<   2010年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧

粕漬けアイナメの野菜葛あんかけ

粕漬けと言っても買ったものでなく。
a0048852_10295897.jpg


黍味噌を作った際のみりん粕蓋を利用したもので、
塩分とかはまったく足してない「黍味噌の味のこぼれ梅」漬けというのが正しい表現になります。

これが、また。甘いんですよ(笑)
かといってもモノはやはり粕なだけに
チビ姫はそのままでは食べないので。(酒臭い)
そいや私もオトナになるまで粕漬けってキライだったわ・・・・。
一回焼いてからほぐし、もやしとエノキ、ブロッコリーで作った葛餡にほぐして混ぜてます。

よくよく思い出したら、わたしアイナメって食べるの初めてじゃないかなぁ。
骨が結構多いんですね。

チビ姫と私はその葛餡だけ食べましたが
旦那には焼いた粕漬けアイナメにその葛餡をかけて
ボリュームを出したものを。

添えたのはスナップエンドウのグリル。
最近この鞘ごとグリルにして、塩をかけただけのが気に入ってリピートしてます♪




↓↓応援クリックよろしくです♪↓↓a0048852_23544539.gif
 にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村  人気blogランキングへ



こちらでぼちぼちレシピup中です♪


オレンジページnet

[PR]
by Laurus-nobilis | 2010-04-30 10:37 | 料理

筍と空豆

実はリベンジ鯛めしの時に作ったものですが。

a0048852_1844395.jpg


昆布出しに味醂と白たまりで
筍と人参、塩湯でして薄皮を剥いた空豆と油揚げを炊いてます。

以前、白醤油は冷めてから食べたほうがおいしい、と言った友人がいましたが、
この白たまりは熱いほうのがおいしい気がします。

ま。
料理にもよるのかな。

それにしても、空豆・・今高くて手が出ません・・・(TT)


↓↓応援クリックよろしくです♪↓↓a0048852_23544539.gif
 にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村  人気blogランキングへ



こちらでぼちぼちレシピup中です♪


オレンジページnet

[PR]
by Laurus-nobilis | 2010-04-28 18:06 | 料理

トルコ的ランチ**ピラウとカバブ**

冷凍庫整理キャンペーン中。

a0048852_15101961.jpg


旦那が夜勤で夕飯を食べない時は、なかなか冷蔵庫のお肉類が減らないのです。
殆どは買ってきて冷凍にまわしてしまうんですけどね。
ほほ肉とか・・ラム肉とかは、どうも出し惜しみする癖もありまして^^;
これに最近干物や燻製も沢山入れてるものだから、もうパンパン。
「アイスクリーム入れる場所が無い~」とクレームがつく始末。

はいはい。
んじゃ整理しましょ。
と言っても、夕飯ではなく、旦那のいるお昼ご飯に作ります。

取りあえず、ラム肩の切り出し塊から。

a0048852_15164717.jpg


最近デイリースーパーではラム肉の売り出しに力を入れているらしい。
以前もジンギスカン用の薄切り肉とかラムチョップはちょろりと置いてあったんですが
焼肉のカルビのような感じの切り方のがあったり
こういったシチュー用みたいな風貌の肩肉があったり。
なかなか充実してます。

この肩肉がねぇ・・・お値段も手ごろで使い勝手もいいんですよ。
見かけないときもありますが。
あれば私の場合、こうやってシシカバブにしちゃいます。
あぁ、なんて楽!!
これが出る以前は薄切り肉をくるくる巻いてましたからねぇ。。。
(それはそれで食べやすいんだけども)

味付けも、むちゃくちゃ簡単です。
クレイジーソルトを全体に薄くかけて、
ガラムマサラを振ってもみこんで半日。
あとはステンレス串(100均)に刺して魚焼きグリルで10分ほど焼くだけ。

このステンレス串というのは結構ポイントで、
金属だけに熱の伝導性がいいので中からも肉をあっためてくれるようです。
竹串とは仕上がりが違うんですよね。
これはラムだけでなく、他のお肉でも同じ。

そして食べたらしっかりカバブ♪
さて、このメニューなら・・・ご飯モノはタブレとか、クスクスがいい気もするけど。
そうそう。ウチにはトルコ料理のレシピ本があったじゃない?
たしか、そこにピラフのレシピがあったはずよね。

と本を取り出して、めくってみました。



ほうほぅ♪
この「茄子のピラウ」とか、よいんでない??

