<   2005年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

豆乳雑炊

a0048852_14561027.jpg自家製豆乳は日持ちをしない。

なので余ると一人で済ますお昼ごはんによく作る。
くりーみぃだけど牛乳やクリームを使うのとは違い、
くどさは無い。
一膳分の冷ご飯でおなかいっぱいになるので
ダイエッターにもお勧めしたい。

豆乳スープをベースとし
冷蔵庫の半端ものを入れる。
豆乳鍋に合うものはすべて合う。
(キノコ類・菜っ葉類・根菜類・鶏肉・豚薄切り肉・魚介類・こんにゃく・練り物類)
あまった金平を入れても味わいがある。

○豆乳スープベース○
*材料*
 豆乳・・・・・・・・一人用土鍋に半分
 白だし・・・・・・・大さじ2
 昆布茶・・・・・・小さじ1 
 白麹味噌・・・・大さじ2
  味醂・・・・・・・お好みで調整


*作り方*
  材料を鍋に入れ、沸騰しないように煮立たせる。

○雑炊○
*材料*
 豆乳スープベース・・・上記
 冷ご飯・・・・・・・一膳
 冷蔵庫のあまり野菜・肉類 少々

*作り方*
 ①豆乳スープに刻んだ野菜・肉類をいれ、中火でことこと炊く。
 ②ご飯をいれ、焦げないように混ぜて鍋のふちがふつふつしてくるまで煮込む。


a0048852_1456383.jpg
ちなみに今日のはエリンギと青梗菜と
あまりものの豆の煮物

実はお箸で食べるのが好き。
[PR]
by Laurus-nobilis | 2005-10-31 14:59 | 料理

まる銀ラーメン**愛知県岡崎市**

a0048852_9181592.jpg打率0割。

なんて思うほど、
この店に行こうとするときはタイミング悪く
定休日ばかり。

日曜ならやってるだろう、ということで
昨日「晴レル屋」に行ったばかりだというのに
食べに行った。

混在したの焼肉屋の前を通り向けると店の入り口がある。
赤の暖簾のかかった
ガラスとアルミの引き戸にはぺたぺたと張り紙がしてある。
その中に「お子様はお断り」といった
入場制限の紙もあった。

オトナの店、ってことなんでしょうか。

中に入るとこちらもカウンターのみ。
満席に近かったが
回転が早く、待たずに席につけた。

券売機のよこに「きざみめし」(←名前はちょっとあやふや)を
再開した、と書いてあるので
それも注文した。

着席するとすぐ丼受けのステンレス皿と蓮華がカウンターの上におかれた。
厨房の中で2人が寡黙に仕事をこなしている。
なんとなく、頑固な職人の雰囲気(若いんだけど・・・)

私は「塩」を注文し
まず、スープ。

・・・スガキヤ??

スガキヤってのは名古屋で有名な
とんこつ味のラーメンチェーンだが。

首を傾げつつ、2口目。
あれ、奥行きがぜんぜん違う。
3口目になるとこの店の味がしっかり伝わってくる。

ふむ。さすがに「岡崎といえばまる銀」と
言われているだけはある。
麺は細めん。弱ストレートによくツユが絡む。

そこまで堪能してから
だーの注文した醤油を味見。

甘い。

野菜や果物系の甘み。
こっちもいいかもしれない。

やがて出てきたきざみメシ。
チャーシューとネギを刻んで味付けしたものが
ご飯の上に乗っている。
ごま油の香りと香り醤油(ポン酢?林檎のようなさわやかな香りもある)を
混ぜながら食べると、
それだけでご飯がすすみそう。

カウンターの中では
私達と違う小ぶりの丼が登場していた。
たっぷりの刻みネギとひき肉を入れていた。
台湾ラーメンらしい。

次回はそれにしようかな。
[PR]
by Laurus-nobilis | 2005-10-30 08:47 | 麺麺道楽

晴レル屋**愛知県大府市**

a0048852_11455833.jpg155号線沿いにあるこのお店に来たのは初めて。
以前、前を通った時、
駐車待ちの車がいるほど混んでたので
次回ラーメンを食べるときはここと決めた。

ありがたいことに
今はどんなラーメンなのかを調べていけるので
店に向かいながら
何を食べるかをダーと相談する。

「俺、つけ麺」
「私、赤ね」
「え?白がいい」

ん?

