<   2006年 01月 ( 39 )   > この月の画像一覧

下呂で出逢ったもの

それは梟の絵柄のちゃんちゃんこを着たさるぼぼ♪
a0048852_11325543.jpg
せっかくだからバースデープレゼントにもらった梟のぬいぐるみと一緒にパチリ★

**・・・***・・・***・・・***・・・***・・・***・・・***・・・***・・・***・・・***・・・***・・・***・・・**
下呂、行ってきました。
舅・姑夫婦が結婚40年のルビー婚というので。
義姉夫婦と計6人の小旅行。
あたらしい高速道路のおかげで2時間半でらくらく到着。
実は前日2人にプレゼントを買いに土岐プレミアムアウトレットへ行ったので
連日同じ道を走ってたのだが。
(え?アウトレットでプレゼント買うなって?)
紅葉も桜もないこの時季は、どちらかというと閑散としていて
帰りに寄った「道の駅」というドライブインは日曜の昼というのに屋台系はしまっていたり。。。


人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログへ

続く
[PR]
by Laurus-nobilis | 2006-01-31 14:13 | 食いしんぼ道楽

蓮根チップスサラダと謎の刺身

なんだか日曜の気がしてたのですけど、月曜だったのよね。。。。
a0048852_0434978.jpg
旦那が休みを取っていて朝からのんびり。そのせいか日曜の気分で過ごしていました。
昼寝もたっぷりしてしまって、夕飯どうしよう。。と思っていたら救世主登場。
親戚が「実家からのおすそ分け」といって海産物を届けてくれました。
酢の物用のいわしやアジ。謎の魚の身。とても新鮮だということ。

アジは塩焼きがいいかな~。。と思いつつ、
背開きは美味く出来る自信ないし、15cmくらいの中ぶりだったので
から揚げにしちゃいました。
そしたらやっぱり新鮮なだけにカリっと揚がったので一人2尾は多いかな~、と思ってたのに、
皆ぺろり。

お皿が綺麗になくなるって、料理人冥利につきますね~♪
で、どうせ揚げ物油を使うなら。。と蓮根をチップスにしてしまいました。
どう使うかなー。。。と揚げてから考えて(こらこら)サラダにすることに。

トマトをテキトーにダイスしてベビーリーフと混ぜ、その上にたっぷりチップス。
カリカリっとした食感が「スナックみたい」というので
これからポテチの変わりに蓮根を揚げてあげようかしら(笑

そうそう、うちの姑。
彼女の中で「サラダ」というのは「ポテトサラダ」か「マカロニサラダ」に限るそうです。
一度キャベツサラダをお店で出されたとき
「サラダって言ってきたけど、ただの野菜!」といいながらお皿をまわしてました。
これも「ただのトマトじゃないかー」と思われてたでしょうか(^^;

今晩の食卓で、もう一つ話題をさらったのはこの謎の魚の刺身。
a0048852_0574154.jpg

手で裂いて醤油をつけて食べて。
という伝言がありました。

手で裂く・・・??
と試しにやってみると、ホントー~に、裂けるんです。
食べてみると結構こりこりしていて、まったりと油ののった味。
深海魚だと思うんですが。。。いったい何の魚なのでしょう??
見たとき、アンコウだと思ったのよね。。。

人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
by Laurus-nobilis | 2006-01-31 01:03 | 料理

メカおんちのメモ欄増設

マニュアル見ないヤツです>私。

なのでせっかく買ってもらったガスレンジオーブンも「コンビ」の使い方が未だに良くわかっていない。おかげでパエリアを失敗させてしまった・・・
(しかも新居お披露目のパーティのとき・・・)

例えばビデオやTVの設定。
以前は設定もちゃんとしたと思うのだけど、引越しのたびに設定するのがめんどくさくて
「うつればいいや~」となってきて
業者がチャンネル設定はして、時刻は合ってなくてもそのまま放置。
(あ、今は旦那が設定してます)