本によると「ピラウ」というのは「ピラフ」のことらしい。
トルコ式ピラフ(ピラウ)。カバブにあいそうですねぇ♪

レシピを読み進めて行くとびっくり。

なんですと?
まず、塩を入れた熱湯でコメを浸す??
その後、他の手順は自分で今まで作ってたピラフとそう変わりはありませんが
なんとその後、また
炒めた材料に熱湯を加えて炊く。

と。

・・・・・・・おもしろーい!

そうして出来たピラウがこちら。

a0048852_1526156.jpg


アルデンテのような米の食感だけど、しっかり火も通っている、という、
普通にいつも炊いてる米と同じとは思えない炊き上がり!
パエリアともピラフともまた、ぜんぜん違います。

おもしろーい!
いいなぁ。これ。リピートしそう。

そして、何より。
わざわざブイヨンとかスープを用意しなくてもいい、というのが
「素材の味を引き出した料理をしたい」という、私のポリシーと一致いたします。
(ま、他のトルコ料理はスープ使うレシピもあるかもしれないけど)

トルコ料理。
私の生息地域ではなかなかお眼にかかることが出来ず、
結果、食べたければ自分で作るしかないんですが。

結構気楽に作れるもんですねぇ♪
うまうま♪

もっと浸透するといいのにな。



↓↓応援クリックよろしくです♪↓↓a0048852_23544539.gif
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村  人気blogランキングへ



こちらでぼちぼちレシピup中です♪


オレンジページnet



[PR]
by Laurus-nobilis | 2010-04-27 15:39 | 料理

ほうれん草とじゃこ

久しぶりに料理の話題。

a0048852_10273034.jpg


ネタは結構たまってますが、
なかなか記事にできる余裕がございません・・・^^;

さくっといけるところを、まずは紹介します。

これはほうれん草のおひたしに、じゃこを乾煎りしたのをトッピングしただけのもの。

私にしては珍しく、市販の豆腐つゆを使ってます。
↓これ↓


いえね。頂き物なんですけど(笑)
化学調味料や保存料などが一切入ってないので、思い出したら使ってます。

ほうれん草は湯がいて水につけてあく抜きをしてから、豆腐ツユであえて
じゃこはフライパンでからからになるまで煎ってから
豆腐ツユをかけて水分が飛ぶまでまた煎って。
混ぜるんでなく、トッピングに。

食べるときにジャコがカリカリしてるのが、おいしいんですよね。
山椒の佃煮とかも一緒にいれたいところですが、
私しか食べれないので、パス。

まだウチのチビ姫は葉物を食べるのが苦手のようですが
ほうれん草の柔らかい葉先を喜んで食べておりました♪








↓↓応援クリックよろしくです♪↓↓a0048852_23544539.gif
 にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村  人気blogランキングへ



こちらでぼちぼちレシピup中です♪


オレンジページnet

[PR]
by Laurus-nobilis | 2010-04-27 10:36 | 料理

名古屋アンパンマンミュージアム**追加画像**

いえね・・・旦那がパノラマ撮影してまして。
これやりたくて、新しいコンパクトカメラ、前日に買い込んできました。

で。

「ブログにのっけたらいいんじゃない?」と^^;
・・・・いや、私のブログはそこまでやらんでもいいよ・・・。
でも、ま、せっかくなので。

a0048852_22352250.jpg


a0048852_22352815.jpg


a0048852_22353450.jpg


一応、会場の中心で全景を撮ってきたみたい。
※クリックすれば大きくなります。

このパノラマ撮影と動画を写真みたいにシーンでカットできる、というのが
気に入って、以前からほしい、って言ってたんですよね。新しいカメラ。

なので聞いてみた。
「360度は撮れるの?」
「いや。せいぜい180度じゃないかなぁ」

ま、。そのうちそいったのも発売されるかもね。



↓↓応援クリックよろしくです♪↓↓a0048852_23544539.gif
 にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村  人気blogランキングへ



