貧乏人のキャビア風パスタソース

また『凝った物』と言われそうな気がしますが。

a0048852_15554468.jpg



自分では本能の赴くままの料理をしてるので
ママ友たち(最近、ブログみてくれてるらしい)に
「凝った物、作ってるよねー」と言われても
実はぴんと来なかったりする・・・。

冷蔵庫から材料を取り出すまで「何作ろう?」と思ってることもあるくらいなんだけど
こうやって、これを作ろう。
と出来上がり予想図が頭に描けると
後は自動的に体が動いてるので、手間を手間と感じてないのかもしれません。


さて。
そーゆーことで。(?)

このパスタも実は鍋にパスタを茹でるための水を張ってから
パスタを茹で終わると同時にソースに絡めるだけの時間しかかかってないです。
蛇口をひねってからの所要時間、20分程度かなぁ。
文章にすると長くなってしまうのは、ポイントを伝えてるから、と思っていただければ(笑)

えぇ。
私のレシピは3行ではできません(爆)
いくら俳句まで短縮できる日本語を使っていたとしてもね。


a0048852_1614046.jpg



パスタはカサレッチャを使用してます。
まぁ、ソースに絡みやすいパスタならショートでもロングでもいけるかと。
単純に、うちのチビ姫はショートのほうが食が進む、というだけでして。
自分的にはアルデンテのロングが好きですけど
この場合、ショートだとメーカー推奨湯で時間も長いので
ソースをじっくり作りやすい、なんて利点もあります。

ちなみにカサレッチャは11分ね。


茄子は小さいのを2本。10cmくらい。
パスタを茹でる鍋に水を張って火にかけたら
茄子のヘタをとり、ところどころプスプスと指して魚焼きグリルで10分。
茄子は紙袋に入れておくと皮が蒸されてはがしやすい、
と聞いてからはずっと新聞紙に包んで放置してるんですが
最近はこれ↓



オーブン対応、ガラステフロンシート。

。。まぁ。フツーはクッキーとかパンとか焼くときに、
オーブン用紙シートの代わりに敷くんですけど
私は魚焼きグリルのときにバンバン使ってます。
アルミホイルの感覚で使えるのね・・・・あれほどは包みやすくないけど。
何度も洗えば使えるので、エコ♪

今回はこれにナスを包んでおきます。

さて、これをやってる間に
玉葱1/4個を粗みじん切りにしてフライパンを弱火にかけ
オリーブオイルを垂らして馴染ませたら放り込み
その間にキノコを玉葱同量くらい粗微塵にします。

たまに玉葱をチェックするのを忘れずに。
あまり焦げないようにたまに混ぜます。

玉葱が透明になってきたら、キノコを追加してまた放置。

大体こうしてるうちに茄子が焼けてテフロンシートの中で
触れるくらいになってるので皮を剥きます。

そうしたらお湯も沸いてきてるので、塩を入れてパスタを投入。
今日は1.5人前。

さて、皮を剥いたナスはどかどかとこれも粗く刻んでおきます。
フライパンをチェックして、キノコがしんなりしてきたら塩を一つまみ。
焦げっぽくなってたらパスタのゆで汁を追加。
キノコがいい具合だよー、となってたら、ナスを投入します。

この茄子がパスタを絡んでくれる元となるので
じーっくりと炒めます。
途中で焦げそうなら、パスタ汁を投入。

味を見て塩を加えます。

そろそろパスタが茹で上がるので、パスタを見て
大丈夫ならザルに上げ、パスタに絡めます。
味を見て塩コショウで完成させますよー♪


a0048852_16354831.jpg


バジルとジェノバペーストを添えましたが
きのこと玉葱の旨みに、茄子ディップがおいしいので
なくても良かったかも。
まあ、もし飽きた時のために、味を追加すればいいかもね。


ところでなんで『貧乏人』かというと
ナスのディップはよーろっぱで「貧乏人のキャビア」と称されてるらしいです。

キャビアとはまったく違う味ですけどね(笑)







↓↓応援クリックよろしくです♪↓↓a0048852_23544539.gif

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ



人気blogランキングへ





こちらでぼちぼちレシピup中です♪


オレンジページnet

[PR]
by Laurus-nobilis | 2010-09-06 16:40 | 料理

 シンプルに 丁寧に 沁み滋味と豊かに そして何より真っ当に。


by カイエ
プロフィールを見る
画像一覧