<   2007年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧

これも干す。

これはなんでしょう?
a0048852_239070.jpg

答え:干し筍です。アク抜き済みの茹で筍を干しました。
    まぁ、そのうちメンマにでもしようかと。
a0048852_2310328.jpg最初はこのくらいあったのですが、
カリカリに乾燥すると1/4ほどに。
普通に戻して料理に使ってもよいとか。

筍にしちゃ、形がおかしい?
固~い、外のとこだけを縦割り切りにしたんです。

a0048852_23124778.jpgん?中は?

い~ところに気付きましたね(*^^*)
一晩、軽く塩を振って置いておき、
翌日水と酢につけて、1日ほど干しました。
a0048852_23152663.jpg



それから瓶に入れてディルをいれて、
市販のペペロンチーノオイルと、鷹の爪。
こんな感じ。
a0048852_2320221.jpg
翌日にはまだえぐみがあったのだけど、もう数日したらなじむかな?

筍まで干すの!?と思っていただけたら、ポチっとクリックお願いします♪
a0048852_23544539.gif
 にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ  人気blogランキングへ
[PR]
by Laurus-nobilis | 2007-04-30 23:22 | 料理

野菜パンスープ

GWに突入しましたね~。
a0048852_23132527.jpg
うちは旦那が出勤・・それも夜勤になるので特にどこに行くこともないです。
おまけに昨日は胃腸風邪をもらってきたらしく、
いつもは出ない熱もでて。

普段のあの大食胃袋はどこいったー!!
ってなくらい、ごはんが食べれない様子。

「何が食べたい?」
「ポカリ」

ってなもんですよ。
しょうがないので普段ならスーパーでは目も向けないプリンや苺を買ってきました。
普段、甘いものを与えないので、喜んでましたよ。

こういう時って、自分なら食べ物はこれ、と民間治療で食事もとるんですが
(梅干だったりしょうがだったり、葛や葱や・・・)
どうも旦那の場合、私と体質が違うので効かないし、
病院行かないし、まず薬膳系(漢方系)薬食法嫌がるし・・・・。
私だと例えばおじや、とか米モノなんですが旦那はパン派なので
こんなものを作ってみました。

トーストしたバケットに野菜スープをかけたもの。
スープは昆布だしと玉葱・人参・えんどう・キャベツ。
「食べる?」と聞くと「いらない」といわれたので。
チーズと胡椒をかけて自分だけ食べました(爆

元ネタはよくトーストがはいってる「オニオンスープ」だったんですが。
これって、すごおくカラダがあったまりますね。
バケットにしみこんだスープがなかなか冷めないんですよ。
それをスプーンですくって食べると、
口の中でパンがとろりと溶けて熱いスープが喉を通っていくんです。
これから寒気のするとき。これ食べることにしよう~♪

※今、ようやく旦那の熱は下がってきたようです。
 うにゃうにゃいってるのに、野球のニュースだけはTVつけてみる奴。・・ヤレヤレ。
 明日は元気になってるといいけどなぁ・・・。

最近、暑くなったり寒くなったり、気温差が激しかったですね。
皆さんの体調は大丈夫ですか?
ちょっと調子が悪いな、と思ったら、早め早めに対処しましょうね♪


a0048852_23544539.gif
 にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ  人気blogランキングへ
[PR]
by Laurus-nobilis | 2007-04-28 23:32 | 料理

自家製アーティチョーク。初成りをカルパッチョで食す。

収穫しました。アーティチョーク。
a0048852_17413695.jpg
採れたのは一個だけです。他のはまだ小さくて。
a0048852_17432616.jpg不用意に触ったら、花弁の先がとがってて、
ザクっと指してしまいました(・_;イタタ・・・

どやって食べよう?と思ってたら、楽子さんより
「カルパッチョで食べれるらしいわよ~♪」と情報をいただいたので
おっしゃぁ!と気合入れて、むんず!・・・と掴んではいけません。
痛いです。アザミというだけあって。

