ルクエで国産小麦のパネトーネバジルパン

旅先から帰ってみれば私から荷物が届いてました。

・・・・ナヌ??

a0048852_17515293.jpg



中身はルクエ

あらま。レシピブログのルクエパンモニター、当たったのねぇ。
これ。↓ ↓ ↓
ルクエ『スチームケース』おうちで焼きたてパンレシピコンテスト参加中!

この手のって、当たらないと思ってた(爆)


ルクエって赤のイメージ強いけど、これは新色の「レタス」という色らしいです。
・・・まぁ。私らしい、色?そこまで考えてくれたのなら、すごい(ナイナイ)
数年前、プロ用料理雑誌で「とってもイイヨ!おしゃれだし」と
フランス料理人方が宣伝してるのを見た覚えがあります。
でも実はスペイン発♪

・・・ってことは、これでパエリアでも作るかー??

・・・って訳には行きません。
いや。作るのはいいんだけどね。
このモニターは「パンを焼こう♪」って企画ですから~。


a0048852_1844888.jpg


ってことで(笑)
焼いてみました。ルクエパン♪


いやー。ふくらみ。足りませんねぇ。他のモニターの方々と比べると。

それもそのはず。

私はパン焼くのヘタなんです!!!!


…自慢スンなよ、そんなこと…。
いや、でもホント。

でも理由はそれだけでなく。
実はパンに向く、グルテンの多い外国産小麦でなく
国産小麦で焼いてること。
イーストでなくパネトーネマザー使用というのも理由の一つですね。

(だってさー。ポストハーベストの危険性のある外国小麦と
 製造過程で発がん性物質を使ってると言われてるイーストを
 わざわざ買う気にならんもん。※製品になった時点では消えてるらしいが
 それなら膨らみたりなくったって、安全なもん、使います)

いいの。家族で食べるなら、大切なのはふくらみより安全と味さ。

とは申せ。
初めて使う器具なので、レシピは基本のレシピを参考にしました。
粉に材料を混ぜていくのではなくて
発酵調味液を作って粉を入れていく、という初めて作るやり方。
ちなみに最近の私はレンジを使うのも抵抗があるので湯銭です。


《材料》 サイズはルクエ・ペティート用

国産小麦粉 春よこい・・・80g パネトーネマザー・・・大さじ1
水・・・60g オリーブオイル・・・5g 甜菜糖・・・7g 塩・・・1g
ジェノバペースト・・・大さじ1

《作り方》

①水とオイル、甜菜糖を混ぜて50度のお湯の湯銭にかけ乳化させるように混ぜる。

②①にパネトーネマザーを加えてよく混ぜる。

a0048852_18242548.jpg


③小麦粉の半分を入れて混ぜ、だいたい混ざったら残りの粉を混ぜる。

④ベタベタなら分量外の打ち粉を手にはたきつつ
 ルクエの中で100回こねて一まとめにする。

⑤布巾やリードを湿らせてかけ、45度の湯銭にかける。

a0048852_183226.jpg


⑥生地が2倍に膨れたらフィンガーテストをし、
 戻ってこなければ空気抜きをして
 平に伸ばす。

⑦ジェノバーペーストを塗って伸ばす

a0048852_18351911.jpg


⑧上下3つ折にし、たっぷり打ち粉を使ってルクエの中でひっくり返す。

a0048852_18355959.jpg


⑨蓋をし、生地が2倍になるまで40度弱環境におく。

a0048852_18364122.jpg


⑩生地が膨らんだら分量外のオリーブオイルをかけて
 190度のオーブンで19分焼く。
  焼きあがったら、すぐに型から取り出して冷ます。


a0048852_18382787.jpg



あらま。
国産小麦&パネでも膨らんだわ。

ま。外国産小麦&イーストほどじゃないけど。


食べてみると。バジルも良く香りが出てるし、
あまめのパンになりました。

これ、色々詰めてみるのも面白いかも。

ペティートサイズだと、食べ切りサイズなのもいいかも。
ちょっとパンが欲しい、って時にこれだとちょちょっと出来ていいですね。

作るときも片付けもこれ一つで済むのが
なんといっても魅力かも、ね♪

ぐぐって見たら、大きいのもあるんだ。




へぇー・・今度こっそり買おうかしら・・・。


a0048852_18522819.jpg


ちなみに一緒に作ってたのはカワハギのアクアパッツァ。
相変らず私が作ると野菜だらけで魚が見えない。

「パエリアかと思った・・・」とは旦那(笑)


↓↓応援クリックよろしくです♪↓↓a0048852_23544539.gif

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ



人気blogランキングへ





こちらでぼちぼちレシピup中です♪


オレンジページnet

[PR]
by Laurus-nobilis | 2010-07-28 18:27 | 料理

 シンプルに 丁寧に 沁み滋味と豊かに そして何より真っ当に。


by カイエ
プロフィールを見る
画像一覧