パパゲーナのパンと突合せ。

メインディッシュはパンです(笑
a0048852_1157308.jpg
えぇ。
手前にあるチーズでも、ラタトゥユでもなく。

自家製ではありません。
パパゲーナ」というお店が
国産小麦、自家製天然酵母、天然塩、石臼で挽いた全粒粉を
自家製石釜で焼き上げた、こだわりのオーガニックパン。
パンが売っているのは週に水・木・日のみ。
しかも予約しておかないと売り切れてしまう、というパンなのであります。

最初はいきなり店に行くと目の前で売り切れ。
次に予約をしようと電話をかけるとその時点で既になく。
昨日ようやく予約が出来て、買いに出かけることになりました。

ところが。
いきなり旦那に急用ができてしまいました。
「しょうがないなぁ。カイエ、一人で行っておいで」
「え”(@o@|||」
と青ざめる私。

なぜなら。
このお店って山の中にあるのですよ。

名古屋の朝ラッシュバトルはこなせますけどね。
山道ってのは慣れてないので避けてきたのに。
(つまり旦那に運転してもらってた。そして今の生息地は山が結構ある^^;)

しかし。
三度目の正直で味わえるパンのためです。
なんといっても三河地方で名をはせてる
天然酵母石釜パンの「ダーシェンカ」と「プース」のお師匠さんのパンです。

目の前の壁は越えるために立ちふさがるものさ。

と。ナビを頼りにでかけました。
旧額田郡。市町村合併で岡崎市になったこの店へ行くには
うちからは岡崎の端から端に突っ切る形になります。
途中、整備されたなだらかなカーブの勾配の道はきれいな川沿いを走り、
渓谷の看板や鮎やな、バーベキュースポットの案内が出てきて
夏休みの日曜らしく家族連れの車がたくさん・・・。

a0048852_1246546.jpgそんなところを越えてのどかな道になっていくと山の入り口に目印を発見します。
スピードを出していると
うっかり見過ごしてしまいそうな。

a0048852_12474640.jpg
案内に従って山に入ると、マイナスイオンと光の溢れる道へ。
小川にかかる小さな橋を渡ると、ログハウスが立ち並び、


その中の一棟が「エトセ工房」
そこでパンは売られています。

私がたどり着いたのは15時くらいだったでしょうか。
その時点で、取り置きを除いて既に残り一個になってました。

a0048852_1303028.jpg
販売されているパンはの3種類。
持つと一つがズシっと重い!
a0048852_136325.jpg・カンパーニュ

a0048852_1365058.jpg・パン・オ・レザン(レーズン入り)

a0048852_13745.jpg・パン・オ・ノア
(くるみ入り)
他はクッキーが2種類。(プレーン&ココア)

こちらのパンは和風の惣菜にもあいますよ。と教えていただいたんですけど
やはり最初はスタンダードで行きたい私。

用意した突合せはこちら♪

a0048852_13152090.jpg
チーズ三種
ブルサン(ペッパー)・コンテと
謎のチーズ(多分牛。チェダーかな~?←もらいもの^^;)
完熟トマトのラタトゥユ。
若芽サラダ。
旦那用にボロニアソーセージの炙り焼き(無添加ものね~)
それから、アンチョビペースト。

まずはカンパーニュをカットすると中はふわふわの焼き上がり。
キメが細かくて詰まってます。
シンプルで、じっくりかみ締めたい味。
コンテよりはクリーム系のチーズが合うかな、とも思ったんですが、
アンチョビやラタトゥユにあわせるとハード系のチーズでもなかなか♪

パン・オ・レザンとパン・オ・ノアはカンパーニュの生地に
それぞれレーズンとくるみが入ってました。

ここのパンはまた買いに行きたいな~。
途中の道はとてもいいドライブコースですしね♪

行ってみたいな~、と思っていただけたらポチッと応援クリックお願いします♪

a0048852_23544539.gif
 にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ  人気blogランキングへ

最後に。
こちらのご主人はとても食品にこだわりをお持ちの方です。
最初に訪問した時に伺った言葉が私には忘れられません。
これを今日は締めくくりにしたいと思います。

「お金を出して危険を買ってはいけない。 お金を出して安全なものを買うんだ」
[PR]
by Laurus-nobilis | 2007-08-13 13:33 | お気に

 シンプルに 丁寧に 沁み滋味と豊かに そして何より真っ当に。


by カイエ
プロフィールを見る
画像一覧