カテゴリ:呑んべ道楽( 10 )

VEDETT EXTRA WHITE

これは「発泡酒」

a0048852_10585166.jpg


というジャンルになるが、ベルギービール。

a0048852_1113813.jpg


スパイスが入ってると日本じゃ「ビール」にならないんだって。

a0048852_1125956.jpg


・・・もやしもんで、ビールのことやってたなぁ。
ベルギービールはどんどん熟成していくもの。
ピールとかスパイス入れて楽しむとかなんとか・・・・。

日本も色んなのを作ればいいのにねぇ。

a0048852_1193029.jpg


チビ姫も寝たことだし。

くぴ。

あ。濃いわ~、この香り。

くぴ。

味わいもよろしい。

くぴ。


・・・・・・・・この辺で、やめときます(笑)



↓↓応援クリックよろしくです♪↓↓a0048852_23544539.gif
 にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ  人気blogランキングへ

こちらでぼちぼちレシピup中です♪


オレンジページnet

[PR]
by Laurus-nobilis | 2009-09-04 11:10 | 呑んべ道楽

『空』有ります。

風邪気味です。
a0048852_19535639.jpg

いつもならヴァンショー飲んで治すんですけど、
今はそうはいかず、梅生番茶飲んでます。

ヴァンショー飲めるんなら、この『空』も飲みたい。

日本酒に詳しいお方ならご存知でしょう。
愛知の蓬莱泉という銘酒の中で一番人気の酒。
ブームの頃はなかなか手に入らず
720mlでも「万」単位で取引されていたそうです。
今も、そうかな?
一昨年に「GETしたから」と手土産にもらった時、1万ナンボした、と言われた気がします。

さて、うちら夫婦。
どちらかといえば私のほうが酒飲み。
けど、旦那も飲みます。
んでもって、ブランドとハヤリに弱いヤツは
酒屋で「あ、『空』って貼紙があった!!」という目ざとい私の言葉に反応しました。
その時、細い旧道の商店街を運転中で、その酒屋は通りすがってしまったので
用事の帰りに寄ってみよう。ってことになったんですけど。
その先に気が向いて立ち寄った酒屋でも売ってるのを見つけ
旦那が自分用のドイツのカスクワインを買いに行ったはずが
「3本、売ってるけど・・・・どうする?」と姫と車で待ってた私に聞いてきました。
店に入ると『空』より格上の『吟』も売ってましてね。
ちょっと舞い上がり気味の旦那に
「好きにしたら?どーせ私は飲めないし。それほど空は好みでないから」
とゆーたら、『空』を一本買ってきました。
お値段、忘れましたが3千??円(度忘れです)

その後、いたずら心を起こした私たちは
その前に通った店にも夕方に行ってみました。
すると“お値段は6千円弱。朝はあったけど、既に売り切れた”と言われたそうな。

「ねぇ。この先にもう一軒取り扱ってるはずの店があるよ。
 そこも聞いてみよう」
と旦那に粉をかけて行かせると、
会員制で客の好みを聞いて酒を売る、というシステムをとってる、
というその店では
「ウチでは定価売りしてますよ。今は店頭にないけれど1本なら取り寄せれます」
って回答だったらしい。
その定価は自分達が先ほど買ったお値段と一緒でありました。

この3件。
web店や実店舗の雰囲気から察するに、
それぞれにとっても酒を研究してる店なのですが。
売り方がそれそれ違ってるものだ、などとつらつらと思ってしまいました。

ってか、店頭販売で
最初からプレミアつけて売ってるところがあるのねぇ。
・・・びっくり・・・。

そんな風に未だに希少な酒、
「ワインセラーに入れときなよ」という私の言葉を無視して、
旦那、常温の部屋にほうりっぱなしです。
いつ飲む、とも決めてないし。
やれやれ。。。日本酒は早く飲まないといかんのにね・・・(--;
酢になるぞ。

