<   2010年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

中津川式 栗きんとん

先日、栗おこわを作った時の栗は結構いい栗だったようで。


a0048852_729725.jpg



単純に蒸しただけでもホクホクでいい甘み。
残ったのはずーっと水に漬け置いていたので
そろそろ何かにしなくっちゃ・・・とあれから3日後にようやく重い腰を上げました。
頂き物で栗菓子があったので、作る気になれなかったのと
栗の皮の処理って、面倒だよねぇ。

とどうしても考えてしまう面倒くさがり屋の私です。


お品はやっぱり栗きんとんがいいでしょうねぇ。
自分で作ってみるというのも悪くない。


そして栗はやっぱり蒸しました。
これだけ皮がしっかりしてたら
茹でても味が外に抜けちゃうってこともないでしょうが。

ま、なんとなく。


レシピはなんと
中津川観光協会のHPが紹介してましてね。
ありがたく参考にさせてもらいました。

今流行の3ステップ並みに簡単に紹介されてるレシピですが

こういった単純なものにこそ、熟練と素人では違うんだろうな。


a0048852_729738.jpg



さて、蒸しあがった栗は半分に割ってスプーンで実を掻き出し
甑へ。

こんな感じ。
大体200gありました。


レシピは1キロの生栗に対して300gの砂糖。塩少々。

私が入れたのは200gの剥き栗にたいして25gの甜菜糖、塩ぱらり。


それと混ぜて粗めのザルで1回濾しただけです。
(もっと細かい目のザルももってるけどー)


a0048852_729585.jpg




こんな感じ。


a0048852_729432.jpg



ちょっと粒々を入れようと、2個ほど粗くみじん切りにしたものも加えます。


a0048852_7285983.jpg




弱火の鍋にかける。
・・・・こういう時、胴鍋使うんだろうな。職人方。


a0048852_72915.jpg



焦げないように練り練り練り。

この手間、かけること今回はじめて知った。
(でもそういえば、「栗おこげ」という栗きんとんを作る過程ででる
 なべ底にくっついたのを剥がしただけってお菓子も売ってるので
 さもありなん、って感じですがね)


a0048852_7285894.jpg



どこまでやればいいのかわからなかったので
まとまりやすそうな感じになったら取り出してラップに。

長細くして1個30gずつのお団子にしてしぼります)
(レシピに詳しいレクチャー写真が載ってます)

絞りは湿らせたガーゼハンカチ使用。



a0048852_72856100.jpg




できた。

を。結構いい感じ♪


a0048852_7285592.jpg



8個。1個だけ小さい^^;

形も全部同じようにはならないなあ。


ここまでやってチビ姫も昼寝してることだし
(本当は一緒にやろうと思ったんだけどね)


NETめぐりしてると

栗きんとんを焼いたお菓子が
名古屋の老舗和菓子屋さんであるという情報をGET。
焼いた分だけ栗の香りがたつそうだ。


a0048852_728513.jpg



さっそく真似っこ。

旦那が帰ってきたらバーナーで焼いてもらいました。
(BBQ系の担当は旦那さ~)


それにしても栗きんとんの表面、ひび割れが・・・

これ、仕上げてから約6時間経ってます。


*** *** *** *** *** *** *** ***

NHKドラマの題材にもなった『あんどーなつ』の連載が
今その「ひび割れ」が原因で大変な話になってるのよねー・・・。

なので、

「あの話のひび割れって、これじゃない?
 時間たつとなるってやつ。
 
「トレハロースを使用してたら、こうならないのかも?」

「そしたら話が進まないじゃん」

「それに梅さんが絶対、やらんだろ」

はい。オタクネタでした^^;

*** *** *** *** *** *** ***


a0048852_72850100.jpg



さて、こんなところまで炙ってみたら火を止めました。



a0048852_7284998.jpg



栗きんとんはあんまり砂糖を入れてないせいか
(もともと甜菜糖ってのは白砂糖よりも甘みが少ない)

「栗そのものの味しかしないぞ?」
という評価。

自分で作れば、そんなもんさ。
だから2-3個食べれちゃうんだけど。


焼いたのの食べ比べを、目隠しして試しました。

・・・酒飲んだ後じゃ、よくわかんない(爆)