「なんで?前私は赤だって言ってたジャン
(↑辛党)」
「俺がつけ麺にしたから、もうひとつは白がいい」

しょうがないなぁ。

私達はたいてい違うものを頼んで味見をしあう。
「2人だと2種類いっぺんに食べれていいね」と
ヤツはうれしそう。

さて。
お店に入ると、すでに2人待ち。
カウンターだけの木造り壁のお店。
券売機で餃子も買って雑誌を広げつつ待つ。
雑誌はちょうど発売されたばかりの
cheekラーメン特集号。
ここは行った、あそこに行きたい等など
にぎやかしく待ちながら
出された品をデジカメでぱちり。
(旅行から帰ってから持ち歩くようになってしまった)

あれ、。。
なんだか、店員さんのチェックが入ったような。。。。

まず、来たのは餃子。
パリっとした皮に焼きあがって
かじると中からじゅわ~と肉汁が出てきます。
お肉たっぷり系の餃子ですな。
うまいです。

そして次に私の頼んだ「白の麺」。
ふわん、と立ち上る鰹の香りが一番主張している。
なのにとんこつスープでとろみもしっかりある。
けっこう、面白い。
チャーシューは一度バーナーで焼いてトッピングされるので
香ばしさもただよう。
シナチクも太くてコリコリ。これはシナチク好きな私はうれしい♪
ストレート細麺は実はあまり好きなほうでないけど
ここのはいい感じです。

だーのほうの「つけ麺全部のせ」は
時間がかかるのか、
まっている間に横から結構食べられてしまった(**)

そして登場。「つけ麺全部のせ」
甘酢をほんのり効かせたスープに太縮れ麺をつけて食べる。
なんとも、これも不思議な旨さ。
後味すっきり☆(でも豚骨)

そして「つけ麺」を頼むともうひとつのお楽しみ。
麺を食べきったら、後のスープを雑炊にしてくれるのだ!(別料金)
まるで鍋のあとの雑炊の感覚で
おなかいっぱいでもするすると入ってしまいます。

ご馳走さまでした、と席を立つと、
お店の人がカウンターから身を乗り出し、
にこにこ元気に
「ありがとうございました~!また是非お越しください!!どうも~!!!」と
見送ってくれました。


*************************

「ねぇ。。私達、なんか勘違いされてない?」
帰りの車の中、感想を交換しあう私達。
「だから、デジカメは大げさだって。
なんかの関係者と思われたぞ、きっと。
俺らの前に帰ったお客にはあれほど熱烈にお礼を言ってなかったしな」
「だ、よ、ねぇ。。。うちら、一般人だよねぇ」

ちなみに、味の感想は
だーが「白の麺」私は「つけ麺」が気に入りました。

次回は「赤の麺」食べるぞ~!
[PR]
by Laurus-nobilis | 2005-10-29 11:41 | 麺麺道楽

玉響**愛知県刈谷市**

a0048852_2053930.jpg
だーが携帯のカメラを向ける。

ご店主、それを見て。
「ありがとうございます」

・・・・え?



ラーメン屋で写真をとるのは
だーの趣味ですが。

お礼を言われたのは初めてです。
なんとなく、話をつづけると、
私達の近場の気に入りラーメン屋のご店主も
食べにきたことがあるそうな。


ところは愛知県刈谷市。
とってもおいしいと評判のラーメン屋さん。
大通りを一本中に入り、民家が連なる中に
ようやく見つけたこのお店。
古都のような佇まいのアプローチを抜けて
昭和に立てられた民家の
濡れ縁に続く水屋と床の間を改装したような。
全体を竹で装飾し、
床柱の横で麺を茹で、カウンターから麺を出す。

サービスのお水は小さいカラフェに炭を入れ
カフェのようなグラスとともに。

メニューは「竹燻製麺」(塩スープ)
とカレーラーメン
トッピングをいろいろ選べる。

だーはチャーシュー
私は味卵

トッピングは別皿。
卵は2種類盛り(片方は名古屋コーチンだとか)

まず、トッピングが出された後に
ラーメンが出てくる。
すると、その人をみて器を選ぶ、喫茶店のように、
どんぶりの絵柄が違ってた。
これがまた、どっしりしていて、
いい感じです。

みると、花あられが散らしてある。
ますます、古都っぽい。
立ち上る湯気の香りはほのかに竹をいぶした香り。
(これはチャーシューらしい)

なんとなく、まず、スープ。
わたし好みの縮れ麺。
塩のくせにちょっとまったりとしたスープがよく絡み、
あっという間にスープまで飲み干してしまいました。

私にとってのうまいラーメンの条件

「薬味を入れる余裕もないほど集中して
スープまで飲み干してしまうこと」

ここは久々のヒットでございました。

(でも食べつくしてから気づいた薬味
「にんにくネギ」※おそらく自家製興味ありすぎる~(><))
[PR]
by Laurus-nobilis | 2005-10-27 20:48 | 麺麺道楽

チキンレモンのディル添え

《チキンレモン》

a0048852_1216878.jpg


○材料○
  もも肉    1枚
  えりんぎ   4-5本
  レモン    1/2個
  にんにく   1/2片
  岩塩     小さじ1
  ディル    適量