楽子さんから教えていただいたmoさんの「アーティーチョークのカルパッチョ」を参考に、まずはぺろぺろ花弁をめくるんですが、
どこまで剥いていいのやら・・・。
アーティーチョークが日本に浸透してない理由は扱い方がイマイチ不明確、
ということもあるんじゃないかしらん?
途中で半分に切って、ガクの部分を掃除して・・・・まてよ?
確かアーティーチョークって、
歯でこそげとりながら食べるんじゃなかったっけ?
a0048852_17524442.jpgと、めくった花弁を見ると・・・
この白い部分って、いかにも「食べて♪」って感じじゃないですか?
と、おもむろに齧ってみると、
鼻腔に抜けてく香りがなにやら果実っぽい・・・

そう。甘くない、青リンゴのよーな。

市場で売ってるのでも、こんな香りするのかな?
採りたて・むきたてだからかな~♪

そんなことを考えながら、食べれる部分をレモン水に晒して食べる直前に切りました。
(でもやっぱり切り口はすぐ酸化しちゃいますね)
それにパルメジャンチーズとレモンオリーブオイル。白胡椒。
食感がなにより面白い不思議な異国の一品になりました♪

ほほー♪と思っていただけたらクリックお願いします~♪

a0048852_23544539.gif
 にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ  人気blogランキングへ
[PR]
by Laurus-nobilis | 2007-04-27 18:00 | 料理

ニンジンの葉って、おいしいじゃん?

「貧血の時にいい食べ物は人参。それからお味噌です」と薬膳の先生。
a0048852_9103584.jpg
筍・茸は貧血の時にはオススメしないんだとか。
あと、レバーも。
レバーは・・・ようは内臓でそのドーブツの悪い血が溜まる場所なのだから
貧血など身体の力が弱ってるときに摂取するのは、かえって負担になるんですと。
おいしんですけどね。
人参の葉っぱはどうなんでしょう?今度聞いてみよう。

スーパーで葉つきに人参がありました。3本150円。
横には葉のない人参が4本100円。但しとても小さい。

・・・というより。誘ってくるのですよ~。葉っぱが。買って買って~♪って。
しょうがないなぁ~。愛いやつめ。
なんてエロオヤジのような心境で買ってきた葉つき人参。
葉っぱを生で齧ってみると・・・・あらら、結構美味しい。
とすると、もしかしてじっくり熱を通すと苦味がでるのかしらん?
するとさっと火通しがいいってことなんですな。

地中冬越しおジャガを使いたかったのでこれとあわせましょう。
冬越しジャガで皮が固いとはいえ、これは無農薬野菜。皮ごと頂きます。
圧力鍋で蒸して3cm角くらいの大きさに。
ちょっと食べ応えのある大きさがオススメ。
はっきり言って、このままジャガバタにしても“んまい”んです。
旦那など、おなかすかして帰ってきたので、まずはそれでつまみ食いしてました。
フライパンにオリーブオイルを引いて、
クレイジーソルトを大さじ1/2くらい入れていためます。
それからおジャガを入れて軽く炒めてから
食べやすい大きさにきっておいた人参の葉っぱを加えてさっと炒めます。
味をまたクレイジーソルトで整えて出来上がり~♪
旦那用には粒マスタードを用意してあげましたが
「うさぎみたいだ・・・」と葉っぱを食べてて哀しそう。

そう思って肉を用意してあげましたよ。(ホントはないつもりだったけど)
a0048852_9542023.jpgどっちかというと筍がメインなんですが。
焼き筍と焼いた絹豆腐。

これに添えるのを肉味噌にしようかと思い・・・・でもねー。ひき肉がなかったので。
冷蔵庫を探ってみると人参がありました。
人参は人参でも麦味噌漬け人参。ほかに昆布と鷹の爪が入ってます。
ま・・・・3ヶ月ほどジップロップの中で漬かってた古漬けでございます。a0048852_1073625.jpg
ごま油で小口切りにした分葱を炒めて甘味を出し、
みじん切りにした人参を加えて味醂を加えました。
それから味つけに漬かっていた味噌で味を整えたら。
あら、結構おいしい♪
今日のメニューはこれでいっか~♪
・・・なわけないだろな~・・・・。
鶏モモ肉を日本酒ふりかけてフライパンで焼きました。
皮がイマイチパリッとしなかったので、その後グリルに放り込んで炙り焼き。
香ばしくなりました♪

これにこの人参味噌、いい相性でした♪(モチロン筍と豆腐にもね♪)

美味しそう♪と思っていただけたら、ポチッとね♪
a0048852_23544539.gif
 にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ  人気blogランキングへ
[PR]
by Laurus-nobilis | 2007-04-26 10:23 | 料理

あえていうならキノコ旨味たっぷりの「ブッタネスカ」的パスタ?

