ビーツ~その後の姿~

このタイトル↑、思わず「ビーツ~その愛~」と書きたくなってしまった。
a0048852_2191567.jpg
ルバーブと思って1年間放置されていたビーツ。
とりあえず、大きいものをこれだけ採ってきました。
a0048852_2212154.jpg今年植えたのと比べてみます?
左:謎のルバーブだったビーツ。
右:秋種蒔き→春畑植えビーツ。

右の大きさは5cmと言ったところでしょうか。

実は私、、
ビーツを食べるの初めてなんです。
当然料理したこともない。
先回色んなコメントをいただいた中で調理のコツも教えていただいたんですが、
まずは色々やってみよう、と。
確認で輪切りにしたものを千切りにして塩ゆでしたところ・・・

あ、ま~い!
こんな味なのね。なんだかお菓子とかピクルスに向きそう。
でもやっぱり味は蕪だな~。
最初サラダにしたけど売れ行き悪し。(旦那もともと蕪嫌い)

なのでパスタにしてみた。
a0048852_2273541.jpg
これ、茹で汁を使ってパスタを茹でたら、こんな色になりました。
トマトソースを使ったわけじゃないです。
マッシュルームとペペロンチーノにして食べたんですが・・・・。

・・・・・なんか。。。合わない気が・・・・。
例えていうなら、卑しい味になっちゃったよーな・・・。
塩がどーも合わない気がします。

そこで今度は丸ごと蒸してみた。
a0048852_229404.jpg
圧力鍋に、2つも入れたらもう一杯^^;
a0048852_2304883.jpg「プロのコツ」という本のビーツの項を引くと、
鍋から出して冷水につけると皮が剥きやすい。とあったのでその通りに。
ペロリ、と簡単に手で剥けました。
少し食べてみると。これまた凄く甘い!
サツマイモなみの糖分。あるんじゃないかしら。

a0048852_2351922.jpgでも年輪になってたところが・・凄く筋張ってるんですよ。
そこを除くと、、こんな程度の真ん中部分しか食べるとこがない~(><)
おまけにスジのところ、まるで魚の小骨並みの固さです。

うーん、なんとかうまい処理の方法はないものか。

・・・って、アレしかないですよね・・・・。
そう、ジャム系。・・・というよりチャツネかな。

まず鍋にテキトーにきった蒸しビーツを入れて赤ワインとレモン汁を入れて煮込み、
ハンディプロセッサーにかけます。
それから濾す!
a0048852_2393187.jpg
ひたすら濾す!
a0048852_2404378.jpgなんとスジはコップ一杯取れました。

その後またてんさい糖を入れて煮込み、おまじないの塩を入れて
ビーツチャツネの完成~♪
a0048852_2425467.jpg
レモンと赤ワインの味が結構いい仕事してくれてます。
これでなに作りましょうね~。

・・・っていうか。

スジスジビーツの利用法、他になにかないかしらん。
あと15個くらい、あるのよね~・・・。

ビーツチャツネってどんな味?と思っていただけたらポチッとクリックよろしくです♪
a0048852_23544539.gif
 にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ  人気blogランキングへ
[PR]
by Laurus-nobilis | 2007-05-19 02:45 | 料理

 シンプルに 丁寧に 沁み滋味と豊かに そして何より真っ当に。


by カイエ
プロフィールを見る
画像一覧