○手順○

a0048852_12204131.jpg


 ①スライスしたレモンと刻んだにんにく・岩塩をボールに入れ、
   しっかり混ぜ合わせる

 ②①ともも肉とエリンギをいれしっかりもみ、30-60分置く(ビニール袋つかうと便利♪)
   
 ③フライパンで皮のほうから焼く。

 ④出来上がりを切り、ディルを散らす。


感想;レモンは1個使ってもよいかも。にんにくはもう少しでいいなー。
    60点ってとこ。
 
[PR]
by Laurus-nobilis | 2005-10-26 12:24 | 料理

私、というヤツ


○ハンドルネーム・・カイエ(大貫妙子さんのアルバム名からつけました)

○生息地・・・・・・・・・愛知県名古屋市に生まれる
             多分、一生愛知県人

○現在状況・・・・・・・捨て猫が家猫になって戸惑ってる気分。

○好きなもの・・・・・・シンプルで粋な心やすらぐもの。
             料理とハーブと酒と本

○お菓子・・・・・・・・・酒を多飲するようになり、ほとんど食べなくなった。
             でもチョコは常備している。

○ラーメン・・・・・・・・「週一」にしようね!とだーと決め合うくらい好き。
             (だって太るから。。。。)

○嗜好・・・・・・・・・・・無化学調味料派。野菜多し。魚介多少。肉少なめ。

○外国食材・・・・・・・目がない(@@)
            
[PR]
by Laurus-nobilis | 2005-10-25 20:29

旅行前夜

2005年5月に入籍した私たち。

じつは式をしてません。

レストランウェディングにしようか。
海外ウェディングにしようか。

そんなことを話しているうちに、
引越しやお盆がかさなり、
すっかり私の中で、
「ハネムーン」という言葉は消え去っておりました。

そんな、ある日。
だーが突然、のたまいました。

「スペインへ行こう!」

は?
何しに?

「新婚旅行だよ!」

・・・・・・・・え?行くの???

*************************


だーはグアムとか、ハワイ派なのです。
私はヨーロッパ好き。

なかなか旅行先が定まらなかったのは
そんな理由もある。

しかもだーはすぐ乗り物酔いをするので
「ヨーロッパだと10時間以上飛行機に乗らなくちゃいけない」
ってのは、
そうとうな苦痛らしい。

なのに、スペイン。

たぶん、ヨーロッパで興味のあるところを一生懸命考えたんでしょう。

そうして思い浮かんだのが。

「ガウディの建築物(特にサクラダ・ファミリア教会」

建築を勉強していたらしいので
一度はみたかったのだとか。

さて。
スペインなら。
私もガウディは見たいし、アルハンブラも、トレドにもいってみたい。

けれど何より、
フラメンコ!
本場のフラメンコを一度は見てみたかったのです。
特に男性ソロを!


・・・・・・・・・・そうして。

夜勤明けのだーと
旅行支度で寝不足の私は
セントレアから飛び立ちました。

a0048852_18124377.jpg


雲の上
明けかけた空は綺麗な青の色
見下ろす景色は
はや異国の海

目指すは情熱の国、
「Spain」
[PR]
by Laurus-nobilis | 2005-10-25 18:13 | スペイン旅行記

ディルの新芽

a0048852_0411845.jpg


ディルの新芽。

今年は春からこの苗を探してた。

晩夏にようやく苗と種をみつけた。

種をまいたら

にょきにょきと芽がでてきた。

間引きした、この新芽

明日のサラダにしようかな。

とすると、サーモンがやっぱり必須??

それか、とりの胸肉をレモンでさっぱり焼いて、

オリーブオイルと共にってのもいいかもしれない。
[PR]
by Laurus-nobilis | 2005-10-25 00:46 | herb

旅より帰り、ブログをはじめる。

ども、はじめまして。
カイエといいます。

ブログやってみたい。。。と思いつつも、
右も左もわからずにいたのですが
もともとマニュアル読まないヤツでして。
色々調べてから。。。なんて
やってたら永遠にスタートできない。

なので、行き当たりばったりで
はじめてしまいました。

ちょうどスペインの旅行から帰ってきまして、
記憶の衰える前に
記録しておきたいなぁ、、などと思ったのです。

楽しかった観光・ご飯・買い物。
そして出会った人々。

そして私の料理やはーばるライフなどなど、
ちまちまと書いていきたいと思います♪

どぞ、よしなに♪
[PR]
by Laurus-nobilis | 2005-10-22 22:36

 シンプルに 丁寧に 沁み滋味と豊かに そして何より真っ当に。


by カイエ
プロフィールを見る
画像一覧