パネトーネマザーでパンを焼く

主食ネタ続きですが。
a0048852_8202737.jpg
うちの筋肉おでぶ旦那はパン食いです。
私など1日一食お米を食べないと力が出ないタイプなんですが
旦那の場合はその役割をパンが担っているようでして。
例えば飲み会のあと、オニギリやお茶漬けが食べたい、と私がいうと、
ヤツは「さっぱりとサンドイッチだな」と中にトンカツやゆで卵をはさんだものを選びます。

・・・・どこがさっぱりなんだ?
とその度に異邦人を見る目になってしまう私。

そんな旦那の朝ごはんはやはり「パン」。
イーストフードを入れない、地元企業の良心的なパンを買ってたりもしたんですが、
私のイチオシパン屋の味には遠く及ばなく。
今住んでいる地域でお気に入りパン屋を探しているものの、
どーも値段と味と材料に納得できるところをまだ見つけられません。
(一軒これならいいかも?というとこがあるんですが木・土しか営業してないし^^;)

さて。
そうすると自分でベーキングをすれば?ってことになるんですが。
今までの経験からいって、私はどーも粉と相性が悪いらしんですよね~。
発酵がきちんと取れないんです。
それでも最近はレシピ本に書いてある時間で発酵が取れなくても
取れるまで時間をかける、という方式にしたら
ちょっとはマトモに焼けるようになったみたい。

使ったイースト菌は「パネトーネマザー」
実に消費期限を1年ほど切らしてから使ってますが(苦笑
色んな方から「リッチなパンに向くよ~」と教えられて、作ってみたのはこんな分量。

強力粉-280g グラハム粉-70g 牛乳-200cc 卵-L1個
パネトーネマザー-小さじ1 てんさい糖-小さじ3 塩-小さじ1

パネトーネマザーは温めた牛乳と50ccとてんさい糖で予備発酵しておきました。
で捏ねて捏ねて。1次発酵。
生地にオリーブオイルを塗ってボールに入れて濡れ布巾かけて。
一回り大きいボールにぬるま湯を入れて2重にし、オーブンの発酵機能で10分。
後、放置6時間(笑) 膨らまない(T~T)

まあ、いつものこと。

と成形して丸いパンの中にはチーズのコンテ。
長くした方には自家製パンチェッタとマスタード。

このとき既に夜中の1時。

そのまままたオーブンの中に放り込み、2次発酵。

朝みてみると、やっぱりイマイチの膨らみ具合だけれど
これ焼かないと旦那の朝ごはんがないので(笑
180度30分で焼いてみました。

するとなんと膨らんだじゃないですか~!!(嬉
a0048852_928196.jpgコンテチーズ入り。
やっぱり溶けた(笑


a0048852_928665.jpgパンチェッタ+マスタード。
この自家製パンチェッタは豚の匂いが強いので
マスタードを効かせましたが、
効いてないところはやっぱり豚臭いみたい。

旦那に出すと「おお、今回うまくいったじゃないか」とはじめは言ったんですが。

「え?何?ベーコン入れたの?そしたらエピにすればよかったのに。
 こうやってハサミ入れたらなるよ。
チーズのは丸めすぎ。真ん中に入るようにしないと。
 底をつめすぎるとだんだんチーズが上に上がっていくんだ。それじゃダメ。
 表面の皮の部分、硬いな。焼きすぎだよ」

と。苦情の数々。
ヤツはパン屋のバイト暦約10年・・・。
どうやらまだまだ合格点はもらえないようです。

頑張れ!と思っていただけたらポチッとクリックお願いします♪
a0048852_23544539.gif
人気blogランキングへ にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ 
[PR]
by Laurus-nobilis | 2007-04-17 09:33 | 料理

 シンプルに 丁寧に 沁み滋味と豊かに そして何より真っ当に。


by カイエ
プロフィールを見る
画像一覧