2012お節 作り控え

年末になると「お節」を作らなくちゃ、と言う気になります。

a0048852_13253340.jpg



子供の頃から甘辛い味付けが苦手なので
おせち料理に入ってる殆どのものは
「祝い膳だから」と少量づつ拷問にあってる気分で食べてましたねぇ。

・・・正月なのにw

さて。

大人になり、味覚は変わり。
お料理もある程度こなせるようになった今は
好き勝手な味付けで「自分向き」のおせち料理を作ってます。

栗きんとんとか、伊達巻は無し!
海老は旦那が苦手なので無し!
変わりにお肉料理が多い今年のおせち料理。

普通、三が日持つように作られてるはずのものですが
2日で食べきってしまいました。
ま。少量だもんねぇ。

今まだあるのは黒豆だけ。

通常、砂糖を使わない私ですが
この黒豆の為だけに、グラニュー糖を常備していたりします。







レシピはこの辰巳芳子先生の著書を参考に。

折りに触れてよく読み返す先生の著書ですが
年末のこの時季に読み返すのはまた背筋がしゃん、と伸びるもんです。

壱の重

 
a0048852_1330832.jpg


 品書き
  ・塩いくら
  ・子持ち昆布(塩抜き後薄めの麺つゆに)
  ・紅芯大根なます
  ・赤大根塩漬け
  ・黒豆(辰巳先生レシピ)
  ・たつくり
  ・紅白かまぼこ


弐の重

a0048852_1330332.jpg


 品書き
 ・インゲン入り鶏ハム
 ・鱈の味噌糀焼
 ・マクレカナール(フォアグラ鴨)の燻製
 ・穴子の生昆布巻き
 ・あぶらげと人参の生昆布巻き
 ・焼銀杏


鶏ハム・・・大きすぎた・・・・(爆)
照り焼き風でもいいかと思ったんですけどね。
どうせなら淡白でローカロリーの鶏ハムで柔らかく仕上げようと作ってみました。

鱈は・・・本当は鰆でやりたかったけど無かったので、鱈。
米味噌と塩麹を1:1で一晩漬け込み、焼いただけ。

鴨(マグレカナール)は先日神戸旅行の際、購入したものです。
賞味期限?とっくに切れてましたけど、なにか?

昆布巻。
私的には具は野菜でいいんですが肉食旦那はそうも行かず。
なぁぶぅさんの実家は穴子で醤油をいれずに炊く。
と聞いたので、真似してみることに。
ただしバッテラ寿司ようの昆布は手に入らなかったので
(東海には売ってないんよ)
先日やきものワールドで宮城の物産を売りに来ていたお店で購入した
生昆布を使用。
これは三陸沖で採れた2010年度の塩蔵昆布。

関東では生昆布で昆布巻を作るんだよ。
とお店の人に聞いてチャレンジ。

乾燥の昆布で作る昆布巻より好きかも♪
3日目になったら味が全体に馴染んで
口に含んだとたんに穴子の香りがぶわぁ!と広がって
なんともおいしい!

これから昆布巻は穴子に決めた!
なぁさん、おいしい情報、ありがとう~♪


戻した昆布がちょいっと余ったので
人人と油揚げも入れて
味は変えて作ってみました。

旦那はやっぱり醤油で味付ける方がいいそうだ。

銀杏は年末にお隣さんから頂いたもの。
もちもちの銀杏。でもやっぱりお節に入れるより熱々がいいなぁ。


参の重

a0048852_1330118.jpg


 品書き
 ・煮しめ

実は辰巳先生のレシピで試してみたかったのは
この煮しめ!

何しろ単品ずつ調理して
その出汁を次の食材に移していく、というやり方は
とんでもなく手間のかかるものなのですが
一回試してみたかった!

食材の味わいと重ねていくおだしの味、
最後煮切って濃厚な味わいになった蒟蒻や蓮根がおいしかったー。

後、金時人参を梅干と昆布で炊いたんですが
これがまたおいしい♪
これ、普段でもリピートしそうです。

我が家のお重は小振りの陶器なので
これだけ少量づつ詰めたらもう一杯~。

本当は唐揚げや海老とかも入れると
もっと華やかでしょうが
そんなに作っても食べれないものね。

さて。
来年はどんなおせち料理にしようかな。

どうか、一日も早く穏やかな日常を取り戻せますように。

 


↓↓応援クリックよろしくです♪↓↓a0048852_23544539.gif

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ

 人気blogランキングへ 



こちらでぼちぼちレシピup中です♪

献立に困ったら 楽天レシピ
世界の家庭料理レシピサイト タベラッテ

オレンジページnet

[PR]
by Laurus-nobilis | 2012-01-03 14:24 | 料理

 シンプルに 丁寧に 沁み滋味と豊かに そして何より真っ当に。


by カイエ
プロフィールを見る
画像一覧