こちらでぼちぼちレシピup中です♪


オレンジページnet

[PR]
by Laurus-nobilis | 2010-04-26 22:44 | 小さい旅

突然、高山へ。

こんな情景に憧れを感じてしまうのは、決して肉食いだからではありません。

a0048852_8133568.jpg


燻製をやってる人間としちゃ、
「燻製店」の燻製は参考にしたいものなのです。

ここは高山にあるキュルノンチュエ

a0048852_8234494.jpg


高山の繁華街の裏手へ行く、のどかな風景の中にありました。
高山西ICからは、すぐそば。

日曜日。
久しぶりに週末2日連続で旦那の勤務が休みになってたので、
朝から「どこかへ行こうよ」と言うものの。
色んな土地名が挙がっては消え。
「高山もいいけど・・・お祭りじゃないか?」
「お祭りだと、混むからなぁ・・・・あれ?今日はもう終わってるよ!高山、行こう!」
と決まったのは既に11時。

途中でるるぶを仕入れて眺めていると眼に飛び込んだのはこのお店。
最初の写真のように天井からお肉がぶら下がっている写真でした。
地図によると、高山繁華街からあまり遠くない。

にわかにやる気の出てきた私(笑)
ナビをセットして向かうと「飛騨清見IC」で出ろとの指示。
「え?出るのって、高山西ICだよ?」と言ってる間に通り過ぎ、
延々と続くトンネルへ。そしてトンネル、トンネル。

「これ、富山まで行っちゃうぞ!ナビを信じればよかった!」
「えー!?」

そして肝心のナビは新しい道なので、あきらめて表示すらしません。

PAの表示を見つけたので、とりあえずそこで降りて地図を確認に行った旦那。

a0048852_847559.jpg


トイレ休憩のみ、という感じの無人PA。
a0048852_8491229.jpg


ガードレールの向こうはまだ積雪。
う”ぅ”・・・。

気持ちが寂しくなる・・・などと考えていたら
旦那“さっきのICで降りれなかった人はこちらに電話を”という案内を見つけてきて
問い合わせをしました。

するとその先の白川郷ICで対応するから
絶対に!Uターンはしないでください!

という支持だったそうで。
対面路線のこの道・・たしかにしようという気になる人はいるかもしれん・・・。

そして白川郷ICでUターンし、40分くらいロスしてようやく高山西ICで降りました。

高山西ICも高速道路なんだけど、無料通行区間なんだそーだ・・・
だから飛騨清見ICで一旦清算する為に「降りろ」というナビの支持だったのねぇ。

幸いにも燻製のお店はICから近くて助かりました。

a0048852_15501125.jpg


ずっと車だったので、降りたとたんはしゃぐチビ姫。
入り口の外まで燻香が漂っています。

a0048852_15522254.jpg


ウェルカムボード・・・ならぬ営業案内ボードをもった人形さんは
チビ姫と同じ身長?

a0048852_15545457.jpg


「ぶー!ぶー!」というチビ姫の指差す先に
豚さんのぬいぐるみ。

a0048852_1556675.jpg


ここにも一杯。

a0048852_15574333.jpg


テーブルと椅子があるってことは、
イートインできるのかな?

a0048852_15591325.jpg


ドリンクメニューのみ。

こんなのも、ちょっといいかも♪

駐車場は30台ほど停める場所があるってことなんですが
途中で店の人が
「今から小さい車が20台くらい来るって連絡があったので
 出やすいところに停めたほうがいいですよ」
と。

旦那が車を入れなおして程なくすると、
人がどんどんやってきました。

あわてて欲しいものを購入し、店を出ると。

a0048852_166181.jpg


うわぁお!
ちっさい車って、ローバー!?
この車が駐車場に次々とやってきて停まっていきます。
みょーに、店の雰囲気とマッチしてるところが・・・(笑)

この日、PAでもコンベック(?だっけ?)とかがズラーッと並んでいましたので。
a0048852_1695969.jpg

そういう日だったのかなぁ。
(車好きのオフ会?というの?愛好会??)

