鯛玉明太子

やはり、先達からの知恵というか。後世に残るものには意味があるのよ。

a0048852_1737241.jpg


どんだけ「自分ではおいしい」
なんて思っても、面倒ならめったと作らないしね。

人に受け入れられる本当に美味いもの。
伝統にまでなってしまうものには、
やはりそれだけのモノがあるのでしょう。

なんてことを、この明太子作りで思いました。
鱈玉のシーズンが終わり。
せっかく色々試してみたかった「明太子」作りも
終わりか?

と思ったけど。
春は魚卵シーズン。他の卵ならあるわけですよ。
そして、カラスミにしておいしい鯛なら、まだ見かけるわけで。

作ってみました。鯛玉明太子。


手順はシーバス(笑)をふりかけ、一晩。
それからサバ出汁にナンプラーと昆布、醤油と味醂で味濃い目のソミュールを作って
浸すこと1昼夜。

・・・・・・・・・ぷりぷりじゃなぁあーい!!

どうにも「??」という味だったので
翌日(今日だ)焼いておにぎりにしてみましたけど
なーんにも主張するものもなく。

やっぱりね。
明太子が「鱈」で作られれるのは
それだけ「プリプリ」の食感になる要素、
漬けにすることで出る深みとか、
色々あるんですねぇ。
鯛玉だと粒が小さすぎて、NG。

ま、明日、パスタにでもして、消費します。

ってかさー。これかったデパートの魚屋さんさばくのヘタすぎっ!
もっと丁寧にさばいてよー。
崩壊してますがな、この卵。




↓↓応援クリックよろしくです♪↓↓a0048852_23544539.gif

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ

 

人気blogランキングへ





こちらでぼちぼちレシピup中です♪


オレンジページnet

[PR]
by Laurus-nobilis | 2010-05-14 17:47 | 料理

 シンプルに 丁寧に 沁み滋味と豊かに そして何より真っ当に。


by カイエ
プロフィールを見る
画像一覧