パソコン操作は仕事してた時必需品だったため
ウィンドウズを覚えはしたが、ソフト操作のみ。
パソコン用語はちんぷんかんぷん。

今はブログを立ち上げても、それぞれのフォーマットを選択するだけで
それなりのものが出来上がってしまうので、便利。

なのに。

ど~しても作りたかったのですよ。メモ欄。続く
[PR]
by Laurus-nobilis | 2006-01-26 09:43

カスクワイン②~リープフラウミルヒ~

《聖母の乳》ドイツワイン
a0048852_165974.jpg
「せいぼのちち」とパソコンで漢字変換したら「歳暮の父」となりました(笑
ガラガラとイメージが崩れますね。

日本でワインを初めて飲むというと
ドイツワインの白がまず勧められるんではないでしょうか。
しかも「リープフラウミルヒ」か「シュワルカッツ」「ピースポータ」あたり。
アルコール度数も低いし、甘めだし、ジュースのようにかぷかぷ飲んでしまうので
キケンです。
ソーダとオレンジジュースで割ってクラッシュアイスに注げば立派なカクテルに(邪道)

さて。それほど日本人になじみ深いドイツワインですが
お値打ちカスクワインではなかなか売っていません。
ところが!

岡崎に引っ越して酒屋を巡っているうちに、見つけたんですよ、これ!
きっかけはいつもの「サンクレマン」を探していて輸入元に販売店を問い合わせしたのです。
そこで唯一常時扱っているよしのやさんという酒屋さんにあるとのこと。
カスクワインが手に入らなくって憔悴していた私をみかね、旦那が連れいていってくれました。
そこで目を引いたのは、これ!

普段、赤ワイン派なのですが、白も口当たりがいいので良く飲みます。
それに私以外はドイツの白が好みですので
「旦那用」といって買うようになりました。
味はまぁ、軽めのリースリングの白、といったところです。

3㍑入って、3150円。

お店の方は「安いですよね~、箱買いの方がほとんどなんですよ」とおっしゃいますが。
定価より値引いてくれると嬉しいんだけどなぁ。

ところでキリスト教圏って「ラ・クリマクリスト」とかキリスト教の聖職者の名前をワインに良くつけますね。やはり「ワインはキリストの血」だからなのかしら。


人気blogランキングへ

にほんブログ村 酒ブログへ

そういえば
[PR]
by Laurus-nobilis | 2006-01-25 16:31 | 呑んべ道楽

ネギと人参のかき揚

楽子さんがネギ不得意、って話を聞いて作ってみた。
a0048852_8511651.jpg

人参は千切り、ネギは細長く割いて冷水に浸し、白髪ネギに。
量は1:1
片栗粉をまぶし、「ネチョ」と張り付くくらいの水を入れてつなぎ
フライ返しを使って固めつつ油で揚げる。

食感は「さくさく」というより「カリカリ」
ネギのにゅるん、というのはまったくなかったのだけど、
どうかしらん?

あ、ちなみに後ろのにょろにょろはネギのひげ根の素揚げです。
cincoさんの真似っこ。この香りは色々楽しめそう♪

人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
by Laurus-nobilis | 2006-01-24 08:58 | 料理

押し麦とネギのシンプルリゾット

基本の材料は押し麦とネギ
a0048852_8232387.jpg


リゾットには押し麦をよく使います。炊くとぱらぱらしてしまう特色がリゾットにはばっちりの相性。たまねぎでなく葱を使い、さっぱりと仕上げます。季節の野菜をいれればヴァリエーション豊かに展開できます。 (これ作ったの夏だったので、ナス使ってます)

《材料》1人前
押し麦・・・100cc 葱 ・・・ 30cm なす・・・小1個
干ししいたけ(もしくは好きなキノコ)・・・1個 ロースハム・・・1枚
塩・・・ 一つまみ にんにく・・・小1個 ローズマリー・・・1枝
顆粒スープ・・・小さじ1 オリーブオイル・・・ 大さじ1
チャイブもしくはパセリ ・・・ 少々

《作り方》
①ナスは皮をむいて水に漬けておく。しいたけはぬるま湯で戻す。
②ナス・ネギ・ハム・しいたけはすべて5mmくらいのみじん切りにする。
③熱したフライパンにオリーブオイルをひき、
 包丁の腹でつぶした大蒜とローズマリーを炒めて香りを移し、取り出しておく。
④ネギを炒め、火が通ったらその他のナス・しいたけ・ハムを入れて炒め、塩を振る。
⑤④押し麦を入れて軽く炒める。顆粒スープをいれ水400ccを入れて中火で煮込む。
⑥途中アクが出たらすくい好みの硬さになるまで煮詰め、塩で味を調える。
⑦皿に盛り付け、刻んだチャイブ・パセリを散らす。