もっとじっくり燻製について店の人と話ができたらよかったなぁ、と思ったけど、
時間も押していたことなので、次に向かうことにしました。

a0048852_16122647.jpg


トラン・ブルー
よくメディア出演もされてる有名店。
いわゆるパンのオリンピック・・・
ベーカリーワールドカップ「クープデュモンド」で3位になったことがあるそうな。

だけど。

a0048852_1616417.jpg


カラ・・・、

まぁ、行楽シーズンの日曜の夕方じゃねぇ・・・・^^;

ここにウェンガーのナイフが売ってまして、
家に帰って値段見てみたら「買ってこればよかった!!!」ってお値段でした。(チーン)

そしてようやく市街地「さんまち」へ
a0048852_162057.jpg


陽は暮れなずみ、
お店は殆ど店じまいしてしまっています。

大体のお店が17時で閉まるのですよ・・・(チーン・・・)

「腹いっぱい、B級グルメ、食べるぞー!」と
やる気満々だった旦那でしたが、ざんねーん。

a0048852_16251111.jpg


それでもなんとかこれだけは食べました。
牛つくねと牛マン。

a0048852_16282141.jpg


「うちはお団子もお肉も焼き立てだから、おいしいよ」という
このお店のお団子。

昔、お団子は橋のたもとの店がおいしい、と聞いたけど、
ここ??

a0048852_16344229.jpg


面白看板。

a0048852_16363466.jpg


古道具屋さん。

a0048852_16374436.jpg


味のある産婦人科。

a0048852_16401785.jpg


昭和初期にタイムスリーップ!

a0048852_17313629.jpg


あ、ぴよがたくさん。

a0048852_17321486.jpg


エイリアン椅子。



a0048852_17325048.jpg


どらんごんとかぷれでたー?

a0048852_1733109.jpg


ここも行きたかった・・・。

a0048852_17333682.jpg


晩御飯は寿楽久さん。

・・・・・・・地元の人が行く、と聞いていってみたけど
「寿楽久」違いだったみたい(爆) 
そーよねー・・・チビ姫を連れてるのを知っていて
大衆割烹を紹介するとはおかしいなぁ、と思ったけど。

今、記事書くのに店を調べていてようやく気づきました・・・。
関係はないのかな?HPは別々だし・・。

a0048852_17525116.jpg


でもお料理は綺麗な味でよかったです。
割烹値段だけど・・・^^;

カニクリームコロッケは甲羅にはいってるし。

a0048852_17533491.jpg


飛騨牛の寿司とか

a0048852_17535111.jpg


朴葉みそとかも堪能しました。

その後、せっかく高山に来たんだし、
とラーメン屋へ。

a0048852_17575976.jpg


なぜか外国人が一杯いるなぁ、と思ったら
どうやら英語表記案内があるので、だからかな、と。

・・・・・・・・味は私たち向きではなかった・・・。

高山。

行くなら下調べをちゃんとして、早い時間に行かないとね。

と思った、いきなり高山詣ででありました。
結局私、今までに5-6回仕事でも含めて高山行ってるけど、
まともに観光を堪能したのって、1度もないんだわぁ・・・

・・・がっくり。




↓↓応援クリックよろしくです♪↓↓a0048852_23544539.gif
 にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村  人気blogランキングへ



こちらでぼちぼちレシピup中です♪


オレンジページnet

[PR]
by Laurus-nobilis | 2010-04-22 16:52 | 小さい旅

カレーリーフに花芽

カレーリーフ。カラピンチャともいうインドハーブです。

a0048852_8483728.jpg


日本で越冬させるには10度を下回るときは屋内に入れておきます。
うちでやると、冬の間に殆どの葉が落ちてしまうのですけど
春になると新芽が出てきます。

・・・・・そして4月になったらついでに花芽も出てきた・・・・・
早くない??

