紫蘇ジェノベーゼパスタ

この季節がやってきました。
a0048852_1626377.jpg

青紫蘇(大葉)って、畑とかに生えると、とんでもなく大きくなるらしいです。
花穂も出てきたことだし、そろそろ次の畑準備にとりかかるから、と
知人が引っこ抜いた根っこごと3本くれました。

そう。
「紫蘇キムチ、作って」と。
去年、頂いた紫蘇と大蒜で作ったものをお礼に差し上げたら、
とても気に入られたらしく。
(レシピ、あげたんですけどね~。自分で作る気はないらしい。
 奥さんも作ってくれんらしい>苦笑)

大きい葉は硬いか虫食い。柔らかいのは小さい。
多少硬くても刻んでしまえばいいし・・・・なんて思ってたら
外野が「いいのだけ摘めばいいから、こんなにあってもしょうがない」だの大騒ぎ。

作るの私なんだからさ~。
私の紫蘇消費計画に水ささんといてや。
虫食いだろーが、生き生きしてる葉っぱなら
使うことに支障はまったくございませんのよ?

で、その虫食いorかた~い葉っぱで作ったのがこちら。

“ジェノベーゼ”といえば
バジルとオリーブオイルに塩で作るのが一番基本のものですが、
これを紫蘇でやってもうまい、と聞いたのは数年前。
去年ようやくFPを買ったので作ってみました。

すると、バジルのものに比べて香りがなんとも爽やか、というかすっきり、というか。
日本人舌にマッチする味です。

これをまた作りたかったのですよね。

で、大体の分量をwebで確認しようと思ったら、旦那にPCを陣取られてました。

しょうがない。

テキトーに作っちゃえ!

とFPのチョッパーを取り出し、
松の実・食べ残しのチーズ・オリーブオイル・青紫蘇・塩・白胡椒で作りました。
パスタ用に鍋に火をかけ、茹で上がるまでに。うぃーんと。
うーん、簡単♪
残った分は冷凍しておきます。

あとはパスタと絡めてダイストマトを散らし。
トマトとの相性も、ばっちり~♪

私 「ね?こうすれば、多少の虫食いとか、
   棄てちゃったものでも大丈夫でしょう?」
旦那「そーだね。選別せずに全部とってもよかったかもなぁ・・・」


百聞は一食にしかず。


紫蘇ジェノベ、気になったらぽちっと応援クリックお願いします♪

人気blogランキングへ

こっちも♪
にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
by Laurus-nobilis | 2006-09-12 16:55 | 料理

 シンプルに 丁寧に 沁み滋味と豊かに そして何より真っ当に。


by カイエ
プロフィールを見る
画像一覧