《メモ》
・麦は洗わないこと。盛り付けにドライトマトの千切りや
 摩り下ろしたパルメジャンチーズ・オリーブオイル・ブラックペッパーなど
 かけて食べてもgoodです。


人気blogランキングへ

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
by Laurus-nobilis | 2006-01-24 08:39 | 料理

味噌仕込み反省点・他

蓋の上にまな板とお鍋。
a0048852_00877.jpg
1週間たったら中をチェックし、水が上がって来てればOKとのことですが、その水ってそのままでいいんでしょうか??

さて、忘れないうちに反省点などつらつらと。

○2.5キロ豆を、甘く見るな。熟めよ増やせよ知に満ちよ。
 乾燥豆が4倍入る鍋で望め。

○豆は善き豆を使うべし。焦げ目に見える皮持つ豆は使うなかれ。
 焦げたと勘違いし、使えないと処分する恐れあり。
 先に選り分け、隔離すべし。

○煮豆の甘い香りに誘われるならば、少々多めに炊くが良し。
 生醤油かけて食べるが乙と、つまみ食いすると、味噌が減る。

○煮豆は根気と気合で望む。焦がさず、じっくりこつこつと。
  指腹で潰せるようなら、継ぎ足し煮汁もほぼ不要。
 (今回、入れてないし)

○豆潰しは人手を用意すべし。果てしなく遠い道のりには道連れを。
 飛び散らかるのは必至、敷物を最初から用意するか後で気合を入れて掃除をするか。
 好みよの。

○塩きりは麹-塩の順がよろしかろ。しかし乾燥麹ならばマスクも要と思われる。

○麹と豆を混ぜるには、どでかい容器と手袋と気合を準備。
 全身で取り掛かるがよろし。

○味噌だんご。グリップを鍛えてから望め。
 容器投入のためにはスナップと背筋とコントロールを鍛えよう。
 汚れ防止の新聞紙、部屋中に引くのが安全。

●来年は酒かすバージョンでカビ防止♪
 (この酒かすが鍋とかに使えるらしい~♪)


人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by Laurus-nobilis | 2006-01-24 00:33 | 味噌作り同好会

仕込みレポートです♪

夕飯はちゃんちゃん焼きとポテトサラダ。割とキレイだなー、この盛り付けだと。
a0048852_025014.jpg

いやいや。。。これはお味噌報告でした。
気を取り直しまして、と。


a0048852_0274767.jpg
夜寝る前にもう一度火にかけ、
今日の昼の1時ごろまで「布団製シャトルシェフ」状態にしていたお鍋。まだ温かかったです。もう一度、弱火にかけ、焦げないようにあっためました。

a0048852_0302578.jpg

a0048852_0313950.jpg
この間に焼酎消毒と「塩きり」・・・麹と塩を混ぜてます。
塩を先に入れ物に入れてしまったので麹の粉が舞う舞う。マスクが欲しい、と思いました。
旦那が「手伝おうか?」といってきたので「じゃ、お鍋が焦げないように見てて」とお願い。
そしたらですよ。5分ほどですぐ飽きました。
「ねぇ、もう十分あったかいじゃん、まだやるのー?」
「念のため」
「こんだけ水あったら焦げないよー。大丈夫だよー」

そしてうろちょろしてから、ちょっとすると爆弾発言
「あ!焦げた!」
「何だって~!!?どーすんのよ、その豆使えないのよ!!!!」
と、かな~り本気で怒ると、
「あ。。。豆の皮の色だった・・・(芽の部分)」

・・・・びびらせないでくれる??