女として「ブッタネスカ」という言葉はあんまり使いたくないんだけど。
a0048852_17142052.jpg
直訳すると「娼婦風」というらしく・・・・まぁ彼女らが短い待ち時間の間にちゃちゃ~っと作ったことから言われるようになったらしいですが。
とってもおいしい正統派はミリアムさんがレシピにされてるのでこちらどうぞ。

私のはなんちゃってヴァージョン。

・・・というよりもともとは夕べお邪魔したコジータさんのパスタ「シャンピニオン・デュクセルのパスタ」がとても美味しそうだったので、
真似したくなったんですね。
数年前にキノコオンリーで作ったソースがオーバーラップしてきたんです。
うまかったな~、あれ。
で、最近肉系脂肪が重くなってるのでオイルはオリーブオイルにするとして・・・あら、そしたらアンチョビが合いそうじゃない?そしたら絶対オリーブよオリーブ入れなくちゃ!
あらら、冷蔵庫にはブロッコリー。トマト。

・・・うん、うまそうだ♪

と出来上がってみたら、参考レシピとは似ても似つかない。
むしろ「なんちゃってブッタネスカ」になってしまったというわけ。

作り方はこんな感じ。1人分です。
a0048852_17293573.jpg①玉葱里芋サイズ1個をみじん切りにして、
 オリーブオイルでじっくり炒めます。
 火が通ったらやっぱりみじん切りにしたキノコ
 (今回本シメジを同量くらい)を
 加えてじっくりいためます。
②①の間に鍋に湯を沸かして塩を大さじ1ほどいれ、
 ブロッコリーを茹であげてひきだし、
 パスタを袋表記よりも少し固めに茹でます。
 ブロッコリーは粗めのみじん切りにしておきます。
③黒オリーブは1つを叩いておき、
 もう一つは飾り用に輪切りに剥いておきます。
④叩いたアンチョビ2枚を①に加えて十分に炒めたら
 パスタの茹で上げにあわせて
 ブロッコリーとオリーブのみじん切りを加えます。
⑤④にパスタのゆで汁50cc程を加え、
 とろみのあるソースに仕上げたら、
 茹で上げたパスタと絡めます。
 最後になんとなく白胡椒をミルでゴリゴリ。
 味が薄いようならこの時点で塩で味を整えてください。
⑥ミディトマトをダイスして
 皿に盛り付けたパスタに散らし、
 輪切りオリーブを飾ります。

※ミディトマトの種は気になるなら掃除しておきます。
 食べたい方はそのままでOK。
 私はこの種が大好きなので、④の時に一緒に入れて炒めました(^^)

使った飾りは人参の葉っぱです♪
出来上がりでパサパサしてるようなら、
そこでオリーブオイルを少しかけると艶もでていいと思います。
私は半分食べた後、レモン絞って食べました♪

今回珍しくハーブを使わなかったけど、
多分ディルやオレガノ、もしかしたらミントやマジョラムが合うかも~♪
そうそう、松の実のローストとかくるみを入れてもいいかな、と思いました。
絶対これはリピートするな♪


うまそ~♪と思っていただけたらポチっとクリックお願いします♪

a0048852_23544539.gif
 にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ  人気blogランキングへ
[PR]
by Laurus-nobilis | 2007-04-25 17:45 | 料理

米原万里氏を悼み

外は春の陽気なのに
確かに冷気が毛皮の隙間から進入して、底冷えがし、
列車の外には豪雪が吹雪く音が聞こえた。
a0048852_15105559.jpgロシア語通訳家であった米原万理氏の
初の小説「オリガ・モリソヴナの反語法」の文庫を
ランチの後に一章ずつ読むのが、
ここ最近の日課だった。
批評家達が舌を巻く筆致は、
強制収容所に収容されたときの
登場人物の手記から確かな冷気をかもし出し、
初恋が破れた時の傷み、
友人との再会の喜びが全て胸をつく。
彼女のユーモアたっぷりのシモネッタ振りも健在。