さて。話は変わりますが。
出産してからワタクシ、TVを見る機会が増えました。
ちょっと気になってる女優さんの蒼井 優ちゃん主役の「おせん」ってドラマ
琴線に触れていまして。
番宣見てたら、その優ちゃんの着てる着物がとっても粋だったんですよね~。
この着合わせいいなぁ。とほけーっとドラマの内容聞いてたら
飲兵衛料亭おかみの役っていうじゃないですか。
興味でません?
第一回目は片桐はいり扮する「ハイパーレンジ料理研究家」と対戦してまして。
優ちゃん扮する「おせん」はレンジも見たこともなく。
昔ながらのやり方で
エビフライを魚焼き器で焼いていたりするのですよ。

最近まったくレンジを使わない私ですので、
なんか料理に対する考え方、通じるなー。この主人公。・・・と(笑
(唐揚とかあっためるときはグリル使ってます。ご飯は蒸してるし)
朝から酒飲んじゃうとことかも。
(くどいようですが、今は酒絶ってますよ!!)

原作が漫画であるようですので、
そのうち読みたい、なんて思ってる私でありました。

今日の話はとりとめないですね~。
でも応援クリックしていただけると嬉しいです♪

a0048852_23544539.gif
 にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ  人気blogランキングへ
[PR]
by Laurus-nobilis | 2008-04-28 20:39 | 呑んべ道楽

お気にのノンアルコールビール

飲酒規制が厳しくなって、ノンアルコールビールが多く販売されるようになったそうですが。
a0048852_16483631.jpg
まさか自分がお世話になるとは(笑)
ノンアルコールなので、妊娠中も飲んでも良かったんでしょうが
妊娠中は発泡水ばかりを飲んでました。
(水と炭酸だけの。
 選ばないと結構リン酸なんとかとか入ってるんですよね。発泡水も)
出産したぞ!さぁ、酒呑めるぞっ!

・・・とは、母乳100%でやってる私は出来なかったわけで。
んでも、旦那は「これで飲める♪」と美味そうに喉を鳴らして飲むわけですよ。
未だに禁酒中の私の目の前で。
えぇ。出産前はいつでも病院に駆け込めるように旦那も酒、絶ってたので。
いいんですけどね。・・・・いいんですけどね・・・。

けどね。酒好きなのは旦那より、私のほうなのよっっ!!!

で、うらめし顔をしている私に(しかも外出が出来なくなったので)
旦那がノンアルコールビールを色々買ってきました。
アルコールはほとんどない0.0*%とかのもの。
お酢のほうがアルコール入ってンじゃない?って度数ですが。
「これが一番いいと思う!」というのを飲んでみたら。
「これから、これがいいっ!」と私も気に入りました。

a0048852_16584644.jpg何しろ、アルコール度数0.0%
材料、麦芽とポップのみ。
麦芽とホップのみって、
ビールで言えばヱビスとかでしかないじゃないですかっ。
他は小麦とか豆とか色々入れてんですよね。
えぇ。ワタクシ。ビールはヱビスが大好きです。
しかも濃い味の冬限定の琥珀が。
(この冬は店頭に並んでるのをよだれをふきながらガマンしてましたわ)

お値段はちょっとはるようですがジュースと同じ価格だし。
アルコール入りの半額ですよ。
味もしっかりホップの香りが効いてるので
ホントにビール飲んでる気分・・・酔えないだけで。
むしろ、禁酒解禁しても、これでもいいかも。。
と言ったら「そうして♪そうしたら俺がのめるから」・・・っておい(ー_ー*
ただ日本でなくでドイツのメーカーですから、
いつ品切れしてもおかしくないんですよね。

しかし、さすがドイツ製。
ビールの(この場合ノンアルコールだが)クオリティが高い♪

どうせ飲むなら、やっぱり美味しいものでないとね♪

そうそう♪と思っていただけたら、ぽちっと応援クリック宜しくです♪

a0048852_23544539.gif
 にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ  人気blogランキングへ
[PR]
by Laurus-nobilis | 2008-03-18 17:12 | 呑んべ道楽

高島屋スペイン展でGET!