今年。気温がまだ安定せず、最低気温が5度を下回ってることもしばしば。
いつ外に出せるのかなぁ。



↓↓応援クリックよろしくです♪↓↓a0048852_23544539.gif
 にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村  人気blogランキングへ



こちらでぼちぼちレシピup中です♪


オレンジページnet

[PR]
by Laurus-nobilis | 2010-04-22 08:48 | herb

カタクチイワシの唐揚げ

時間のなかった時のおかず。

a0048852_16181139.jpg


カタクチ鰯は買ってきていたので片栗粉をふって唐揚げに。
芋は油を熱してる時間についでにできるので自動で2品できる計算。

芋・・・大きいの2つ揚げたのに、
ほとんどチビ姫が食べました。

唐揚げも喜んでほぐした身を食べていたかな。

a0048852_1623668.jpg


残ったので、2日後にもう一回グリルで焼いて
赤梅酢をさっとかけ、手巻き寿司の具に。
骨までパリパリいけるようになっていたので、結構おいしかったです。

↓↓応援クリックよろしくです♪↓↓a0048852_23544539.gif
 にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村  人気blogランキングへ



こちらでぼちぼちレシピup中です♪


オレンジページnet

[PR]
by Laurus-nobilis | 2010-04-21 16:25 | 料理

旬の筍で焼いたり漬けたり。

「朝掘りの筍が皮付であるんだけど、いる?」

a0048852_1453917.jpg


そりゃ、欲しい。
そうして届いたのは、鍬の痕も生々しい筍でした(笑)
この辺り、山持ちのご近所さんが多くて、今年は特に沢山届けてくれるようです。

やっぱりこれは、グリルでしょ♪

a0048852_1494536.jpg


量は少しでいいので、固いところは切ってキッチンペーパーに包み
250度のオーブンで40分。
竹串がすっと刺さるかが目安。(これは芋も一緒ですよね・笑)

a0048852_14123413.jpg


ま、こんなんで。
後ろに写ってるのはベーコン脂で作ったアサリのチャーハン。
最初にあさりは蒸して身を取り外し、
コメを炒めた後にスープと身を入れて中華鍋振ります。
けっこうパラパラな出来でした。(苦手なんだけども)

筍に戻ります。
a0048852_14155293.jpg


割ってみた。
全長の半分くらいしか身がないのがわかります?

a0048852_14174751.jpg


一口大にして、お醤油。
ほくほくの香りがしておいしい!





と思ったのも、つかの間。
エグミが喉の奥から胃にかけて、どわーっ!と立ち上ってきます。

うーん。
最近筍のエグミ、苦手かも・・・・。
でも、この食べ方、おいしいと思うので、年1度はやりたいなぁ・・・。

a0048852_1421666.jpg


さて。固い部分と姫皮は干し大根であく抜き。
その後、一口大に切って半乾燥。

この状態で冷凍してもいいでしょうね。
(冷凍庫も今、パンパンの我が家・・^^;)
でも、今回はちょいっと試してみたかったことがありました。

それは。

シナチク。

ラーメンでトッピングにシナチクがあると増量するくらい
私はシナチクラバーでございます。
世の中塩漬けのシナチク売ってますが、
2-3度湯でこぼさなくちゃいけないとか・・・面倒。
大抵は中国産だし。

かといって、市販されている味付け済みだと、アミノ酸が入ってるし。

こんなことやるほうが面倒じゃない?とどっかから聞こえてきそうですが。
食材が豊富にあれば、試してみようじゃありませんか。
ってことで、作ってみました。
シナチクもどき。

a0048852_1435292.jpg


ま。形はどうしたって筍ですが(爆)

作り方覚書。

筍は下ごしらえ後、半乾燥(1昼夜)

だし(昆布1枚400cc、200cc水追加後魚介(カツオ・サバ・ムロ削り節)出汁をひく)・・・100cc
醤油40cc 味醂20cc 酒15ccで煮切る。

a0048852_14375735.jpg


生姜スライス・潰し大蒜を加える。

a0048852_14391015.jpg


半干しの筍をいれて火にかけ、鍋縁が泡だったらおろす。

a0048852_14451985.jpg


筍を瓶にいれ、調味液を注ぎ、鷹の爪小さじ1をふりかけ
太白ごま油を蓋をするように被るまで注いで熱いうちに蓋をする。

a0048852_14463960.jpg


触れるようになったら何度か振って攪拌させ1晩置く。

a0048852_14483673.jpg


半干だったので、液を吸って大きくなってるー(笑)

本日味見してみたら出汁のきいたおいしいシナチクでした。
これ、おつまみとしてだしてもいいなぁ。

a0048852_14505212.jpg


湯がいた春キャベツと和えれば逸品料理♪
うまかー♪(どこの出身やねん・・・)