解説には「女ドフトエフスキー」とまで表現されている。
残念ながら私はドフトエフスキーをマトモに読んだことはないが、
ヘミングウェイの「老人と海」を読み終えた時の読後感もしくは達成感に似ていた。

最近これは、と思う作品を読むとレビューを見る私。
何気にwebを開けると「米原万里氏死去」の記事がわんさかと出てきた。
2006年5月25日 56歳。卵巣癌。
去年のことだったのか。
ついさっき、彼女の実体験を下敷きにした主人公が生き生きと動き回っている本を
閉じたばかりである。
にわかには信じられない思いで、文庫の出版日を見てみた。
2005年10月初版。そして新刊の帯。
購入するだけして、ようやく読み始めたのがここ最近のこと。

大抵の本は(小説・エッセイなどは)文庫本で購入することにしている。
大型本が書店で平積みになってるのを横目に文庫化されるまでじっと待っているのである。
そこまでして待っているのは宮部みゆき氏と梨木香歩氏の他には
米原万里氏だけ。

出会いはやはり文庫化の初版だった。
タイトルも「魔女の1ダース」
そして次に発見した「不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か」

このタイトルを見たら、手に取らずにはいられない。
「いったい、何?」「どんな意味?」と
そして大抵は最初の数行で購入するかを決める。
これはそのまま、レジ行きになった。

この2作のエッセイで、私はすっかり彼女のファンになり、
ロシア人に対する印象ががらりと変わったものだ。
言葉をアメリカナイズされいてる日本人(私)に
すんなりとロシアの名前が入っていくのだから。
その文章力はとにかく凄いと思う。

通訳だけでなく、エッセイスト、小説家。
そしてメディアにもコメンテーターとして出演していたという。
なかなかTVチャンネルは私の思うところにはならないので、
いつか拝見できれば、と思っていたのだけど。

少し探ってみると、彼女の言葉がwebでも読めた

幾度も読み返し、幾度もうなずける言葉を操る人。
今では貴重となってる言葉を紡ぎ、記すことの出来る
とても魅力的な人だったと思う。

今さらではあるが、そんな彼女の冥福を祈りたい。

(合掌)

More
[PR]
by Laurus-nobilis | 2007-04-24 16:01

レンズ豆のディップ*ひよこ豆のサラダ*筍*アサリの中華風

とりとめのないメニューですんません(笑
a0048852_12241192.jpg
そいや、私の手持ち豆レシピで、代表格はこれだな~、ってのがありました。
「レンズ豆のディップ」
a0048852_1212835.jpgチコリと食べてもいいと以前紹介していました。
レシピはこちら♪
但し今回は、肉脂控えるために、ちょっと一工夫。
パンチェッタを先にカリカリに炒め、
出てきた脂はキッチンペーパーで吸い取ってから
大蒜・ローリエ→玉葱→豆の順に
いためながら加えていきます。
オイルが少ないようなら、
最初にオリーブオイルを追加。
スープもガラスープは使わず、昆布だしと水。
味つけは塩のみ。

でも結構いい感じにできた。
今度は肉無しを作ってみよう~♪(だんだんベジタリアン化してく私・・・・)
a0048852_1236075.jpg
これはsalahiさんのひよこ豆とタコのサラダ。トマトとオリーブ入り。
ちょうどタコが冷蔵庫にあったので早速つくってみました。
(タコがどこに?って?皮むいてしまいましたので~^^)
使ったハーブはオレガノ。
オリーブをつまみ食いしたら「絶対これにはオレガノだ!」って感じになって
おもむろに庭に摘みに行きました(^^
このオリーブはsalahiさんに送っていただいたもの。
貴重なのでちびちび使ってます。
で、塩水に晒した新玉葱とレモンで食べたのですが、これがほんとにおいしい~♪
このレモンは無農薬だったので、皮までバリバ食べちゃいました。
ご馳走さまでした♪

a0048852_1241486.jpg
まだまだあった筍はキャベツときのことコブだしで炊きました。
a0048852_12423598.jpg
まだまだあったアサリは中華風。
ごま油で炒め、殻が開きはじめたあたりで紹興酒とニラを加え
楽子さんからいただいたタイの醤油で味を整えました。
そして最後に石垣ラー油をくるーりを回しかけて出来上がり。
このいただいたタイのお醤油って独特な香りがあるんですけど、
油を使った魚介類にほんとにあうんですね~♪

