<   2005年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

我が家のコブサラダ

「コブサラダ」でも昆布は入ってない。
a0048852_23452299.jpg

「Hard rock CAFE」に行きたいと友人が言った。

ご存知、アメリカの家庭料理を提供しているロックカフェなのだが
一度いってボリュームにまけた私は付き合ったものの、しぶしぶ。
「あそこのコブサラダがおいしいのよ。でも昆布は入ってないからね」

で、初めてごたいめーん。
こ、このボリュームはいったい。。。
山盛りのレタスの上にこれでもか、というくらいダイストマト、チキン、きゅうり、チーズ、たまねぎ、アボカドなどなどが山盛りになっている。
ドレッシングも2種類選べるので「ハニーマスタード」と「ブルーチーズ」をチョイス。
ハニーマスタードが、これまたツボ入りでした。

「コブサラダ」日本人には疑問を持って迎えられるこのサラダ名。
ルーツを探ってみると、
アメリカのコックさんがサラダだけでが満腹になるように考案したのだとか。
そしてそのコックさんの「コブ」というお名前から、そんなサラダ名になったんだそうです。
まるで「早矢仕ライス」ですねぇ。

だーの仲間うちパーティで、まねして出したら
とっても気に入ったようで。
特に「ハニーマスタードソース」はたまにリクエストがきます。

作り方は簡単。
マヨネーズとマスタード、蜂蜜とワインビネガーを混ぜて塩で味を整えるだけ。
配分はいつもテキトーです。
マスタードは和からしの時もあれば「マイユ」のときもある。(粒マスタードはむきません)

主役のサラダのほうはあるもの野菜。
湯で野菜入れるときもあればシーチキンだったり、ハムだったり。
レタスやベビーリーフの上にダイスした具をそれぞれに盛って。

いつも食べきってしまいます。
写真はレタスとベビーリーフ。トッピングにトマト・アボカド・自家製スモークチキン
[PR]
by Laurus-nobilis | 2005-11-27 00:04 | 料理

カスクワイン①~SAINT-CLEMENT~

南仏のVin De Pays 「SAINT-CLEMENT」
a0048852_14302345.jpg

私のワイン紹介をご覧なるにあたり、
最初に「お断り」を少々。

私はワイン好きではありますが
銘柄を覚えないやつです。
しかも知識はすべて聞きかじりです。
ただ数年毎日飲んでいるおかげで
産地・葡萄品種がおぼろげにわかるようになった、という程度です。
なので、高くてうなるようなものより、
リーズナブルで気軽にくいくい(がばがば)飲めちゃう方をよく飲んでます。
ただし「まずいのは好きでない」です。
いかに安く、お値段よりもお得感のあるワイン。
そういったワインを探すのが好きです。

さて、今回のご紹介ワイン。
「SAINT-CLEMENT」はそういった私のハートをがっちりと掴み、
もう7-8年間、私のテーブルワインの存在でありました。

More
[PR]
by Laurus-nobilis | 2005-11-26 14:28 | 呑んべ道楽

こんな時季ですが、カスクワインのこと

ボジョレーヌーボーで、街中賑わってますね~。

お久しぶりです。
最近PCにはずっと張りついていたのですが
日記を更新する余裕がなく、滞ってました^^;
見に来ていただいている方、すみません。

さて。
今年のボジョレーヌーボーは出来がよく
過去最高の輸入高だとか。
ここ数年ずっとそんなことを聞いている気がします。

しかも日本人のワインの飲酒量の半分は
このヌーボーで消費されているとのこと。

うーん。残念ですね。
ヌーボーよりも面白いワインを飲んでないなんて

なんていうと。うちとこの旦那などは
「あれはお祭りなんだから」

つまり、イベントなので味は2の次かいっ!と突っ込みを入れたくなってしまいます。

ま。普段カスクワインばかり飲んでる私が
そんなことを言うのも変かもしれません。

なにしろ、デイリーにがばがば飲んでますので
大量に仕入れてないと持たないんですよね。
寂しい懐には、この大容量ワインは強い見方でございます。
ごみの処分も楽だし。

ところで、このカスクワイン(箱入りワイン)

なかなか自分の気に入るものが売っていなく、
ようやく見つけたサンクレマンを買いに行っていたお店は
引越しのため遠くなり、
私の毎食・・いやいや食事の、、でなく、夕食のテーブルワインは
今後どうなるのか、と危ぶんでいたところ、

なんと、最近次々といろんな銘柄を眼にするようになりました。

もしや!ワインブーム、再び?
しかも消費者の見方、テーブルワインで?

