参鶏湯(サムゲタン) と虹鱒と卵の燻製

当分、燻製の予定はなかったんだけど(^-^;)
a0048852_11271628.jpg


参鶏湯を作るつもりで準備していたら、旦那からメール。
「虹鱒、10尾もらったよ♪塩焼きにして欲しいな♪」
既に奴の頭の中は塩焼きにキンキンに冷やしたビールで一杯の妄想が駆け巡ってる様子。
「・・・・鶏は?」(今日はサムゲタンだといっておいたのに~(T.T))
「あ、そうか~、じゃ虹鱒は明日にする?」
肉より魚派の私は虹鱒がいいです。

ということでメニューはいきなり魚料理に化けました。
釣り好きに処理の仕方も聞いてきたらしく、珍しくハラワタとりも旦那が。
9尾目でようやくコツを掴んだ様子(笑
(1尾は見本で私が捌いた)
エラとりなどは「手でカンタンにやっちゃえる人もいるんだけど、俺は出来なかった」とナイフで。
そぉ?とやってみると簡単に出来♪
ふむむ。旦那よ。君はまだ魚を捌くのを怖がっているね。修行したまえ。(笑

a0048852_1131839.jpgその日の塩焼き。
腹ペコ坊主(旦那)はお手伝いで、
よけいおなかが空いたようなので
急ぎ、皿に盛り付ける手間も惜しんで
新聞紙の上にグリル網ごとテーブルに。

ワイルドですまん(笑


残り4尾は燻製にしましょう。はて。鱒の燻製ってたしかCROCCOさんがupしてなかったっけ?と見に行ったら鱒じゃなくてでした(TT)しかも切身。3枚卸はめんどくさい。
a0048852_11482719.jpgいいや、そのままやっちゃえ~!と
1時間ソミュール液に漬け込み
(パウンド型でクッキングペーパー+ラップ)、
その後ピチットくんに包み一晩。

さてうちの燻製器は結構沢山入るので、
虹鱒4尾だけだともったいない。
では、ここはアレでしょう。
前から試したかった燻玉も作ってしまおう♪

ゆで卵を先日仕込んでた八方つゆに浸し、
さて、どれだけ燻すのかな~??と
今度は楽子さんが某サイトでupされていた絶賛レシピを見ると。
・・・・あら、、、卵、、、、つゆで煮るんだったのね・・・・・(^^;)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ま。いいや。

気にしないで次行こう。

a0048852_120994.jpg
虹鱒&卵、セット完了~♪
20分燻して卵を取り出し、
も一度蓋を閉めて煙を出してから火を止めて後は煙が消えるまで
虹鱒はそのまま。その後風乾。




いかがな出来かな?
a0048852_12163841.jpg


旦那、これ見てぽつりと。

「メザシ?」

違わい!


a0048852_121716.jpg
半熟卵は燻製しても半熟~!!
ぱくん、と食べてみると、うんまぁ~~い(*T^T*)q

もうばくばく。ばくばく♪
卵ラーの旦那も絶賛し、今度作るときは多めに作っていつも作物を分けてくれる人におすそ分けしたい!と(笑

虹鱒のほうも塩加減&焼き加減がちょうどよく♪

CROCCOさん、楽子さん、本レシピとは外れちゃってますが
おかげでおいしいものが出来ました~♪ありがとうございます。

さて。次は参鶏湯(サムゲタン) 。
色んなレシピを参考に眺めていると「新鮮な鶏を使いましょう」
・・・・・・・って、これ買ったの既に半額引きだったし、
作る日、一日伸びちゃってるじゃん!ととりあえずピチットの下ごしらえ用で包んでおきました。
a0048852_12304955.jpg皮全体と腹の中に。

使うのはもち米・にんにく・しょうが・葱・クコの実・ナツメ。
本来なら高麗人参やら栗とか銀杏も入れるようなんですが
ないので変わりに長いもとセロリ。


a0048852_12352050.jpgお尻のほうから入れていきます。
前一度ターキーを料理したときはこの作業がとてもエグク感じたもんですが、
慣れって怖い・・・・ヘーキで出来るようになってました。
9分目まで入れたら爪楊枝で蓋をします。

a0048852_12402596.jpg
で、鍋に入れて水を注ぎ煮ていきます。
だいたい1時間か1時間半くらい煮込めばいいようなんですが、
どうも上の部分がちゃんとスープに浸ってないので不安になり
20分位してからオーブンへ突入。
200度で40分焼けば出来ると書いてあるレシピもあるので
その通りに。

で、出来上がると皮がぱりぱり♪
歓声をあげている旦那に取り分けてもらっていると、突然大声。
「もち米、まだ固いよ!」

・・・・なんで?レシピ通りなのに~~(TT)
しょうがない。お肉だけを切り分けて、もう一度お鍋を火にかけます。

さて、お味は?といいますと。
サムゲタンって、調理中に味をほとんどつけないんですよね。。。
なので塩を振って食べます。
味気ない肉がおいしいものに早変わりする変化がとても面白かったです。

実のところ小皿にもらったお肉だけでおなか一杯になり、
かたづけを済ませてから、2度炊きしたお鍋をつつきました。
もち米には火が通った様子。
少しお肉と一緒に取り分けて塩振って味見してみると・・・・・

うっまぁあああいい!

このもち米のとろんとしておかゆのような食感とお肉が合わさって
今まで食べたことのない味に感動!
あんまり私が感動してるので、旦那が横から手を出して
「うわ!うま!」と食べつくすので、思わずおかわりをした私。。。


参鶏湯とはこういう味なのだ!
絶品~~!

a0048852_1312740.jpg

翌日、旦那と外食する予定だったので、姑たちに取り分けておいた↑
彼らはおいしいと感じたでしょうか。

それにしても、これ料理すると、脂でべたべたになります・・・。
コラーゲンたっぷりの料理というだけあって、結構味も脂っぽいし。
(胃もたれしないのは漢方を入れてるおかげでしょうか)

次回作るときは、あっさりアレンジを練ってみよう。。。。
丸鶏だと大変だし。簡単バージョンで。

でもそれだとコラーゲン効果がないのかしらん・・・?



今回とっても長い話にお付き合いいただいてありがとうございます♪
楽しんでいただけましたら応援クリックお願いします。

人気blogランキングへ

こっちも♪
にほんブログ村 料理ブログへ

さ。燻製器のお片づけしないと・・・・
[PR]
by Laurus-nobilis | 2006-06-24 13:12 | 料理

 シンプルに 丁寧に 沁み滋味と豊かに そして何より真っ当に。


by カイエ
プロフィールを見る
画像一覧