鯛めし

季節はずれですが(笑
a0048852_1284498.jpg

日間賀島ランチで出てきた鯛のお頭付刺身があまりに立派だったので
もらって帰ってきました。(せこい)

その日はとても夕飯の入る余力がなかったので
まずはピチット君の「下ごしらえ用」に包み、2-3日後でもOKなように保存。
昨日の調理しようと取り出すと、鯛ちゃんのお目メはきらきらしたまんま。
さすが~!

鯛めしを一度作りたい、と思ってたんです。
いろんなレシピ見てると立派な身を使ってやってるのがほとんどだったので
まぁ、テキトーに(笑

皆お代わりをした出来栄えだったので、
ちと覚書~。

●材料
  米400cc もち米100cc 水700cc
  鯛のアラ(頭・骨・尾)50cm級
  味醂50cc 醤油大2 生姜1片(刻む)
  塩適量

●作り方
  ①米ともち米はあわせてとぎ、水に浸しておく。
  ②鯛は頭と骨を切り離し、頭は縦割りにしてそれぞれ塩を振ってグリルで焼く。
  ③②焼いた骨の身をほぐして取っておく。骨だけにしたら鍋に水と一緒に入れて炊く。
   (沸騰はさせないように)
  ④土鍋にしっかり水を切った①の米と③で取ったスープを入れ、火にかける。
   鍋のふちがふつふつ泡立ってきたら、
   味醂・醤油・生姜を入れて②でほぐした身と頭を入れて蓋をする。
  ⑤土鍋の蓋から勢いよく湯気が出てきたら細火にして10分炊き、
   火からおろす直前にがっ!と一瞬強火にしてすぐ火を止める。
  ⑥15~30分蒸らしてから蓋を開け、
    皆に「出来たよ~」とお頭がいい感じになってるのを
    しっかり見せてアピールしてから
    お頭にもある身をほぐし、全体を混ぜて盛り付ける。

☆ポイントは一回アラを焼いて、生臭み消しをすることです。
 焼き過ぎないように気をつけてね~♪
 骨のスープはなかなかいい感じです。
☆水が多いと思いますが、出汁とりおよび、④の行程で蒸発して減ることを考慮してます。
 ご飯固めが好きな方は100ccくらい減らして
 そこまでの行程であまり煮詰めないようにしてください。

うまそ~♪と思っていただいたら応援クリックお願いします♪
人気blogランキングへ にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
by Laurus-nobilis | 2006-11-14 12:31 | 料理

 シンプルに 丁寧に 沁み滋味と豊かに そして何より真っ当に。


by カイエ
プロフィールを見る
画像一覧