蒸篭蒸し栗おこわ・山芋豆腐の味噌いくらかけ~秋の味覚

別館グルメブログで書きましたが、今年も『満点星一休』さんまで栗おこわを食べに行きました。


a0048852_21185999.jpg



その数日後、栗をGETした私がおもむろに取り出したのは


蒸篭



やっぱりねー。
一回くらいは自分でもおいしい『栗ご飯』とゆーか
『栗おこわ』を作ってみたいじゃありませんか。



レシピを色々検索すると、
大抵は炊飯器で「チン」てなお手軽なものが多いようですが
『満点星一休』さんの栗おこわは「蒸してる」と聞きましたから。

そしてあの栗おこわを食べて

初めて

「栗おこわっておいしい!」と言った夫婦ですから。

ここは蒸すしかないでしょう?

大体炊飯器、うちないもんね。


参考にしたレシピはこちら。


へぇー。
一回蒸してから、味をつけて、再度蒸すんだ。

蒸しおこわ自体、作るの初めての私です^^;


a0048852_2119147.jpg



レシピでは栗は熱湯につけて冷めたら皮を剥く、
とあったのですが
一晩水に浸してあったので、そのままナイフで剥いちゃいました。
(ウェンガーのナイフ、いい仕事してくれます♪)


そうして一回強火で20分。
卸して調味液と混ぜて
再度蒸篭に入れて栗を散らし、20分。


a0048852_657439.jpg



。。。この栗、火通ってないんじゃ・・・。


食してみると、案の定。

弱火20分じゃ少ないと思ったのよ。
レシピは最初に熱湯につけておくとあるから・・・・
その間にあらかた火が通ってるのかしら。

といことで栗だけを取分けて30分ほど蒸篭蒸し。

その間に栗抜きおこわとおかずをつつきます。


a0048852_2119562.jpg



ホウレン草のおひたし、ブロッコリー・プチトマト(2種)


a0048852_2119681.jpg



ごぼうとしいたけの金平風。


私  「肉、欲しい?」
旦那「これだけだと寂しいから、欲しい」


やはり^^;

a0048852_21195353.jpg



そういえば、と思い出して出したのがまずはこれ。

山芋豆腐の味噌いくらかけ。

山芋豆腐は試食があったので試したら
お豆腐なのに「山芋山芋」してて。

粘りまで食感あったので、

「こりゃつまみにいいねぇ」

チビ姫もこれなら「かゆかゆ」にならず、食べれるわ♪と。

と、すっかり頭の中ではわさび醤油でなく、
味噌いくらをかけて食べる図式が出来上がっておりました。


うん、やっぱり相性よいわ~♪


ただし、この味噌いくら、去年の漬けたものの冷凍ですが・・・^^;
これで在庫の最後なので、
ようやく私も今年のいくらが買える♪


a0048852_21195588.jpg



舌の上で、いくらを山芋豆腐をとろかしているうちに、
魚焼きグリルがぴーっと焼き上がり。
出てきたのがこれ。


旦那 「鶏?」
私  「食べてみて。豚だよ」

はぐはぐはぐ。

旦那「うまいな。この鶏!!」
私。「・・・だから、豚だってば」


a0048852_21195648.jpg



この形状がどうやら鶏ハムのようで
しかも味わいが淡白なので、私がいくら豚と言っても
頭の中で脳内変換されているようです。


これは豚モモ塊肉の厚みを半分にして
明太子つくりのときに余っていた魚醤入りだしに3日マリネ。
タコ糸でくるくると縛ってシャトルシェフで2時間湯銭にしておいたもの。

それを7mmくらいにスライスして
明太子のエキス入りドリップを回しかけ魚焼きグリルで焼いたの。

やはり、魚醤は焼くと香ばしさと旨みを増幅してくれる優れものだなぁ。


そして、ここまで来たら、アレしかないでしょ♪

日本酒!!



a0048852_21195796.jpg



蓬莱泉の純米にごり酒。
これを空けました♪


・・・で、うちら夫婦、ちょっと苦手だった・・・(爆)


a0048852_2120024.jpg



そうこうしてる間にも
栗を蒸し揚げ、再度新たな下ごしらえ済みもち米と蒸したのが
出来上がりました。

こいう時、タイマー付ガスコンロって便利です。
ちゃんと時間で切れてくれる。

うちのは1口だけそれなので、お米炊く時とかはそこを使ってます。
(リンナイ製)


栗もどうやら火が通っているみたい。


a0048852_2120231.jpg



ほほー♪


味と栗のバランスもいい感じです。


が、満点星一休のものとは全然違う(当たり前か)


なにより。
もち米は古米だし(爆)、量足りなくてうるち米足してるし(爆爆)
白米にせず、胚芽米だから茶色いし。
(照明のせいだけじゃないのね)

ちなみに満点星一休のはこんな感じ。


a0048852_750024.jpg



米の味わい・食感だけでなく
何より、栗のしっとりさ、ほっくりさ。味わいが。

ゼンっゼン違います。


まぁ。一朝一夕でできるわけもないし、
満点星一休さんの味なので。

私は私の使う材料での味を一番に引き出せるレシピでも
研究することにしましょうかね(笑)

まずは、栗の特質を把握しないといかんなぁ。


初めて作ったにしちゃ、及第点のものだった。
ということでにしておくことに、致します。

何しろ翌朝も残った栗おこわを炊いて出したらチビ姫。

 「くりごはん、おいしー。くりごはん、おいっしー」

栗だけ 食べておりました。

ちなみに栗を見て、最初は「おっきいかぶ!」と指していた。

・・・形は似てるけど、まったく違うがね。(←名古屋弁)





↓↓応援クリックよろしくです♪↓↓a0048852_23544539.gif

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ



人気blogランキングへ





こちらでぼちぼちレシピup中です♪


オレンジページnet

[PR]
by Laurus-nobilis | 2010-10-27 21:31 | 料理

 シンプルに 丁寧に 沁み滋味と豊かに そして何より真っ当に。


by カイエ
プロフィールを見る
画像一覧