あとはどのくらい日持ちがするかの検証ですね。
酢をちょっと入れるといいかもなぁ。




↓↓応援クリックよろしくです♪↓↓a0048852_23544539.gif
 にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村  人気blogランキングへ



こちらでぼちぼちレシピup中です♪


オレンジページnet

[PR]
by Laurus-nobilis | 2010-04-20 14:52 | 料理

稲荷ずし

最近、稲荷ずしを作ることが増えております。

a0048852_8373186.jpg


小さい頃はお祭りのたびに巻き寿司と稲荷寿司を大量に食べていた記憶がありますが
自炊するようになってからは作ったことなく。
結婚してから旦那が稲荷寿司が好き、というので一度作ったら
「大きすぎ!普通は半分のお揚げで作るもんだ!」
と言われました。

そんなことがあり、また作らなくなったんですが(笑)

チビ姫が稲荷寿司、好きでしてね・・・。
気づいたのは最近よくある讃岐うどんのチェーン店で
旦那のチョイスした稲荷をほとんど食べてしまった、という出来事がありまして。

以来、うどんと稲荷はセットで買うようになってます^^;
もっとも、彼女が本当に好きなのは味付けされた「揚げ」のようですが。

そんなこんなことがあり、最近はよく作るようになりました。
「揚げ」は半分に切って。

どーも、半分サイズっての、作りづらいなぁ。と思っていたら。
某所で「名古屋版の揚げ」の話が出て。

全国的には10×20cmくらいのサイズがデフォなのだけど
名古屋サイズは6-7cm正方形。
そして、名古屋には「寿司揚げ」な2/3高さくらいのサイズがある、という。

・・・・・・・・・それでか!!!
最初、1枚丸ごと作った時はでかすぎて、
半分だと小さい気がしたのわ!!

いやぁ、納得納得。
探してみたら、岡崎にも「寿司揚げ」サイズは売ってたのですが
デイリースーパーの蒲郡店にはなく。
それで気づかなかったようです。

蒲郡は稲荷寿司発祥と呼ばれている「豊川」と同じ東三河地区。
ということは発祥地は正方形半分なんでしょうね。
何故名古屋では2/3サイズなのか・・・・
きしめんが平ペッたいのと同じ理由だからかなぁ?
(きしめんがひらぺったいのは、
 せっかちな名古屋人はうどんを長い時間ゆでるのが待てないので
 薄っぺらくして早く茹で上げれるようにした、という説があります。)
寿司揚げだと、片方に切り込みを入れるだけで、
袋になるので寿司飯が詰めやすいんですよねー。
今度そっちのお揚げ、買ってみて作ることにしよう。

a0048852_8523452.jpg


さて、これは既に買ってあった「正方形の半分」で作ったお稲荷。
豊川のお稲荷の黒っぽい色は、醤油でなく、たまりで作るからだ、と
TVでやってたので、試してみました。
まぁ。。。白砂糖でなく、甜菜糖を使ってる我が家ではいつも白いものはできないんですが・・^^;
お揚げの調味料配分は揚げ袋の裏にあったのを参考にしてます。
酢飯はなんとなく、最近こんな配合になってきました。


*覚書レシピ*

酢飯 2合 調味料は酢100cc 甜菜糖 60g 塩 20g=150ccのうち100cc使用。
揚げ 10枚 油抜きして 水300cc 甜菜糖 大さじ5 たまり醤油 大さじ1 酒 大さじ1で煮込む。
煮汁が半量くらいになったら揚げを取り出し、醤油を一刺し加えてかやくを炊く。
(人参・しいたけを細かい千切り。ゴマは最後)


この日飲み会だった旦那、帰ってくるなり4-5個口に放り込んでペロリと平らげ、
「今日のはまぁまぁ」とのことで(爆)

まだまだ、研究中であります。



↓↓応援クリックよろしくです♪↓↓a0048852_23544539.gif
 にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村  人気blogランキングへ



こちらでぼちぼちレシピup中です♪


オレンジページnet

[PR]
by Laurus-nobilis | 2010-04-19 08:57 | 料理

 シンプルに 丁寧に 沁み滋味と豊かに そして何より真っ当に。


by カイエ
プロフィールを見る
画像一覧