laurus-nobilis | 2010-03-05 16:51 | 料理

 シンプルに 丁寧に 沁み滋味と豊かに そして何より真っ当に。


by カイエ
プロフィールを見る
画像一覧