カツオのオイル煮オードブル風

まぁ。要するに自家製シーチキンですな。
a0048852_13131172.jpg
先回upしたカンパチと一緒に実はカツオも仕入れてました。
あれと同じく前日刺身売りしてたもの。

いい身です。

実はワタシ、カツオは熱を入れないほうが好き。
たたきよりも、刺身派。
でもさすがに翌日以降の調理となると熱を入れないわけにはいきません。
(昆布で〆めてあったらいけるんでしょうが)

そすっと、一回作ってみたかった「自家製シーチキン」
やってみようじゃありませんか。

とレシピ検索すると
なんとブログでお付き合いのあるFujikaさんかずさんの所に
たどり着くではないですか!

をを。
と歓声をあげ、早速塩をまぶして冷蔵庫へ。
一般的には一回カツオを茹でてという手順らしいのですが
手を抜きたいのよっ!」といささか自慢にはならないよーなことを考えてた私に
お二人の会話録はとっても参考に。

何しろいきなりオイルで煮るんですから♪

a0048852_13291295.jpg


塩して1日(ホントは半日でいいらしい。外出してて手がつけられなかったのよー)
a0048852_13312949.jpgキッチンペーパーで水分を抑えたカツオとハーブ類・ガーリックと
焼いて焦した皮をむいたパプリカをシャトルシェフに。

材料がかぶるくらいまでオイルをたぽたぽ注ぎます。


a0048852_1332172.jpg

中火にかけ、85度になるまで熱し、
シャトルシェフに突っ込みます。(左)
約1時間半後53度に(中央)
食べるとき(さらに7時間後)35度。(右)

久々に温度計が活躍しました。
こういうとき、サーモスタット付のシャトルシェフが欲しくなります・・・(バカ高いんで買わないけど)

なんでかとゆーと。
高熱で調理すると身が固くなっちゃウンですよね。
85度、という数字はなんやかや、と記憶に残る数字でして。
いずれ考えがまとまったらレポートしようかな~、と思ってます。

a0048852_13392364.jpg

お化粧して、テーブルに。
ロメインレタスをちぎってその上にカツオ。
パプリカとローストしたインゲン、ピンクペッパーを飾って
「オードブル」の名にふさわしい装い♪

あ。ローヌのソービニョン・ブラン。冷やしといてください。
グラスもね♪





・・・・っくぅ・・・・っ(><)



↓↓応援クリックよろしくです♪↓↓a0048852_23544539.gif
 にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ  人気blogランキングへ
[PR]
by Laurus-nobilis | 2009-06-16 13:42 | 料理

 シンプルに 丁寧に 沁み滋味と豊かに そして何より真っ当に。


by カイエ
プロフィールを見る
画像一覧