たまに「運命」って感じませんか?
a0048852_8163510.jpg
別に結婚する人に初めて逢った時、リンゴ~ン!って鐘が鳴り響いた。
とかって大げさなものでなくて。
"縁があるなぁ”ってなこと。

今回の場合、それは車のディーラーで起こりました。
点検を待ってる間に、情報誌を眺めていたら見つけてしまったのですよ。
JR名古屋高島屋で開かれる、という「スペイン展
(うち、新聞は私をスルーするのでチラシ情報がないんですよね。
 そもそも名古屋のデパートのチラシって、うちのあたり入ってくるんだろか・・・)
単なる買い物情報だけならスルーしたんですけどね。
私の眼を釘漬けにしたのはフラメンコのライブがあるってこと。

へっぽことはいえ、フラメンカの私としちゃ、見逃せない。
家に帰ってじっくり調べると、パイレ(踊り手)は2パターンあり、
3・4日はスペインの人。それ以降は日本人パイレだというので迷わず
「明日、行ってくるわ。高島屋」なんて宣言をして4日、行ってきました。
残念ながら、ライブは撮影禁止だったのですけど、
日本人ではなかなか出せない、ど~んとした迫力を間近で味わえて、
とても勉強になりました。

で、その後はとーぜん、スペイン展を廻ります。
めったと手に入らないものも、こういう時はあったりしますもんね。
a0048852_8332547.jpg
ハモンイベリコは、それでもやっぱり高かった・・(;_;
それだからか、日本国内のハムの生産者は試食だしてましたが
イベリコハムはやってなかったわ~。(平日だからかもしれないけど)
他にはチーズ・オリーブオイル、そしてワイン・・・。

とやはり私的にはずせないワインコーナー。
ふらふらとよっていくと、高級オリーブオイルの試飲を勧められました。
小さい瓶で「3500円」なんてお値段。
ノーベル賞授賞式の会食で使われるオイルとかでなるほど。とてもいい。
・・・けど、とても買えない(^^;とお茶を濁していたら
「ワインもあるから見ていって」と促されてワインも試すことに。
(ってゆーか、本来の目的がワインじゃん・・・)

スペインワインといえば、日本で代表格扱いされてる「トロ」とかがあり
そのイメージがとても強いものですけど
現地へいったときに呑んだものはもっと種類も味も豊富で、
なかでも「ソービニョンブラン」を使ったものが忘れられない。
a0048852_8471859.jpgそのイメージでオススメをしてもらって
出てきたのが
このワイン。

Hermanos Lurton Cuesta de Oro 2005
スペインワインですが、フランス人が作ってるそうです。
最初に紹介された、同じシャトーのものも
ちょっと贅沢な料理に合わせて
冷やして呑むのに良さそうでしたが、
これはさらにいい香りと、味。
長期間保存しておいてもいいワインを。
とリクエストしたら、やはりこの白。だそう。
スペインワインの、しかも白で
「3年後でも大丈夫」と保証してもらえたら、やっぱり買いでしょう♪

a0048852_85596.jpg赤好きの私としては
赤もオススメを聞きたい。
とこれも最初は「ちょっと贅沢するとき」くらいのものを教えてもらってたんですが
こちらのオススメ商品がある、ってことで
出されたのがこれ。

campo eliseo toro 2002
今回のスペイン展のためにお値打ちにしてるそうで
「知っている人(つまりマニア?)が見れば
このお値段だったら即買いですよ」と。

ワイン好きだけど、名前を覚えない私としちゃ、
ほよ~っと感心して聞いてるだけなんですが。
そこまでの話と試飲させてもらってた時の私の顔が
よっぽど嬉しそうだったのか
若作りしていたせいか(爆
「こいつには試飲させてもいいな」と思っていただけたらしく
「人を選んで試してもらってます」と試飲をさせてもらえました。
結構深い香りにはなっているけど、
2002年の割には・・・と思ったたら
これも熟成年ごとにもっと甘味が出てくる、というタイプのもので
前日あけた瓶の香りでも「まだまだこんなもんじゃない」とのこと。