皆さんのレシピと頂き物で、昨日もおいしいご飯をいただけました。
ご馳走さまです~♪

えぇ、とりとめのない和洋中折衷のメニューでしたが^^;

ホントに無国籍な食卓ね~、と思っていただけたら、ポチっと応援クリックよろしくです♪

a0048852_23544539.gif
 にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ  人気blogランキングへ
[PR]
by Laurus-nobilis | 2007-04-24 12:48 | 料理

筍と旬豆のパエリアとごま和え・クラムチャウダー

ふむむ。タケノコは竹の旬で「筍」なのね。
a0048852_10573676.jpg
普段よく見る漢字をまじまじ眺めて「なるほど」とポンっと手を打つことがあります。
「竹の子」とも書くし。なんか、可愛いですよね~。この言い方。
そんな旬の食材を、山を持っているご近所さんから沢山いただきます。
鞘えんどうなども。
せっかくの旬菜なので少し翌日用に取り置いておくと、
また違うところから頂き物をしてしまうこともしばしば。
かといって1日で使い切ってしまうには、ちょっと量が多いんですけどね。

たまたまアサリ貝ももらえたので久しぶりにパエリアを作ることにしました。
筍入りで(笑
アサリと鞘えんどうはは先に酒で蒸し、
アサリは大きいのを飾り用にとり置いて、あとは剥いてしまいます。
にんにく・セロリと玉葱をオリーブオイルとローリエで炒め、そこで筍をソテー。
フライパンから取り出します。
同じフライパンでマッシュルームとトマトを炒めて米を加えて透明になるまで炒めます。
アサリの蒸し汁とブイヨンを入れて、そうそう、忘れてた。サフラン。
これを入れないとパエリアが「なんちゃって」になってしまう。
米がおじやくらいにまで煮つまったら、筍・タコ・剥きアサリを散らして蓋。
5分くらいしてから火をとめて蒸らし15分。
最後に殻つきアサリと豆を飾りました。

今回長米種を使ったので蒸らさず、オーブンで焼いてもよかったかな~。

バックに写っているのはわかめと大根おろしのグリーンサラダ。
最近大根おろしを必ず何かに使うようにしてます。
昨日など、ラーメンを食べに行った後、大根おろしを食べたら
すっきり♪毒消し効果ってホントなのね~♪と関心してしまいました。


a0048852_11413321.jpg
これは和。
筍を出汁で炊いて、水切りしたお豆腐と塩茹でしたブロッコリー・さやえんどうを加え、
すり鉢でしっかりすった炒りごまと和えます。
ブロッコリーの相性も結構いいもんですね。
お豆腐とも抜群・・・と思ったのは去年もじゃなかったっけ?
探してみたら、やっぱり去年木の芽ブレンドの白和えをつくってました。^▽^;

a0048852_11501832.jpg

こちら、昨日のお昼のクラムチャウダー。
お昼の光だとやっぱり多少キレイに写るな(苦笑
中身は冬越しの掘り出しジャガイモ・新玉葱・ブロッコリー、そしてアサリ。
野菜類を圧力鍋にかけて、蓋か開くようになってからアサリを入れて最後に生クリーム。
圧力鍋使うとき、乳製品(豆乳含む)と貝類などは圧かけちゃいけないんですよね。
一度やってしまって、悲惨なことになってしまいました・・・(爆。

《オマケ》
a0048852_1156080.jpg
またまたひよこ豆のつまみ豆。
旦那からは「揚げ豆」と命名されました(笑
今度はMelocotonさんのを参考にパプリカ&クレイジーソルト。
スモークドパプリカならもっと香り豊かかな?と想像しつつ。
また気がつけば旦那がほとんど食べきっておりました。


まだまだあるある、筍在庫。さて次はなにかな~?と期待していただけたら
ポチッと応援クリックよろしくです♪

a0048852_23544539.gif
 にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ  人気blogランキングへ
[PR]
by Laurus-nobilis | 2007-04-23 12:00 | 料理

アーティチョークの蕾

                     ・・・・・・・・ん・・・・・・?
a0048852_1813349.jpg

                     あ。あれは、もしや・・・
a0048852_18141182.jpg

                     そぅっと、近づくと・・・・・
a0048852_18145463.jpg

                    やっぱり!アーティチョークの蕾!!!