やっぱりこの手のものは、おやつの時間に
酒抜き、緑茶でやらないといけないですねぇ・・・。




↓↓応援クリックよろしくです♪↓↓a0048852_23544539.gif

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ



人気blogランキングへ





こちらでぼちぼちレシピup中です♪


オレンジページnet

[PR]
by Laurus-nobilis | 2010-10-31 08:05 | 料理

エシャレットの糠漬け

相変らず糠漬けやってます。

a0048852_8543431.jpg



食べるのって、私だけなんですけどね。
たまに気が向くと、チビ姫も食べますがきゅうりだけかな。

先日はエシャレットを漬けてみました。

エシャレット(エシャロット)というと昔フランスレシピ本でよく見かけるのに
市場ではみかけないので
とてもあこがれてたものでした。

そんな折、「エシャレット」とラッキョウに似た野菜を見つけたときは
「玉葱のようなものと思ってたけど、こういうものなんだー」
とフシギに思いながら買ってたものです。

・・・・・・全然別物と知ったのは、随分後。

こちら、本名を「根ラッキョウ」というらしいです。
なぜエシャレットと言われてるかはこちら。
  ↓
 wiki


先日久しぶりに買った、このエシャレット、
生で食べるのは私にはちょっときついので糠漬けにしました。


a0048852_855521.jpg



なんだか、沖縄料理店で食べる
「島らっきょう」みたい♪


これ、酒がすすむわー♪
(結局、そこ)




↓↓応援クリックよろしくです♪↓↓a0048852_23544539.gif

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ



人気blogランキングへ





こちらでぼちぼちレシピup中です♪


オレンジページnet

[PR]
by Laurus-nobilis | 2010-10-29 09:02 | 料理

蒸篭蒸し栗おこわ・山芋豆腐の味噌いくらかけ~秋の味覚

別館グルメブログで書きましたが、今年も『満点星一休』さんまで栗おこわを食べに行きました。


a0048852_21185999.jpg



その数日後、栗をGETした私がおもむろに取り出したのは


蒸篭



やっぱりねー。
一回くらいは自分でもおいしい『栗ご飯』とゆーか
『栗おこわ』を作ってみたいじゃありませんか。



レシピを色々検索すると、
大抵は炊飯器で「チン」てなお手軽なものが多いようですが
『満点星一休』さんの栗おこわは「蒸してる」と聞きましたから。

そしてあの栗おこわを食べて

初めて

「栗おこわっておいしい!」と言った夫婦ですから。

ここは蒸すしかないでしょう?

大体炊飯器、うちないもんね。


参考にしたレシピはこちら。


へぇー。
一回蒸してから、味をつけて、再度蒸すんだ。

蒸しおこわ自体、作るの初めての私です^^;


a0048852_2119147.jpg



レシピでは栗は熱湯につけて冷めたら皮を剥く、
とあったのですが
一晩水に浸してあったので、そのままナイフで剥いちゃいました。
(ウェンガーのナイフ、いい仕事してくれます♪)


そうして一回強火で20分。
卸して調味液と混ぜて
再度蒸篭に入れて栗を散らし、20分。


a0048852_657439.jpg



。。。この栗、火通ってないんじゃ・・・。


食してみると、案の定。

弱火20分じゃ少ないと思ったのよ。
レシピは最初に熱湯につけておくとあるから・・・・
その間にあらかた火が通ってるのかしら。

といことで栗だけを取分けて30分ほど蒸篭蒸し。

その間に栗抜きおこわとおかずをつつきます。


a0048852_2119562.jpg



ホウレン草のおひたし、ブロッコリー・プチトマト(2種)


a0048852_2119681.jpg



ごぼうとしいたけの金平風。


私  「肉、欲しい?」
旦那「これだけだと寂しいから、欲しい」


やはり^^;