ちょっと考えます、と言い置いて、夕方もどると
ずらりと並んでいたこのワイン。
本日の在庫はあと2本という売れっぷり。
その時には今開けたばかりの試飲瓶がある、というので
少し頂くと、これまた香りがいいんですね~。
そのままでもいいけど、
これがさっきの熟成された香りになっていくとなると
やはり、「買い」なんでしょう。
"清水の舞台から飛び降りるつもりで”
へそくりをはたいてしまいました^^;

a0048852_9122647.jpg
今回は留守番(というか仕事)だった旦那には
手羽先のお土産。
上が「世界の山ちゃん」で
下が「風来坊」の手羽先と手羽元(カレー味)

a0048852_9143686.jpg富澤商店で売っている
ピーカンナッツの
キャラメルコーティングとココアコーティング。
これ、やたらと好きなんですよね~。

a0048852_91615100.jpg
本当は名古屋駅でしか売ってなさそうな
佐世保バーガーの「プチ」サイズも買ってあげようと思ったんですけど。
帰りに行ったら既に売り切れでした。
レプリカの写真だけ撮らせてもらったんですが、
こんな感じ。
本物とプチ。
a0048852_9183897.jpg
箱入り(5個)も売ってます。

数ヶ月ぶりに名古屋に出たらすっかり長居してしまいました^^;
それでもまだまだ見たいところは沢山あったのですけど
ラッシュに巻き込まれる前に帰ってきました。

そうそう、今日の最初の写真はスペイン展にあった
「リヤドロ展」で飾ってあったリヤドロ製のシャンデリア。
フラメンコや闘牛など、熱い国で作られているとは思えないほどの
繊細な作品。
これの他にも「芸術」としか思えないほどの置物がたくさん飾ってありました。
リヤドロはあると大抵見てるんですが、
今回は他ではなかなか見られないような作品が沢山。
これを見にいくだけでも、ちょっといいかな~、と思えたスペイン展でありました。

足が棒のようになったのも、許せるってもんです。

それは普段の運動不足のせいでしょ~!と思っていただけたらポチッとね♪
a0048852_23544539.gif
 にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ  人気blogランキングへ
[PR]
by Laurus-nobilis | 2007-10-05 09:24 | 呑んべ道楽

スペインのワインが届いたの♪

ハネムーンは一昨年。場所はスペインでありました。
a0048852_11101566.jpg
ツアーに申し込んで出掛けると、
日本人でありながらラテン気質の人がよくこれだけ全国から集まったもんだ。
と関心するほど呑むわ、食べるわ、喋りは止まらんわ(笑

中でもコスタデルソルのレストランでランチをとった時
ランチで2時間は使い、次の移動先ロンダに行くのに間にあわないからと
本来使わない筈の高速に乗って行ったというくらい。

そんなツアーの仲間で今もお付き合いをさせていただいている方から
ワインを頂きました♪
その旅行でおいしかったワインです。

a0048852_1121151.jpg白はそのコスタデルソルのレストランで
グラスワインで頂いて
あまりのおいしさに呑みすぎて
(ついでにおじさん付でワインの写真を撮り)
夕食の時までにアルコールが抜けず、
二日酔い状態に陥り
a0048852_11365192.jpgその日の夕食でせっかくのイベリコ豚のソテー(→)を
一切れしか食べれなかったという思い出付(笑

あれはいつも移動中バスで寝てたのに、
寝なかったのが敗因です。(ほんとか?)

MARQUES DE RISCAL BLANCO SAUVIGNON
 ブランコ・ソービニョンといえば、フランスでいうソービニョン・ブランと一緒ですよね?
 実は白でいうとこの葡萄品種が一番好きな私。
 栽培がムツカシイとかで知名度も低めの葡萄ですが、おいしいんですよ~。
 なのでむっちゃ嬉しい贈り物♪
 特にこれは凄く爽やかなハーブの香りがしてたのを覚えてます。

スペインワイン、というとよくあるのがトロとかの凄く濃いパワフルな味を
想像する方が多いと思います。
あの手の味のイメージばかりあったのですが、

なんの。

スペインに行けばいろんなワインが。
カベルネもあったし、メルローも普通にあった。しかも安い!
よくスペインに行く友人も「あまりスペインでおいしいワインにあえない」と
話してたので、期待はしてなかっただけにホントにびっくり。

レストランに入ると英語もスペイン語もまったくダメな私(たち?)の
ソムリエ代わりになってくださったのは、ガイドさん。
彼女はあまりお酒を飲まない、とのことなんですが
恋人がソムリエのようなお仕事をされてるということで
とてもワインに詳しく、
お料理に合ったワインを選んでくれました。(感謝!)