日本の食卓でもビールと同じくらい気軽に
ワインを飲めるときが来るのでしょうか??

ぉぉお!

今までいろんなところでカスクワインを
友人達に宣伝してきた甲斐があるというものです。

ということで、

次回は
結構イケたカスクワインをレポートしますね。
(・・・・多分)
[PR]
by Laurus-nobilis | 2005-11-24 22:14 | 呑んべ道楽

ご紹介♪

先日からリンクさせていただいているブログを紹介します♪

salahiさんのつづるギリシャのごはん

その名の通り、
ギリシャから発信されてます。

ギリシャというと。
私などギリシャ・ローマ神話が大好きで、
神話の国、といったイメージなんですが、
食道楽に走った現在はオリーブと果実の国、といったイメージがあります。

ギリシャのごはんのみならず、
空や風景をたくさん紹介されているんですが。

ほんっとーーーーに、日本とは違いますね~。
行きたいなぁ。。

とっても研究熱心なsalahiさんは
サワークリームまで手作りされてしまうすごいお方です。

ちょっと、ギリシアまで
バーチャルトラベルを体験したい方は
是非一度ご訪問くださいませ♪
[PR]
by Laurus-nobilis | 2005-11-18 19:27

和のパスタ

醤油とパスタの相性
a0048852_1356339.jpg

明太子スパや梅スパに代表されてるように
和風のものとパスタって、合うんですよね♪

しらすも合うんですよ。
私のよくやるパターンはそれと香味野菜をあわせます。
水菜・壬生菜・春菊
今日はセロリを使いました。
また大根の皮を千切りにして塩を軽く振っておいたのも入れて
アリオリで醤油と味醂で味付けました。
ここまでやるなら、とゴマも入れて。

ゴマ香ばしく、大根とセロリのしゃきしゃき感がおいしい♪

大根、ホントは絞って醤油かけて漬物でいただこうと思っていたのですが、
パスタも捨てがたいもんです。

そういえば以前、しぐれ煮でパスタ作ってたお店もあったなぁ。
(バターベースだったような)

今度は白菜や芝漬け漬物でパスタ作ってみようかしら。
[PR]
by Laurus-nobilis | 2005-11-17 14:06 | 料理

**工房 加藤らーめん**愛知県岡崎市

a0048852_1239337.jpg「新しいラーメン屋ができたぞ」とだーが報告してきたのは1ヶ月ほど前になる。
情報がいまいち足りなかったのだけど、
北海道ラーメンというので興味を持っていってみた。
テナントビルの中にあるこの店は、ちょっと通りから見つけにくい位置。
店の外には待合用か?ガーデンベンチと灰皿がおいてある。
「旭川らーめん」と店名の上に書いてある赤暖簾をくぐって店に入ると、木彫りの熊が右の方でお出迎えしてくれた。
テーブル席もあって、広い。
壁に大きな垂れ紙がかけてあり、太い筆で「東海初出店」とか「加藤兄弟」とか書いてある。
普通のラーメン屋にちょっと和のコンセプトを加えてみた、というインテリアでしょうか。
それにしては照明が明るすぎるかも。

私は熟成味噌(下)を頼み、だーは醤油野菜チャーシュー麺(上)。
色は味噌のほうがわずかに濃い。麺の色はちょっと黒ずんだ卵色。
店に入るととんこつ系の香りがしたが
味はそんなにとんこつが主張していない。
味噌のほうが熟したコクがあり、醤油は味噌と比べてすっきりとしたコクがある。
たっぷりとモヤシが入っている中にちらちらとたまねぎとひき肉の姿がある。
そうか。野菜炒めをラーメンスープにいれたら、こういった旨みが出るのかも。
チャーシューは油部分が少なく、
最近脂身離れしようとしている私にはよかった。