a0048852_21195353.jpg



そういえば、と思い出して出したのがまずはこれ。

山芋豆腐の味噌いくらかけ。

山芋豆腐は試食があったので試したら
お豆腐なのに「山芋山芋」してて。

粘りまで食感あったので、

「こりゃつまみにいいねぇ」

チビ姫もこれなら「かゆかゆ」にならず、食べれるわ♪と。

と、すっかり頭の中ではわさび醤油でなく、
味噌いくらをかけて食べる図式が出来上がっておりました。


うん、やっぱり相性よいわ~♪


ただし、この味噌いくら、去年の漬けたものの冷凍ですが・・・^^;
これで在庫の最後なので、
ようやく私も今年のいくらが買える♪


a0048852_21195588.jpg



舌の上で、いくらを山芋豆腐をとろかしているうちに、
魚焼きグリルがぴーっと焼き上がり。
出てきたのがこれ。


旦那 「鶏?」
私  「食べてみて。豚だよ」

はぐはぐはぐ。

旦那「うまいな。この鶏!!」
私。「・・・だから、豚だってば」


a0048852_21195648.jpg



この形状がどうやら鶏ハムのようで
しかも味わいが淡白なので、私がいくら豚と言っても
頭の中で脳内変換されているようです。


これは豚モモ塊肉の厚みを半分にして
明太子つくりのときに余っていた魚醤入りだしに3日マリネ。
タコ糸でくるくると縛ってシャトルシェフで2時間湯銭にしておいたもの。

それを7mmくらいにスライスして
明太子のエキス入りドリップを回しかけ魚焼きグリルで焼いたの。

やはり、魚醤は焼くと香ばしさと旨みを増幅してくれる優れものだなぁ。


そして、ここまで来たら、アレしかないでしょ♪

日本酒!!



a0048852_21195796.jpg



蓬莱泉の純米にごり酒。
これを空けました♪


・・・で、うちら夫婦、ちょっと苦手だった・・・(爆)


a0048852_2120024.jpg



そうこうしてる間にも
栗を蒸し揚げ、再度新たな下ごしらえ済みもち米と蒸したのが
出来上がりました。

こいう時、タイマー付ガスコンロって便利です。
ちゃんと時間で切れてくれる。

うちのは1口だけそれなので、お米炊く時とかはそこを使ってます。
(リンナイ製)


栗もどうやら火が通っているみたい。


a0048852_2120231.jpg



ほほー♪


味と栗のバランスもいい感じです。


が、満点星一休のものとは全然違う(当たり前か)


なにより。
もち米は古米だし(爆)、量足りなくてうるち米足してるし(爆爆)
白米にせず、胚芽米だから茶色いし。
(照明のせいだけじゃないのね)

ちなみに満点星一休のはこんな感じ。


a0048852_750024.jpg



米の味わい・食感だけでなく
何より、栗のしっとりさ、ほっくりさ。味わいが。

ゼンっゼン違います。


まぁ。一朝一夕でできるわけもないし、
満点星一休さんの味なので。

私は私の使う材料での味を一番に引き出せるレシピでも
研究することにしましょうかね(笑)

まずは、栗の特質を把握しないといかんなぁ。


初めて作ったにしちゃ、及第点のものだった。
ということでにしておくことに、致します。

何しろ翌朝も残った栗おこわを炊いて出したらチビ姫。

 「くりごはん、おいしー。くりごはん、おいっしー」

栗だけ 食べておりました。

ちなみに栗を見て、最初は「おっきいかぶ!」と指していた。

・・・形は似てるけど、まったく違うがね。(←名古屋弁)





↓↓応援クリックよろしくです♪↓↓a0048852_23544539.gif

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ



人気blogランキングへ





こちらでぼちぼちレシピup中です♪


オレンジページnet

[PR]
by Laurus-nobilis | 2010-10-27 21:31 | 料理

そしてまた、明太子3種類

うっかり記事にするの、忘れるところでした。

a0048852_8133229.jpg


魚卵をGETするスーパーは大抵2箇所なんですが
そこでも、他の店でもスケソウダラの卵は見るようになりました。

・・・加熱用となってますけどね(笑)

今回は1パック250円なんて
少量パックだったので、3つ求め、
3種類の味にしました。


だしは同じようにとり、

上から

①「しこの露」&「いしる」=3:1 唐辛子
②①に牡蠣エキスをちょっぴり 唐辛子
③塩と青唐辛子+青山椒

a0048852_8133774.jpg


出しにひたひたと浸かってるようにすると良いようですが
ラップして上に積んでいたら、流れてしまってた・・・(爆)


