梅番茶

先日、陰陽の話がちょっと出たところですし。
a0048852_1753212.jpg
とはいっても
それを語るほど、専門知識もないわけなのですが。
薬膳の先生に「ちょっと陰よりになってるから、梅生番茶を飲むといいですよ」
とアドバイスを受けました。
ものの本によると

 ・疲れのひどいとき
 ・貧血
 ・食欲不振
 ・陰性食が原因の冷え

によい、とのこと。

まぁ、今の私の状態とピタリではないですか。
とうなずきつつも質問。

「たまに梅干、そのままかじってるんですけど・・・」
ここ1-2年。疲れが溜まった時梅干をなめるように齧ると食べ終わるまでに
随分楽になるようになりまして。そう聞いたわけですが。
(あぁ、私ったらニホンジン・・・)
a0048852_1875020.jpg

やはり「そのままでもいいけど、やっぱり梅生番茶がいいですよ」とのこと。

材料はその名のとおり
 ・干           1個
 ・姜汁        2・3滴
 ・三年番茶        150cc
 ・醤油(天然醸造のもの)  小さじ1~1+1/2

作り方は焼酎梅よろしく、
梅干しを崩したものに沸かしたての三年番茶とその他を入れて出来上がり。

なのですが。
・・・一杯でたった2・3滴のしょうが汁を取るのって、面倒で・・・・。

最近の私はしょうが、省いてます(^^;
なので「梅番茶」
これでも結構効く気がします。
やっぱり梅干パワーなのかしらん??

ちょっと冷たいもの摂りすぎて夏ばて気味かな?と思ったら、
一度試してみてくださいな♪

参考になったらぽちっとクリックお願いします♪
a0048852_23544539.gif
 にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ  人気blogランキングへ

なお、三年番茶とは。

3年以上生育した木からとった葉に枝も加えた陽性の番茶のことです。
血液をキレイにし、新陳代謝を促進させる働きがあるとのこと。

オーガニック・健康食品取扱店で手に入ります。

[PR]
by Laurus-nobilis | 2007-07-27 18:13 | 料理

 シンプルに 丁寧に 沁み滋味と豊かに そして何より真っ当に。


by カイエ
プロフィールを見る
画像一覧