ところでだーの醤油は「野菜」が多いはずだけど、、と思ったら、
トッピングのモヤシ・たまねぎがたくさん入っているようです。

だーは味噌・私は醤油が気に入りました。
名古屋で最近はやっているラーメンとは違う味で
これはこれでおいしい。
スープまで飲み干しました♪

ちなみにこのお店のお勧めは醤油だそうです。
予約で受けているらしい、ジンギスカンも興味ある・・・

食べ終わる直前に、
新たなお客様がいらっしゃいました。
お一人、車椅子で。
それまで気にしてなかったのですが、
店を入るとすぐ、1段上がっています。
店のご主人と私達が手伝って車椅子を引きあげました。

余計なお世話ですが
ご主人。お店、バリアフリーしましょう☆
[PR]
by Laurus-nobilis | 2005-11-17 12:36 | 麺麺道楽

巡りあえない秋刀魚と私

今年は秋刀魚と出会えない
a0048852_2354592.jpg

秋刀魚が食べたかった。
ほら。塩を振って、皮をパリパリに香ばしく、
箸をいれると、中からじゅわっと汁がでて。
大根おろしと、柚子絞って。

・・・・・いいねぇ・・・。

妄想しながらお財布持ってお店に。
すると「秋刀魚78円」の文字が。

しかし。。
売り切れておりました。。。

あうううう。。
いつもなら100円で閉店近くにいってもあるのに!
100円でいいから、GETしたかった。
あおぉ~ん(;△;)

この秋、2度目ですよ。
この秋食べたくなったのは2度。
どっちとも、GETできないんです。なぜか。

しかもこんな時ってのは他にメニューが思い浮かばないというか、
他のもの作る気になれないんですよね・・・

しょうがない。
引っ張り出しました。冷蔵庫から。「秋刀魚の味噌漬け」

シーズン終わったときのためのとっておきを・・・

まぁ。手間はかからない代物なので。
秋刀魚に今度であったら、また仕込んでおくとしましょう。
これはこれで、お味噌が香ばしくっていい感じです。

そのほかに大根を千切りにして、
若布と合え花かつおをたっぷりかけ、ポン酢でいただいたサラダ

なめことえのきと三つ葉で作ったなめたけを
たっぷりのせた冷奴
a0048852_0334423.jpg煮味噌風の惣菜。
このお惣菜はうちの地方の郷土料理
「煮味噌」の調理法をアレンジして作りました。
野菜のうまみとお出汁とお味噌を使います。
今回は豆乳も利用してクリーミィに仕上げました。
ごまもたっぷり入れたら、まるでお気に入りのゴマだれのようで、
だーの気に入る料理となりました。
苦手のハヤト瓜もいれたのに(^^)

好き嫌いっていうのは
調理次第である程度のものは克服できるようです。

やはり、料理って面白い。
[PR]
by Laurus-nobilis | 2005-11-17 00:21 | 料理

豆乳入り煮味噌

「煮味噌」というのは愛知・岡崎の郷土料理だそうです。

『どこや、そこ?』と思われる方いらっしゃいますね、きっと。
ある有名人の出身地でございます。

はい。
かの、徳川家康の。

知らない方はいませんね。
名古屋出身の私は「名古屋まつり」で
郷土三英傑といってコスプレして街を練り歩いているのを
見に行ってたりしていたので
なじみ深いお方でございます。
ちなみに主役の信長・秀吉・家康に扮されるのは著名な方々、
奥方役は3Mと呼ばれるデパートにお勤めする美女から選ばれておりました。
(今はどうか知りませんが)

この岡崎市。
今度のNHKの朝ドラで舞台になるとかで、ちょっとは知名度が上がると思われます。
しかも、八丁味噌の蔵で起こるドラマだそうです。

八丁味噌。
どんなお味噌かといいますと、大豆100%で作るので
出来上がりの色はすごく濃く、
知り合いなど「あれは赤味噌でなくて黒味噌だ」とのたまっておりました。

それを使って作るのが「煮味噌」といわれる料理。
根菜やら葉っぱものやらを鍋で蒸し焼きのようにして
出汁とお味噌で味付けます。

「お舅さんに作ってあげると、喜びますよ」と
嫁入り先の岡崎で落ち込んでいた私に、
料理を通じて知り合った方が教えてくださいました。
ためしに作ってみると、
だーはとても気に入って、「また作って♪」とリクエストまでされました。
もうすぐ、同居が始まったら、
舅姑にまず作ってあげましょう。