さて。食べ比べ。

旦那は意外や③の塩。
理由を聞いたら、それが一番さっぱりすっきりしてるから。

らしい。

まぁ・・・他のは全部魚醤利用だから癖があるものねぇ。
・・・酒飲み好きな。

そしてのんべぇの私としちゃ、②の牡蠣エキス入りが
味わいが深くて好きだけどなぁ。

さてさて。
まだ中心まで味が沁みてなかったので
残ったのはもう数日漬け込んでから冷凍庫へ。

また、もしかしたら「毒見会」なんかがあったら持って行くかもしれません。




↓↓応援クリックよろしくです♪↓↓a0048852_23544539.gif

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ



人気blogランキングへ





こちらでぼちぼちレシピup中です♪


オレンジページnet

[PR]
by Laurus-nobilis | 2010-10-26 08:23 | 料理

リベンジ煮込み

お店で、目の前にありながら食べそびれたものがありました。


a0048852_8253358.jpg



そうそう行けないお店なので(遠いから)
自分で作ってみた。

上にソースをたっぷりかけたからか、
ナンなのかわかんないですねぇ。


a0048852_8253623.jpg




角度を変えてもおんなじか。


a0048852_8253931.jpg




切ってみた。


ようやく「お肉」とわかる。

ほほう。こういう繊維なんだ。


a0048852_8254556.jpg



切ったのを、並べてみた。
コレで一人前。


はい。正体は。

「舌のマデラ酒煮込み」です。


いえね。
先日ムカシからちょくちょく行ったことのある
スペイン料理店「ラマンチャ」で食事会があったんですが。
「和牛タンのマデラ酒ソース」がソースしか食べられなかったので
タンの煮込みを食べたことがなかった私としては

「食べてみたいなぁ・・」

と。


ところがね。
和牛タンって、殆ど一般には卸されてないんですって。
お店とかに優先して行ってしまうので、
一般でなんとか手に入るのは外国産(主にオーストラリアとかニュージーランド)
で、冷凍。
しかもそれでも高い。

だいたい私が見たので1本2千円くらいでしたかね。
皮が剥いてあれば更に1.5倍くらい。

やれやれ。どうしようかなー。
と思ってたときに見つけたのが、これ。

a0048852_10122641.jpg



もち豚の豚舌。

大きさも3人で一食分てな感じかな。

a0048852_10122913.jpg



うーん、あまり食べ物に見えない・・・。


皮をどうするか考えて。

なんとなく、めくらなくても良さそうかな?
と思えど、煮込みは食感が命なのでナイフを使うがめくれない。
どうやら茹たらめくれる、とどっかで読んだので
とりあえず香味野菜と赤ワインに3日漬け込み、グリルで焼いた。


a0048852_10124513.jpg



うう。。エグイ・・・。
あまりのえぐさに小さい写真で。
クリックすると大きな絵で見れますよ。

焼いたのではやっぱりめくれなかったので、
マリネしていた香味野菜を炒めた鍋に舌を戻し、
マデラ酒1/2本と足りない分は、やすもんの赤ワインで増量して
1日煮込み。

翌日はなんとか皮がぺろぺろとめくれました。


・・・ってことは?
もしかしたらトマトの湯剥きと一緒のよーにすれば、
めくりやすいのかしら・・・・。

(茹でてから冷水で〆る)


ま、それはまた次回のレポートで。


a0048852_8254871.jpg



さて。その後、2日間シャトルシェフで煮込み、
3日目に舌を3等分にして塩とスパイスで味付けたのが、こちら。


テーブルに出したら、チビ姫、ナンと言ったと思います?


「はんばぁっぐっ!はんばぁっぐ!!」



ちがわぃっ!