・・・***・・・***・・・***・・・***・・・***・・・***・・・***・・・***・・・***・・・a0048852_18162746.jpg
ついでにルバーブの花。

a0048852_181658100.jpg











でも君ってほんとに、ルバーブ?

・・・***・・・***・・・***・・・***・・・***・・・***・・・***・・・***・・・***・・・
a0048852_18173295.jpg

珍しくないけど、アスパラの花。
米粒みたいな大きさ。

おぉ~!アーティーチョーク!と思っていただけたら、ポチッとね♪a0048852_23544539.gif
 にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ  人気blogランキングへ

バベルの塔と言語
[PR]
by Laurus-nobilis | 2007-04-21 18:33 | herb

ごま塩筍三変化

「玄米は、ごま塩で食べてください」というので、作ってみた。@ごま塩
a0048852_8522520.jpg
10×10cmの容器にこんなに一杯(苦笑
1ヶ月は持ちそうな量です。
これの作り方というのは海塩が茶色くなるまでひたすら炒って
その後「パウダー」状になるまですりこ木で摺り、
ごまも香ばしく炒って、塩とあわせて摺りこぐ。
・・・・という、とっても手間のかかるもの。

これだけ苦労して作ったんだから、湿気る前に使い切っちゃいたい。

と。
視線がさまよった先にあったのは筍。
a0048852_8582116.jpg
とりあえず、単純に和えてみた。
結構、いける。
けどちょっと塩がきついかな~。
a0048852_935526.jpg
以前、食品売り場をさまよっていたら目に留まったシナチクのラー油漬けみたいなもの。
手にとってみると材料は筍。へぇ~、いいかも♪なんて覚えてて。
それを参考にオイル漬け。
筍は20cmくらいの大きさの半割り1個。
食べやすい大きさにスライスして昆布だしで1分ほど茹でて水切りします。
ごま塩を大さじ2加えて熱いうちに合えて、保存瓶に。
唐辛子の輪切り大さじ1を加えて、上からラー油とごま油をどぼどぼ。

1日たつと味がなじんでいい塩梅です。
a0048852_9135420.jpg
昨日は遅くまで外出をしていて、夕飯準備が出来ずじまい。
でも一杯やりだしたら、おつまみが欲しくなったんですよね~。
で、どうせなら野菜でクイッと。
と冷蔵庫あけてお見合いしたのが、半分残っていたゴーヤ。

・・・とすれば、ゴーヤチャンプルーかな?
旦那も「おつまみちょーだい。おつまみチョーダイ」状態になっていたので
ヤツ向きに卵も加えることに。

まずは種をとってスライスしたゴーヤを塩茹でして水きりしておきます。
卵はごま塩オイル筍のオイルを使ってかるくオムレツスクランブル。
後でまた火を加えるので、半熟くらいでOK。
フライパンから取り出して、今度はオイル筍をさじ山盛り2杯入れて炒め、
半端に残ってたシメジを放り込んで火が通ったら、ゴーヤを加え、さらに炒めます。
全体に火がなじんだら、卵を加えてさっと絡め、火からおろして出来上がり。

ゴーヤと筍のシャキシャキ感が結構気持ちよく、
苦味抜きもうまくいったようで、これもいいおつまみになりました。
あ、ついでに冷たい玄米飯も半端にあったので添えて、
残飯処理もすっきりできました~♪(おいおい)

おつまみばっかりやん。。とちょっと呆れても見捨てず、応援クリックお願いします♪
a0048852_23544539.gif
 にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ  人気blogランキングへ
[PR]
by Laurus-nobilis | 2007-04-20 09:24 | 料理

 シンプルに 丁寧に 沁み滋味と豊かに そして何より真っ当に。


by カイエ
プロフィールを見る
画像一覧