a0048852_0393722.jpg
豆つぶすのは色々試した後、まず旦那がポテトマッシャーで粗くつぶし

a0048852_0413058.jpg
それを私がちまちまとブレンダーで砕きました。
レードル1杯づつ・・・道は果てしなく遠い・・・・
そしてポテトマッシャーがひと段落した旦那はこの隙に昼寝に。

a0048852_0442575.jpg
こんな感じです。


a0048852_0463129.jpg
ふう。ひと段落。私もちょっと休憩・・・


a0048852_0482890.jpg
2・5キロの豆と麹を混ぜるのはポリバケツが必要・・・なんて思いつつ、3つのバケツとたらいを使ってなんとか味噌団子完成♪


a0048852_050111.jpg
お味噌屋で買ったタッパータイプの底に焼酎消毒した後、塩をぱらぱら。
ここらで「出番だよ!」と旦那を起こしました。


a0048852_0515570.jpg連投。
投げてはぎゅ、とならし。
リクエストで連投を撮れ、というので
ついでに連続写真にしてみました。
さて、これやる前にヤツはひとつわずかに外し、
新聞の外に味噌が散乱。
部屋中に飛び散りました・・・


a0048852_055166.jpg
なんとか全部入りました。


a0048852_0554275.jpg
唐辛子をぱらぱらと巻いてラップ。なかなかうまくいかず、
空気が入ってるんだけど、大丈夫かな~??


a0048852_0565517.jpg
ラップのふちに塩蓋。


a0048852_0581727.jpg
タッパー蓋をして完成です♪

明日は蓋の上から重石を乗っけようと思います♪
反省点などはまた明日・・・

a0048852_0591452.jpg

おわった~~♪カンパーイ♪

お付き合いありがとうございました♪

人気blogランキングへ

旦那の言い訳
[PR]
by Laurus-nobilis | 2006-01-22 01:13 | 味噌作り同好会

ひとまず、ご報告~♪

お味噌の仕込み完了しました!

先ほどメープルままさんからも完了メールが届きました。
そうそう、メープルままさんのパソコン、もうすぐ直りそうなんですって♪
またいっぱいお話が聞けるようになります♪

今日仕込み予定してた皆さんはどうですか?

メープルままさんとマンマさんのアドバイスどおり、
「おやつ」は必需品!
完了したら後片付け前にぱくついてしまいました(^^;

レポートは後ほど。
では、夕飯つくりに行きます♪
[PR]
by Laurus-nobilis | 2006-01-21 17:27 | 味噌作り同好会

冬野菜と鯖の鍋

冬の手抜きで美味い料理といえばこれでしょう、≪鍋≫!
a0048852_22531579.jpg
すんません。お味噌仕込み中なので手抜きです。
でもお鍋って色んな野菜や蛋白質やら一度に採れて、しかも安くてあったまる、
最強の料理ですよね♪

もうこの冬なんども作ってますが、
今日は鯖を使いました。

鍋に鯖?
って結構意外だと思うんですよね。
私も「え?美味いの?生臭くないんかい?」と思いましたもん。最初。

実はこれ、料理研究家の栗原はるみさんの本に載ってたレシピのアレンジです。
元レシピはすごくシンプルで
具材は大根の千切りと鯖のみ。調味の特色はブラックペッパーを使うこと。
(しょうがも入ってたかも・・・?)
10年ほど前に始めて作って以来、はまってしまって。
もう何度作ったことか。

今日作ったのは先日とった醤油で味付けてた出汁で
凍らせておいたぼたん海老のお頭を煮出し、
残り物野菜や糸蒟蒻・豆腐をたっぷり入れて
ホワイトペッパーをホールで大さじ1杯ほどだばっと投入。

うちの旦那、生魚と青魚苦手でして。
臭み抜きはちゃんとやらないと一口だけ食べて後は箸をつけません。
なので下ごしらえをしっかりします。

食べる大きさに切った鯖を酒と塩をいれた熱湯にさっとくぐらせておきます。
そして一度野菜類を入れてくつくつ煮込んでから、投入。
もう一度蓋をして、土鍋の蓋の穴から蒸気が上がってきたら完成です。

70歳前の舅姑&だーも「美味い!」と食べてくれました。

最近、これ、聞きたくて料理してますね。私。

ちょっとづつ、私好みのスパイスなど使い、
私の味に慣らさせる計画です。

さてさて。
次は何を作ろうかな♪

人気blogランキングへ
[PR]
by Laurus-nobilis | 2006-01-20 23:13 | 料理

 シンプルに 丁寧に 沁み滋味と豊かに そして何より真っ当に。


by カイエ
プロフィールを見る
画像一覧