と訂正しましたが、翌日も彼女は「はんばあぐ!」とゆーてます・・・。



あ、そうそう。お味は濃くて美味しかったですが、
やっぱり私ながらのシンプルな味。
お店はブイヨンの味がプラスされてますからな。

ちなみに旦那は
「味が濃いし、肉時代も頬肉のがうまい」

だそうです。




↓↓応援クリックよろしくです♪↓↓a0048852_23544539.gif

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ



人気blogランキングへ





こちらでぼちぼちレシピup中です♪


オレンジページnet

[PR]
by Laurus-nobilis | 2010-10-25 08:28 | 料理

初鍋

まだまだ鍋が恋しいほどの寒さはないんですが。

a0048852_8412869.jpg



夕べは今季初めての鍋にしました。

・・だって、鍋って簡単だもん(爆)
究極の手抜き料理で、究極においしい。
そして野菜をたっぷり食べれる。


最近は水に昆布浸しておいて、てきとーに味を入れて
(昨日は味醂と味噌)
その上に食材を入れて火にかける方式でやってます。

だから。

本来は食材ごとの火の通り方が違うんだから
それごとに入れて行くほうがいいんでしょうが

やっぱりチビ姫がいるので卓上コンロを避けがちなせいもあります。
大体この鍋一杯に作ったらそれで満腹量、ということもあるけど。

たっぷり野菜を入れたつもりですが
「肉・魚はキミ食べて」
と旦那に言い置いて私がやさいばっかりつまんでいたら
「野菜、今日少ないんじゃない?」と旦那のクレーム。

鍋マジックですねぇ。



↓↓応援クリックよろしくです♪↓↓a0048852_23544539.gif

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ



人気blogランキングへ





こちらでぼちぼちレシピup中です♪


オレンジページnet

[PR]
by Laurus-nobilis | 2010-10-24 08:46 | 料理

焼きイシモチと豆腐あんかけ

「上に乗ってるの、ツバメの巣かふかひれみたいだなぁ」

a0048852_17335098.jpg



と。
この皿を出したら旦那がのたまった。


「んなわけないでしょ。
 そいったのが気軽に買えるくらい稼いできたら?」

正体は、玉葱です(爆)
大抵のご家庭で、気軽に購入できる(もしくは栽培できる)ものですねぇ。


魚醤をつかっただし汁があったので
玉葱と昆布をコツコツ炊いて玉葱が透き通ったら
ブロッコリーを加えてだしを加え、豆腐を加え
水溶き片栗粉で餡にしました。


お豆腐があったので、豆腐あんかけにしたんですけど、
本当は甘酢餡にして ↓ にかけるつもりだった。


a0048852_17335357.jpg



イシモチ。
先だって頂いて、腹抜きしたものに酒振って冷凍にまわしておいたんです。
これを片栗粉をまぶして揚げ焼きにしようと思ったら
でかすぎてフライパンに入りきらない。


「必殺お玉で油をまわしかけ焼き」してましたが
どうやら身も厚いのでなかなか火が通りづらい様子。

24cmフライパンじゃ、無理か。
結局、全体に油をまわしかけ、魚焼きグリルで焼きました。
あそこに入ったってことは、全長が秋刀魚と同じくらいだったということですな。


塩振って湯引きして刻んだレタサイの上にどかっと乗っけました。

迫力。

さっそくつつき始めた旦那に
「写真撮らなくてよかったの?これ釣のおすそ分けのイシモチだよ」

と話すと「え・・まぁいいや」といいつつ
携帯の写真を撮る構えに。
「でも、ちょっと食べちゃったから・・・これかけとこう」


a0048852_17335787.jpg



となんと豆腐あんかけを魚の上に掛けだした。


当初、あんかけにするつもりではあったメニューなんですけどねぇ。
でもねぇ・・・・なんとゆーか・・・せっかく2品に分けたのに
結局1品料理になったのね^^;



a0048852_17335964.jpg



んじゃ、最初から豆腐は冷奴かなんかにしておいて
甘酢あんかけにすれば、よかったなぁ・・・。




↓↓応援クリックよろしくです♪↓↓a0048852_23544539.gif

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ



人気blogランキングへ





こちらでぼちぼちレシピup中です♪


オレンジページnet

[PR]
by Laurus-nobilis | 2010-10-22 17:49 | 料理

帆立の紹興酒蒸し

刺身用としてあったものを、冷凍してました。

a0048852_15281625.jpg



本当は魚を解凍してたのですけど
大ぶりの為、調理時間になってもコチコチ。

では、と帆立を取り出しました。

最初にマッシュルームとモロッコインゲンを
焦げ防止程度の水で蒸しておいて
表面がしっとりしてきたら
半解凍くらいの帆立をごろごろと。

ざっと紹興酒をまわしかけて蒸します。

生でいける帆立ですので
中が半生程度で十分。

そのほうが帆立本来の甘みも味わえます。

味見をしてみると・・・


おやまぁ、びっくり。
帆立の出しだけで、おいしいこと!

塩分追加しなくても大丈夫だわ。これ。

でもせっかくの「ドリップ」なので
水溶き片栗粉でトロミをつけ
蒸して塩をしておいた青梗菜の上にかけました。

トマトも彩りで飾る。

a0048852_15282029.jpg



わはは。

すっかり、中華。


チビ姫、最初帆立を丸ごと頬張ったら
(さっさと口に入れたので止める間がなかった)
噛み切れず飲み込めずだったのですが
崩してマッシュルームや豆と一緒にフォークで指してあげたら
気に入った様子。

・・・好きなんじゃん、、、帆立・・・。

そして相変らずおなかが一杯でも
「お豆だよー」
というと口をあける。


・・・やっぱり豆ラー?