さて、先日作ったのはそれをアレンジしたもの。
お味噌も米味噌を使ったので
郷土料理とはずいぶんかけ離れてしまいましたが
これも「また食べたい」とリクエストをされましたので
覚書を少々。

a0048852_11391344.jpg油揚げ1枚1-2mmくらいにスライス・牛蒡は1/2本ささがき・ハヤト瓜1/2個は千切り

テフロン加工のフライパンで油揚げを乾煎りし、牛蒡・ハヤト瓜を加えてしんなりするまで乾煎りする。白だし(一振り)と米味噌(大さじ1くらい)を加え、豆乳を伸ばすように少しづつ加えて弱火で焦げないように煮詰める。最後にゴマをたっぷりかけて混ぜる。
甘みがほしい人は味醂を加えてもいいと思います。

豆乳のおかげでクリーミィに仕上がります。
[PR]
by Laurus-nobilis | 2005-11-16 10:43 | 料理

素敵なブログに出会えました♪

netサーフィンしてたら
とっても素敵なブログに出会えました。

sesentaさん(旦那さま)とcincoさん(奥さま)のご夫婦ブログ。
ばーさんがじーさんに作る食卓

まず、素敵なお料理写真に眼を奪われてしまいます。
軽妙な語り口でつづられる、お料理や落語は毎度毎度関心させられております。
そしてなんとお二人は70歳を目前にされているお年ということですが、
タイトルはジョークじゃないの?というくらい
若々しさに溢れています。
自分が70になったと時、お二人のようになれてたら、いいな。
などといつもだーに呟いております。

この度、リンクを快く了承いただきました♪


*************************************
さて、もうお一方。

hiro235さんの海の青と空の青-ushibuka-
カフェやレストランで出てきそうなお料理がいっぱい!
おなかが満腹になっているときでも
このお料理ならぱくぱく食べれちゃいそうなくらいです。
太刀魚まで卸してしまえる腕をお持ちのhiro235さん。
OTTOさんはこんなすばらしいお料理をいつも食べれて幸せものですネ♪


この度、リンクを快く了承いただきました♪


お二方とも今後ともよろしくお願いいたします(^-^)/
[PR]
by Laurus-nobilis | 2005-11-16 10:07

手抜き料理とおからふりかけ

なんとなく料理に気合の入らなかった食膳はこんな風。
a0048852_11252472.jpg

シャトルシェフで熟成してる角煮のお鍋に下ごしらえをした大根・こんにゃくを放り込み
1時間ほど炊いて、おでん風。
色が足りないのでほうれん草を角煮たれでさっと茹でて、トッピング。

お肉がごろんと入っているので
手間をかけたように見えてしまいます(^^)

あとはクッキングシートに先にレンジでチンしたおジャガと
えのきだけ・三つ葉・油揚げをざくざく刻んでお味噌で味付け
クッキングシートに包んで500wで3分(インスタントらーめんか?)

a0048852_11341661.jpgそろそろ、調理したいおからがあったので
しいたけの軸を刻んで
フライパンで炒って炒って炒って
溶き卵と出汁・醤油で絡めてまた炒る。
ま。こんな感じで

おからは豆乳を作ると自動でできてしまう。
親戚のお豆腐やさんの「豆腐と同じだけおからができる」の言葉は
ほんと、間違いないです。

家庭で作るとどうしても青臭さい。
その原因は豆の皮にあるらしいけど、
専用の豆乳メーカーは買う気もないし、
一個ずつ剥くのは面倒なので
結局そのまま豆をブレンダーで砕いて絞っている。
いい方法はないものかしらね~。

さて、話は変わりますが
elaathenaさんのブログ芦毛牝馬の馬耳東風にリンクさせていただくことに
なりました♪
ラーメン・ワインのほか色々な話題が豊富に展開されている楽しいブログでございます♪
ぜひ、一度足をお運びくださいませ♪
[PR]
by Laurus-nobilis | 2005-11-15 11:50 | 料理

 シンプルに 丁寧に 沁み滋味と豊かに そして何より真っ当に。


by カイエ
プロフィールを見る
画像一覧