鬼のいぬまのフルコース

やっぱり「食」は楽しみ。
a0048852_8253129.jpg

蜥蜴ワインと呼んでいるデイ・サッシ・ガヴィとイタリアの赤
(ラベル破損で安くなってた。ので年がガムテープを貼って書いてある)
2本空けました~♪

夕べは何の記念日、ということはなく。
でもメニューはフルコース。
時間もたっぷりとってゆっくり会話をしながらの食事。
あぁ、やっぱりこうでなくちゃ!
家でゆっくりと自分でつくった料理を味わえるなんて、同居が始まって以来だわ~♪

はて。なぜいきなりそんなことが出来たのか、と言いますと。

昨日、舅・姑は揃って、名古屋ドームまで野球観戦に行ったのです。
普段外食をしない人たちなので、
夕食の時自分達だけ外出してるなんて事はめったになく。
私達夫婦も外食にしようか、という案も出たのだけど。

これは・・・久しぶりに好きなものを思いっきり作れるチャンス・・・・??
普段作れないものを作れる・・・?

やったぁー!

・・・てなことで。久々に料理をしまくりました。
(デザートはなかったけど)

まず、サラダ。
よく利用するスーパーが昨日は改装オープンだったのでいいトマトが安く手に入りました。
ひさびさに中をくりぬいて何か詰めましょうか。
オーブン料理にしてもいいけど、他で使うし・・・。
じゃ、ここは楽子さんのところで見て以来、興味津々の「押し麦のタブレ」を詰めましょう♪

a0048852_9382777.jpgトマトは湯剥きして中身を取り出しておきます。
皮は残さず食べるほうなんですが、今日は食べ易さ重視です。
そして私、実は、トマトの種、大好きなんですよ~~。・・・・なんですが。
今日は捨てます(;;)


くりぬいて取れたトマトの実の部分だけを刻み、パセリのみじん切り、それからちょっと甘味をつけたかったので白いちぢくのドライを刻んで。

a0048852_9414069.jpgこの白いちぢく。2cmもない小さなものです。
去年東京に行った時従弟に案内されたハーブ店で見つけ
試食したらとてもおいしかったのでお土産に。
けれどすぐ無くなってしまったので、
今度は送ってもらったのです。
(1キロ入り袋を2つも送ってくれた)
いつもはおつまみなんですけど今回は料理に。

a0048852_9463770.jpg
あとはレモン汁とオリーブオイル・塩だけでトマトに詰めて冷やしておきます。
そして彩りで大葉(笑)を添えて出来!

いちぢくの種が時々ぷちぷちいっておいしかった~♪
楽子さん、ご馳走様です♪


a0048852_9483629.jpgスープはおジャガと玉葱のポタージュ。手抜きで圧力鍋で一気に作りました。
使用ハーブはレモンタイムとローリエ。さっぱりとした香りに仕上がりました。
けど・・・ちょっと味が薄かった(^_^;)








さて、このあたりで旦那から帰るコールが。
あと30分で家に着くとのこと。

じゃぁ、私の得意料理をそろそろオーブンにほうり込みましょう。
キャベツのキッシュです。

a0048852_9525870.jpg

今回はシーチキンを入れて。(なのでこれが魚料理~♪)
キャベツとシーチキンがぎっしり詰まってた出来上がりだったので、
「今でのキッシュの中で一番旨い!」と旦那。
ボリュームあるもんね~・・・・

ここまでの料理を作り上げたところで、帰ってきた旦那が「腹ペココール」を連発。
しょうがない。メインは後にしましょう。

蜥蜴ワインの栓を抜いて、乾杯♪
蜥蜴ワイン、相変わらずおいしい♪去年買ったものなので品質が変わってないか、と心配だったんですけど、ワインセラーの中にあったので大丈夫なようです。
3杯目くらいから香りがどんどん変わり始め、
オレンジピールのような香りもたってきました。
あぁ~、シアワセ~♪
こんな食事、ホントに久しぶり~♪

と、とろとろほにゃほにゃにシアワセをかみ締めていたら現実がやってきました。
「次の料理は?」
・・・キッシュも蜥蜴ワインもまだあるのに。しょうがないなぁ。

といってもメインディッシュもあとは仕上げだけです。
こてこてのブルーチーズで仕上げようかとも思ったんですけど、
バルサミコを使いたくなったので、ちょっと方向を変えました。

a0048852_10314320.jpgまずは鶏モモ肉は半分に切って塩とローズマリーふってから、ピチットくん(下ごしらえ用)で包んでおきます。
このピチットくん。楽子さんの「パンチェッタ」を作りたくて買ったもの。
パンチェッタを作るには下ごしらえ用でなく普通タイプが必要だったんですが、
手に入らず。最初はこれで作ったものです。
(今はちゃんと普通タイプで作ってますが)
で、下ごしらえ用、とあるので、ためしに魚や肉を包んで保存しておき、焼いてみたら。
臭みが取れて、とてもおいしく仕上がったのですよ~。
それからこれは下ごしらえに欠かせず、使うようになりました。(※気合のあるときだけ)

さて、これで包んでおいたお肉を包丁の背で潰した大蒜とオリーブオイルで焼きます。
両面こんがり焼いたら、取り出してフライパンに残った肉汁に、
たっぷりとバルサミコを注ぎ、煮立てたら醤油で味を調えて煮詰めます。
お皿に盛ってあるお肉にブルサンチーズをぱらぱらとちぎりながらまぶし、
その上からソースをかけて出来上がり~♪
a0048852_10263783.jpg


添えてあるのは前日の残り物(^^;)のえんどうとそら豆と蓮根の塩茹でサラダです。

このバルサミコソースと、ブルサンがなんともいい相性で。
バケットがあれよあれよとなくなり、皿を綺麗にふき取って、そうだ!フライパンにもまだソースがあるかも!と見に行ったら、とっくに水につけてました(TT)
(自分でやって覚えてないんかい)
とっとけばよかった~!!!

後悔先にただず。


これホント。


ってことで、今日もクリックお願いします♪
人気blogランキングへ

こっちもね♪
にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
by Laurus-nobilis | 2006-05-26 10:35 | 料理

 シンプルに 丁寧に 沁み滋味と豊かに そして何より真っ当に。


by カイエ
プロフィールを見る
画像一覧