串打ち三年、割き五年、焼き一生

タイトルは関東風。

a0048852_18141725.jpg


割き三年、串打ち八年、焼き一生が関西風だそうだ。
参考文献


関東風が有名なのは、やはり首都が関東だからでしょうね。

さて。
バリバリ名古屋で育ち
鰻の漁獲量が日本一を誇る一色傍の岡崎に生息中の私は

鰻?
腹開きに甘辛たれで、パリッと焼くに限るでしょ!!
蒸す?とんでもない!!!!

なんていう、バリバリ関西風?いや。名古屋式の育ちです。

蒸すのもふわっとしていいんですが。(食べたことはある)
やはり脂と戦いながらパリ・ジュワ!!!と
大将が炭でで焼いてくれた鰻をバクっと頬張る時の幸せ感と言ったらたまりません。

えぇ、カツが見えなくなるほどの甘味噌はキライだし、
「つけてみそ」なんてうちにはないし。
えびふりゃーの「好き度」なんてフツーだし。
ういろうは大須ういろうならなんとか食べれるかな?
まぁ、きしめんは好物だけと「うどんや」あっても「きしめんや」て何でないの?

とゆーくらいの「名古屋飯」にあまり愛情を注いでない私ですが。


うなぎは名古屋式に限りますわ!!!

a0048852_18224995.jpg



といっても名古屋で養鰻をやってるわけでないので
ブランドといえばやっぱし「一色」

身が厚く脂が乗っててウマイんですよね。

そんな鰻が、突然やってきました。
えぇ。割いたまではやってありますが、串打ち・焼きは自分でやれってもんで。

「去年、バーベキューで連れ達にやってもらったの、ウマかったよな」
「だって、あれってさ。
 親戚が集まったら鰻。そこで自分は串担当っていうY君と
 魚屋でバイトしてて鰻も焼いてたH君がやってくれたからねぇ」
「やっぱ、炭だよな。をしっ!俺焼くから、カイエ、串打って!」
「はああぁあああ??
 凍らしといて、バーベキューで皆でまた食べればいいじゃん!!!」

しかも、遠出して帰ってきていきなり。ですわ。
たれやその他の準備など、まるでやっていない。
私はチビ姫を見ながら下準備に。
皮と身の間に串を打つ、って、すごく難しい。
なれた頃に、終わるしね。

・・・あれ?やっぱり丼で食べるなら、米たくんだよね?
ってか、肝あるなら、肝吸いもいるよね?
ぎゃあー!!たれがあんまり、ない!!
ぎゃー!!!チビーーーー!リビングは○○○(自粛)じゃなーい!!!

などとやってる間に、
たれ待ちしてた旦那は鰻を焦がしましたとさ。
(っつーか、下げて置けよ・・・ってか、脂が落ちて火がぼうぼうなのを
『よく燃えてる~♪』と眺めてたら焦げるわさ)

a0048852_18335449.jpg



どってんばったんしながら出来たうな丼。
たれがやっぱり足りなかった・・・


a0048852_1835352.jpg



肝吸い。


最近食べに行ったうなぎ屋の、肝吸いがとてもシンプルでおいしくて。
真似してみた。

昆布だしと塩。最後に醤油をちょっぴり香りづけ。
ちょい昆布だしが多すぎた。


「またもらえるって言ったら、いる?」と旦那。
「いいけど。バーベキューで皆にやってもらおうね♪」


串打ち三年、割き五年、焼き一生。
割き三年、串打ち八年、焼き一生。


どっちにしても、伊達で言われてるんじゃないんだわさ。





↓↓応援クリックよろしくです♪↓↓a0048852_23544539.gif

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ



人気blogランキングへ





こちらでぼちぼちレシピup中です♪


オレンジページnet

[PR]
by Laurus-nobilis | 2010-08-02 18:39 | 料理

 シンプルに 丁寧に 沁み滋味と豊かに そして何より真っ当に。


by カイエ
プロフィールを見る
画像一覧