そして頂いた赤はそんな中の一本。
Torremilanos Crianza
 なんでも輸入中止になり、在庫は国内にほとんどないようです。
 (これも取り寄せてくださったお店の最後の一本だったんだとか)
 そんな貴重なものを・・・ホントにありがとうございます(*^▽^*)/

スペインワインって、うちの近所ではあまりおいしいのが手に入らないだけに
ホントに嬉しいです♪
スペインワインっておいしいのが一杯あるのよ~っ!
酒屋さん、頑張って!イタリアにつぐ、お値打ちワインが一杯あるのよ~!


。。。。と。せっかくなのでおまけで、私の常飲スペインワインの紹介。
チープないつものカスクワインです・・ちとしょぼいですが(笑
a0048852_11522453.jpg

DONA NAVARRO
・・・とうとう私もNET買い(笑
こちらカスクワインの中でも、香りも味もしっかりとしたボディを持ってます。
でもって重過ぎず、テーブルワインにはもってこい、といった感じ。

そろそろなくなったから買おうか。。。と思ったら、売り切れ中(残念!)


皆様、この機会にスペインワインを見直してみてね♪

a0048852_23544539.gif
人気blogランキングへ にほんブログ村 料理ブログへ

p.s.kunさん、ほんとにありがとうございました♪
[PR]
by Laurus-nobilis | 2007-02-26 11:59 | 呑んべ道楽

珈琲とお茶とハーブとお湯の関係

たまにはアルコール抜きで。
a0048852_981328.jpg

つらつらと嗜好品を物思ふ。

以下 ひとり言
[PR]
by Laurus-nobilis | 2006-02-10 10:54 | 呑んべ道楽

カスクワイン③~BANROCK STATION~

オーストラリアより7種類
a0048852_14522520.jpg
岡崎イオンにてカスクワインを発見。
さっそく購入。

やはりオーストアリア産だけあって、はっきりした味でパワフル。
容量は2L入りで単品種のものは1350円-1380円。
ブレンドは1250円くらい。
(くらい、というのは前に買ったときと値段が違ってる気がするから)

a0048852_15135040.jpg《赤 単品種》
 ・カベルネ・ソービニョン(写真 無し)
 ・メルロー(写真 左下)
 ・シラーズ(写真 真ん中下)
《赤 ブレンド》
 ・シラーズ&カベルネソービニョン
  (写真 右上)
 ・カベルネソービニョン&メルロー
  (写真 真ん中上)

《白 単品種》
 ・シャルドネ(写真 無し)
《白 ブレンド》
 ・シャルドネ&セミヨン(写真 左上)

一応全部試した。私の好みとしては
メルローで華やかにいくか、シラーズでがっつりいくか。といった感じ。
※最近旦那の先輩が夫婦ともにワイン好きになったらしく、
 このワインを勧めたらシラーズが気に入ったらしい。
 ちなみに、このお方は酒豪です。

店員さんにこれが全国のイオンで手に入るのか?とたずねたら
このワインの輸入・取引先の㈱やまやさんはイオンとの取引があるということなので
店頭になくても取り寄せてもらえる様子。

㈱やまやさんのHPがあったの見てみた。
どうやら他にもカスクワインを取り扱っている様子。
なかにはガウディのパッケージを用いているのもあるらしい。
通販、可能。
・・・・・買ってみようかな・・・・


人気blogランキングへ

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
by Laurus-nobilis | 2006-02-08 15:22 | 呑んべ道楽

カスクワイン②~リープフラウミルヒ~

《聖母の乳》ドイツワイン
a0048852_165974.jpg
「せいぼのちち」とパソコンで漢字変換したら「歳暮の父」となりました(笑
ガラガラとイメージが崩れますね。

日本でワインを初めて飲むというと
ドイツワインの白がまず勧められるんではないでしょうか。
しかも「リープフラウミルヒ」か「シュワルカッツ」「ピースポータ」あたり。
アルコール度数も低いし、甘めだし、ジュースのようにかぷかぷ飲んでしまうので
キケンです。
ソーダとオレンジジュースで割ってクラッシュアイスに注げば立派なカクテルに(邪道)

さて。それほど日本人になじみ深いドイツワインですが
お値打ちカスクワインではなかなか売っていません。
ところが!

