たらこスパならぬ、鰤子パスタ

タラコでなくたって、いいんじゃない?

a0048852_14105287.jpg


タラコスパゲティとか、明太子スパゲティとか。
スケソウダラの卵やイクラやからすみ(この場合ボラかな)をパスタに使うというのは
よくあるけど。





そいや、他の魚卵でやったって、いいんじゃない?

魚卵ハンターのカイエ(私)。考えた。

そいや。
なんで他の卵でやらないんだろう??

答えはすぐに出た。

だって。
タラコも明太子もイクラもカラスミも。
加工済みのが年中売ってるけど。
他の魚卵の加工済みって、あんまり売ってないからだ。
生魚卵って、煮つけや焼いて終わりの人が多いし。
買うのは私みたいな「魚卵ハンター」目線の人だろうからねぇ。

もっとも。
私にかかると煮つけやソテーでなくて
カラスミか「明太子」系になっちゃうので。
それもあまり一般的でない。


そもそもそんなことを何故考えたかというと。
カラスミを仕込もうと鰤卵を処理してる時に、
はみ出てちぎれた魚卵を口に含んだら
これがすごくおいしかったのだ。

そこで魚卵ハンター、考えた。
昔。あまごの卵ご飯を頂いたことがある。
多分生魚卵をそのままご飯と混ぜたものだった。

・・・・・・・・・すごくおいしかった。





他の魚卵で出来ないかしら?

その後見つけた鰤卵。
a0048852_14234345.jpg


まぁ、気前よく、片側ぱっくり裂けてますこと。

これを片側だけ開いて、大根おろしと塩に漬けて臭み抜き。
なにしろ鰤卵は結構生臭い。

a0048852_14255657.jpg


その後包丁の背で皮からこそげとり

a0048852_14264844.jpg


「ぬた」みたい。

そしてご飯にかけて食べてみると





うーん、やっぱり生臭かった(爆)

しかし。熱を通したらよかろう??
このままだと臭みがあるから、やっぱり。

a0048852_14284526.jpg


焼酎と塩、醤油で1日漬け込んで。

a0048852_1431193.jpg


刻み大蒜少々をごま油で炒めて香りを出し、
エリンギの粗みじん切りを加えてしっとりするまで煮込んだら
魚卵をくわえてパスタの茹で汁を加えて弱火で煮込んでフライパンをあおり
黒胡椒少々、青紫蘇の刻んだのを加えたらパスタを加えて手早く混ぜて完成。

a0048852_14344481.jpg


上にも紫蘇をトッピング。

鰤の臭みはすっかりうせて
うまいものが出来上がりました。





けっこう、いいじゃん。鰤子パスタ。
これ、ほかの魚卵でもOKだなぁ。

あ。最初に焼酎に漬けてるのは、消毒だけでなく
酒を吸ってプリプリにさせる目的もあります(笑)

今回の大体の分量はこんな感じ。

 鰤子・・50g
 下ごしらえ用(10-20分)  大根おろし&塩・・・適量
 下漬用(1昼夜)     塩・・・ひとつまみ 焼酎・・・大さじ1 醤油・・・小さじ1

 パスタ・・・1人分細めがオススメ。フェデリーニとか。
 エリンギ・・・50g 大蒜・・・少々(刻んで小さじ1くらい)
 ごま油・・・大さじ1 青紫蘇・・・4枚 黒胡椒・・・少々

 
鰤子パスタ、面白そう♪と思っていただけたらポチっとクリックよろしくです♪



↓↓応援クリックよろしくです♪↓↓a0048852_23544539.gif
 にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ  人気blogランキングへ



こちらでぼちぼちレシピup中です♪


オレンジページnet

[PR]
by Laurus-nobilis | 2010-03-16 14:42 | 料理

 シンプルに 丁寧に 沁み滋味と豊かに そして何より真っ当に。


by カイエ
プロフィールを見る
画像一覧