↓↓応援クリックよろしくです♪↓↓a0048852_23544539.gif

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ



人気blogランキングへ





こちらでぼちぼちレシピup中です♪


オレンジページnet

[PR]
by Laurus-nobilis | 2010-10-21 15:36 | 料理

黒豆入りひじき~煮物考~

煮物って、美味しいとは思ってなかった。子供の頃。

a0048852_176375.jpg



自分で料理をするようになって初めて
煮物を食べるようになった気がする。

ひじきに至っては妊娠をきっかけに。
とゆーか時期を同じくしてマクロビ薬膳教室に通っていて。
そこのひじきや煮物が美味しかったので。

ってとこかな。


なので普段の私のひじきの炊いたんは
醤油のみの味付けなんですが。


今回、味醂も使ってみた。


いえね。
近所の中華薬膳料理で、羅漢果で味つけされた小豆ひじきを
チビ姫がよく食べたので。

基本。

私は料理に砂糖を使いません。
マクロビやってるとか、ヴィーガンとかでなく。
料理に砂糖はいらないでしょ?

って、タイプなだけ。
だって、砂糖使ってるスイーツ、美味しいと思うもん。

料理に使われて「ベタぁ」って感じになるのが、嫌なのね。

基本、素材の甘みが引き出せれば、甘味料は必要ないと思うし
使っても。補正や甘みを引き出すために使うくらい。

なので酒・味醂、もしくはほんの少々の甜菜糖くらいしか使わない。

味醂が一番多いかも。
そしてどうすれば、効果的に使えるかな。

と考えながら料理してます。

今回のこれは最初。


水に浸しておいたひじきをザルにあげて置いておき
(20分くらいかな)

鍋にほんの少量の非加熱ごま油を引いて
ひじきを入れます。
火は弱火。
香りがたってくれるまで、そのまま。混ぜちゃダメ。
磯の香りがしてきたら
鍋を返して「ひっくり返す」
混ぜちゃダメ。またそのまま香りがたつまで我慢の子。

そうしたら味醂を加えて
(だいたい乾燥ひじき40gに対して大さじ1-2かな。
 一升瓶から「いーち」と数えながら感覚で入れてます@私)
何度か鍋をあおり、底からバチバチと聞こえてきたら
ヒタヒタの水を加えて中火にかけ
鍋縁が泡立ってきたら、醤油。

このときばかりは醤油はイイモノを使います。
シンプルな素材と調理の場合は
ごまかしのないものを使わないと。

味に、でる。


ちなみに私が使ってるのは、これ。





今のところ、濃い口醤油の中では一番気に入っています。


そしてクツクツと煮込んで
最後の仕上げ30分前くらいに
一回茹でて鞘から取り出した黒豆を入れてます。

a0048852_1763964.jpg



『黒豆』

って、これ。

一見枝豆でしょう?

その通り♪
枝豆としても食べてます(笑)

タイトル見てお越しいただいた方。
きっと『ひじきと黒豆だったら真黒くろすけでわかんないじゃん!?』
と思われた方もいらっしゃるでしょうが。

黒豆もようは大豆の仲間ですので。
(えぇ。枝豆ってのは大豆の若いもんですわ)

はい。このこと知ったのは、嫁ぎ先で舅が教えてくれたからですわ。
(舅とはフツーに会話しますんで@嫁@私)
a0048852_1764218.jpg



なので若いうちにこうやって使えば
色は黒くないんです。
でもやっぱり「黒豆」ですんで、火を入れてしばらくたつと
なんとなく黒ずんできますけどね。


さて。
実食。


チビ姫。これ喜んで食べてました♪
羅漢果でなくてもいいんだー♪よかったー♪
(羅漢果はべらぼうにタカイモンね)


味醂最初に炒りつけるのが、やっぱりいいのかな?