岡崎に引っ越して酒屋を巡っているうちに、見つけたんですよ、これ!
きっかけはいつもの「サンクレマン」を探していて輸入元に販売店を問い合わせしたのです。
そこで唯一常時扱っているよしのやさんという酒屋さんにあるとのこと。
カスクワインが手に入らなくって憔悴していた私をみかね、旦那が連れいていってくれました。
そこで目を引いたのは、これ!

普段、赤ワイン派なのですが、白も口当たりがいいので良く飲みます。
それに私以外はドイツの白が好みですので
「旦那用」といって買うようになりました。
味はまぁ、軽めのリースリングの白、といったところです。

3㍑入って、3150円。

お店の方は「安いですよね~、箱買いの方がほとんどなんですよ」とおっしゃいますが。
定価より値引いてくれると嬉しいんだけどなぁ。

ところでキリスト教圏って「ラ・クリマクリスト」とかキリスト教の聖職者の名前をワインに良くつけますね。やはり「ワインはキリストの血」だからなのかしら。


人気blogランキングへ

にほんブログ村 酒ブログへ

そういえば
[PR]
by Laurus-nobilis | 2006-01-25 16:31 | 呑んべ道楽

カスクワイン①~SAINT-CLEMENT~

南仏のVin De Pays 「SAINT-CLEMENT」
a0048852_14302345.jpg

私のワイン紹介をご覧なるにあたり、
最初に「お断り」を少々。

私はワイン好きではありますが
銘柄を覚えないやつです。
しかも知識はすべて聞きかじりです。
ただ数年毎日飲んでいるおかげで
産地・葡萄品種がおぼろげにわかるようになった、という程度です。
なので、高くてうなるようなものより、
リーズナブルで気軽にくいくい(がばがば)飲めちゃう方をよく飲んでます。
ただし「まずいのは好きでない」です。
いかに安く、お値段よりもお得感のあるワイン。
そういったワインを探すのが好きです。

さて、今回のご紹介ワイン。
「SAINT-CLEMENT」はそういった私のハートをがっちりと掴み、
もう7-8年間、私のテーブルワインの存在でありました。

More
[PR]
by Laurus-nobilis | 2005-11-26 14:28 | 呑んべ道楽

こんな時季ですが、カスクワインのこと

ボジョレーヌーボーで、街中賑わってますね~。

お久しぶりです。
最近PCにはずっと張りついていたのですが
日記を更新する余裕がなく、滞ってました^^;
見に来ていただいている方、すみません。

さて。
今年のボジョレーヌーボーは出来がよく
過去最高の輸入高だとか。
ここ数年ずっとそんなことを聞いている気がします。

しかも日本人のワインの飲酒量の半分は
このヌーボーで消費されているとのこと。

うーん。残念ですね。
ヌーボーよりも面白いワインを飲んでないなんて

なんていうと。うちとこの旦那などは
「あれはお祭りなんだから」

つまり、イベントなので味は2の次かいっ!と突っ込みを入れたくなってしまいます。

ま。普段カスクワインばかり飲んでる私が
そんなことを言うのも変かもしれません。

なにしろ、デイリーにがばがば飲んでますので
大量に仕入れてないと持たないんですよね。
寂しい懐には、この大容量ワインは強い見方でございます。
ごみの処分も楽だし。

ところで、このカスクワイン(箱入りワイン)

なかなか自分の気に入るものが売っていなく、
ようやく見つけたサンクレマンを買いに行っていたお店は
引越しのため遠くなり、
私の毎食・・いやいや食事の、、でなく、夕食のテーブルワインは
今後どうなるのか、と危ぶんでいたところ、

なんと、最近次々といろんな銘柄を眼にするようになりました。

もしや!ワインブーム、再び?
しかも消費者の見方、テーブルワインで?

日本の食卓でもビールと同じくらい気軽に
ワインを飲めるときが来るのでしょうか??

ぉぉお!

今までいろんなところでカスクワインを
友人達に宣伝してきた甲斐があるというものです。

ということで、

次回は
結構イケたカスクワインをレポートしますね。
(・・・・多分)
[PR]
by Laurus-nobilis | 2005-11-24 22:14 | 呑んべ道楽

 シンプルに 丁寧に 沁み滋味と豊かに そして何より真っ当に。


by カイエ
プロフィールを見る
画像一覧