秘伝豆とチキンの煮込み~遺伝子組替えについて考えよう!~

秘伝豆と入力したら「非伝豆」って変換されました。ご時勢か?


a0048852_17303178.jpg



別名「青大豆」という秘伝豆を発掘(^^;)したので
煮込み料理を作ってみました。
最近暑くなってきましたが、シャトルシェフに任せちゃうので
煮込み時間は汗かかずにすみます(w)

ただ。。。これ、写真整理してたら出てきたお料理でして・・・
最近のお料理だってのに、作り方忘れてます。
各行程の写真があったのでおそらくレシピupするつもりだったんだろうなぁ。
「どんなんだったっけ~?」と
首をかしげるのは詳細な分量ですな。


ま。写真とコメントのっけるので、分量は想像してみてください。
(なんちゅーやっちゃ)


a0048852_17301410.jpg



鍋に薄く脂を引いて
おそらく塩をしてある鶏もも肉を皮から焼く。


a0048852_17301573.jpg



肉は取り出して、同じ鍋で玉葱を炒める。


a0048852_17301831.jpg



玉葱が透き通ったらエノキ・人参を加えて炒める。


a0048852_17301978.jpg



人参がしんなりしたら肉を戻す。
今度は皮目が上。


a0048852_17302048.jpg



茹でといた秘伝豆を続けて入れる。


a0048852_17302483.jpg



秘伝豆の茹で汁をヒタヒタまで入れて
グツグツ全体が言い始めたら蓋してシャトルシェフへ。


a0048852_17303015.jpg


多分、塩・胡椒・ハーブで味付けして出来上がり写真。



どっかで(ツイッターだったかな?)読んだけど
ある料理人がレシピというのは分量の記載が重要でなく
その料理が作ってみたいと思う(つまりおいしそうと思う?)ことが重要。

みたいなことをいわれたそうですがな。

まー。確かに味の想像がつかないと作ってみたい、とは思いませんな。

はて。で。
自分の公表レシピを振り返ってみて
「作ってみたい」と思ってもらえてるか、
それは果てしなくナゾなのですけど。ね。



*** *** *** *** *** *** *** ***



ところで。
冒頭分で「秘伝豆」ならぬ「非伝豆のご時勢」問題ですが。


今、日本で禁止されている「遺伝子組み換え植物」の輸入自由緩和が
日本政府に持ちかけられていることを
皆様はご存知でしょうか?


遺伝子組み換え植物。

メリットから言うと「虫がつかない」「殺虫剤がいらない」「育てやすい」
など、手間いらずの植物で
収穫率もあがり、農家さん達「らりほー♪」ともろ手をあげて喜びそうなもの。


・・・・・・・と思われがちですが。

よく考えてみてください。

「虫がつかない」とはどういうことか。
「虫も食べれない」キケンな植物。ということ。

じゃあ、家畜飼料にしたらいいんじゃないの?

ではその「飼料」を食べた家畜を人間達はどうしてるのでしょう?
食料にしてますよね?

その肉に、骨に、乳に。
残留されてるものを、人が食べるわけです。

結果。遺伝子組替え植物を口にしていることと、
まったく変わらないのです。

また、日本でその植物が栽培されたとしましょう。
「人および家畜の非食料」として。

けれど今申請されている菜種というのは
風でその種が飛んでいく品種です。
非遺伝子組換え植物が隣の畑で栽培されていたら
知らぬうちにその畑も遺伝子組換えに汚染されていることになります。


どうして遺伝子組み換えが、そんなに危険といわれているのか?

以下 やすだせつこさんのブログより抜粋

「自然界に存在しない、組み換え構造が不安定、DNAの静止配列の異常発現や継代安定性の欠如、アレルギー性、発がん性その他の異常が報告されています。私たちが想像もつかないような影響が内在する可能性も否定できません。人や家畜への影響のみならず、微生物への水平伝播など微生物に起こる変異、また昆虫など生態系への影響、耐性害虫や耐性雑草の出現リスク、また特許種子をめぐる問題や農家の経済的影響など、まったく考慮されていません」



この遺伝子組替え輸入緩和申請と言うのは

モンサント社およびシンジェンタ社、ダウケミカル社が行っているようです。

モンサント社というのは枯葉剤を作った会社、といえばわかってもらえるでしょうか。
ベトナム戦争で使われた生物兵器です。

あの戦争の後、苦しんだ人たち。
産まれて来た命に何があったのか、

思い出してください。


今、農林水産省がこの件について
国民に意見を募集しています。


東北で起きた地震。
その後の2次災害である原発事故で
東北の支援のために生産物を購入したくても、
購入できないジレンマに陥っています。

そしてその害はどんどん地域範囲が広がっています。

このタイミングでおきている、この「遺伝子組替え」の輸入問題。
私たちは、それを見過ごしていいのでしょうか?

これ以上、キケンな食べ物は、私は要りません!
大切な家族を、友人を、自分を守る為には
今までのように「政府は何もしてくれない」とうつむいて呟いているだけは何もなりません。

政府が国民の意見を聞こうとしている姿勢をみせているのです。
この記事に賛同してくださる方は、意見をしましょう!


以下 関連URL

農林水産省-遺伝子組換えセイヨウナタネ、トウモロコシ及びワタの第一種使用等に関する承認に先立っての意見・情報の募集(パブリックコメント)について


意見フォーム


やすたせつこさんのブログ


モンサント社ってどんな企業?
「巨大企業モンサントの世界戦略」前半 後半







どうか、一日も早く穏やかな日常を取り戻せますように。

 




↓↓応援クリックよろしくです♪↓↓a0048852_23544539.gif

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ



人気blogランキングへ





こちらでぼちぼちレシピup中です♪

献立に困ったら 楽天レシピ


オレンジページnet

[PR]
by Laurus-nobilis | 2011-06-14 18:17 | 料理

 シンプルに 丁寧に 沁み滋味と豊かに そして何より真っ当に。


by カイエ
プロフィールを見る
画像一覧