春旬食材と保存食コラボ

ふきのとうって、なんだか春のひまわりみたい。
a0048852_0263264.jpg
ブログ仲間の方々の食卓を蕗味噌がにぎわしているので、自分でも作ってみたくなりました。
a0048852_0273947.jpg・・・うわ、苦!
そういえば私、蕗の香りが苦手だったのですよ。
あうう”~(><)
でもお漬物屋さんのふきのとうの漬物を食べると
ほろ苦さがおいしい。

つまり私の作り方がヘタだったのか!?
そいえば作りつつレシピを確認してた間に(30秒ほど)
刻んだふきのとうの色が変わってたような。
アクが苦味になったんでしょうか。

でも2-3日したら味も苦味も落ち着きました。
これでいいんでしょうか?
うむむむ~。ちゃんとした蕗味噌を食べてみたいっ!

a0048852_0323761.jpg
こちらはお値打ち冷凍小エビで遊んでみました。
去年作ったグリーンサルサソースに合いそうで。
小エビを洗って塩を振り、かたくり粉をまぶして油でざっと炒めます。
紹興酒をふってサルサソースを絡めたら。
なんともエスニックな~っ!紹興酒とサルサに入ってるコリアンダーのおかげでしょうか。
海老嫌いの旦那がおいしいといって食べてました。
残りは翌日卵で巻いてオムレツに。・・・ウケてたみたいです(笑
a0048852_0382785.jpg
名古屋から岡崎に嫁いで何が嬉しかったって。
魚が新鮮なことなんですよ。
今回は春鰹がスーパーの売りきり時間で私に微笑んでました(笑
フラメンコレッスンの終わって帰った夜10時過ぎに食べてていいのか!?
と思いつつ、鮮度が命!とこんな丼にしました。
菜の花は塩で湯がいて梅肉と叩いて多目のポン酢に絡めておきます。
それを炊きたてご飯に混ぜ込んで丼に。
金糸卵をトッピングして、鰹の刺身をその上に。
ツマの大根と大葉もそのままのっけたらあら豪華~♪
(当分ダイエットはお預けじゃの・・・)
いい刺身ならタタキでなくてもいけますね。@鰹。

a0048852_04517.jpg
さて、こちらは炊いた翌日のこんにゃくとお麩の煮物。
お麩と言っても、お吸い物にするのとは違います。
楽子さんに頂いた沖縄の圧縮麩「麩くらむ
チャンプルーにするといいよ~、と伺ってたんですが、
このしっかりとした身なら、もしや?
と蒟蒻と煮物に。
ご覧ください。溶けることもなくしっかり存在し、お麩の概念を覆してくれます。
(そういえば車麩もいい感じに煮物になるわよね~)
これはちぎった蒟蒻を一度下湯でしてあく抜きをし、
水から麩と炊いて保存していた角煮ダレで味付けただけです。
おかげで思ったとおり肉は入っていないのにがっつりとした料理に仕上がりました♪

この季節、冬眠から目覚めるとおいしいものが待ってるので嬉しい~♪

そうね~♪と思っていただけたら応援クリックぽちっとどれか押してくださいませ♪

a0048852_23544539.gif
人気blogランキングへ にほんブログ村 料理ブログへ

[PR]
by Laurus-nobilis | 2007-03-15 00:53 | 料理

 シンプルに 丁寧に 沁み滋味と豊かに そして何より真っ当に。


by カイエ
プロフィールを見る
画像一覧