と思って。
翌日は筑前煮を作ってみた。


a0048852_17641100.jpg


筍とコンニャクはないので入れてないです。
鶏腿使用。
皮はめくって、脂をそぎ落とし、出し代わりに一緒に炊いてます。
でもこうしても「あっさりすっきり」の味わいになるんですよね。
胸肉で作ったみたいに。

コレも最初に味醂で炒りつけてます。

材料は人参、ごぼう、蓮根、鶏肉、モロッコインゲン。

料理本とかTVだと、
「最初に材料を切りそろえてから、鍋を火にかける」
なんて書いてありますが。

狭い台所で、んな場所とれるかぃっ!

なんて、大雑把人間の私は
人参を皮剥いて回し切りし、弱火の鍋に放り込んでじっくり火を入れてる間に
ごぼうを洗って、コレもまわし切りし、水につけ(酢は使わない)
その間に蓮根の皮剥いて、人参の様子を見、
全体に「艶」が出てきたら、ごぼうの水を切って放り込み放置。
その間に蓮根切って水つけて。

・・なんて、材料を切りながら鍋に放り込んでます。

そうすると、洗い物もすくないし、場所もとらないのよ

まぁ。これは手馴れてないと出来ないワザではありますが。ね。

注文が入ったら即料理を仕上げなくてはいけない料理店でもなく。
料理初心者でもなければ
『ながら』料理っつーのは、楽なもんです。

a0048852_1764298.jpg


そして最後に鶏肉を入れて炒って味醂。
水をヒタヒタにして、沸騰する前を見極めて塩。
仕上げの15分くらい前に醤油。


最後にモロッコインゲン。


この手の煮物は『澄んだ』お汁を目指してます。
これは結構うまく行ったかな。
でも筑前煮なのに「こっくり」とではなく「すっきりあっさり」と仕上がってしまうのは
肉食旦那に物足りないらしい(爆)


多分、鶏皮の扱いで、どうにかなりそうな気がするんですが。
どうかしら??


ちなみに今回剥がして出しにした鶏皮は
グリルで炙り、焼き鳥ののりで旦那が平らげましたとさ。



↓↓応援クリックよろしくです♪↓↓a0048852_23544539.gif

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ



人気blogランキングへ





こちらでぼちぼちレシピup中です♪


オレンジページnet

[PR]
by Laurus-nobilis | 2010-10-20 17:55 | 料理

レタサイと塩豚の焼き蒸し

珍しい食材があると、素通りできない私であります。


a0048852_8523174.jpg



レタサイ。

どう見ても白菜。
葉先を縛らず、奔放に育ったらコウナルというような
白菜かと思ったら読んで字の通り
レタスと白菜を掛け合わせたものだそうだ。

<レタサイ>

a0048852_8523048.jpg


生でも食べれる・・・白菜自体、生で食べることもありますが@私。

実際、柔らかい葉で
白菜独特のニガミも抑えられてて生で食べやすいかも。
(↑齧った)


a0048852_852284.jpg



塩豚の残りがあったので
コレで重ね蒸しかロールにしようかなー。。。と考えたんですが
最近、旦那歯が痛くて固いものを食べたくない、というので
刻んで蒸し焼きにすることに。

塩豚はモモ肉を使っていました。
脂を剥がして、最初にオイルパンで焼き(油を引く代わりに)
それから刻んだレタサイの根元の白い部分を並べ
刻んだ塩豚、エノキだけを散らして
緑の葉っぱ部分を上にかぶせて酒をふりかけます。
それで蓋をして焼き蒸し。

今流行のタジン鍋でやってもいいでしょうね。

うち?
ないもん。

20分くらい弱火にかけておいて
仕上がったら生姜・小口葱を醤油で20分くらい浸しておいたのを
まわしかけ、出来上がり。


a0048852_8523199.jpg



豚肉と白菜のいいお出汁が出てきてました。
(ようは鍋だな)

このドリップを見た旦那。

「・・・・うどん入れて食べたい・・」

というので

a0048852_8523553.jpg



きしめんの端を入れて、焼きうどんにしてあげた。


ますます、鍋みたいな食べ方でした(笑)




↓↓応援クリックよろしくです♪↓↓a0048852_23544539.gif

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ



人気blogランキングへ





こちらでぼちぼちレシピup中です♪


オレンジページnet

[PR]
by Laurus-nobilis | 2010-10-19 09:04 | 料理

 シンプルに 丁寧に 沁み滋味と豊かに そして何より真っ当に。


by カイエ
プロフィールを見る
画像一覧